失敗したくない人のためのキャッシング"超"入門

カードローンは難解。だったらカードローンの知識を徹底的にわかりやすく! というサイトです。

栃木銀行カードローン「とちぎんスマートネクスト」の審査から融資までのポイント

365 views
約 20 分

栃木銀行 本店

「栃木銀行(通称とちぎん)」は栃木県宇都宮市に本店を置く第二地方銀行です。

県外では、茨城、群馬、埼玉、東京にも支店を展開していますが、力を入れている地域は埼玉のなかでも越谷市だけ。越谷市民以外は利便性低し。

参考までに他県の店舗数もお伝えしておくと、群馬は前橋市と太田市に各1店舗、東京は台東区に1店舗、茨城は古河市に1店舗あるのみ。

スポンサーリンク

栃木銀行カードローン「とちぎんスマートネクスト」お申し込みと審査のポイント

栃木銀行の提供する個人向けキャッシングローンが栃木銀行カードローン「とちぎんスマートネクスト」です。

保証会社はエム・ユー信用保証

最初にお伝えしておくと、銀行カードローンのうち名称の最後に「◯◯スマートネクスト」と尾ひれが付くものに関して、保証会社は高い確率でエム・ユー信用保証(株)となります。

ざっくり調べただけでも結構でてきます。

◯◯スマートネクスト
武蔵野銀行カードローン「むさしのスマートネクスト」、秋田銀行カードローン「あきぎんSMART NEXT」、東邦銀行カードローン「TOHOスマートネクスト」、鹿児島銀行フリーローン「かぎんフリーローン スマートネクスト」、七十七銀行クイックカードローン「77スマートネクスト」、阿波銀行カードローン「あわぎんスマートネクスト」

保証会社が同じということは、金太郎飴のごとく内容が似通っているということでもあります(というかほぼ同じ)。紹介する側としては面白みは皆無。

大手専業「アコム」系列の会社なので、審査は緩く、銀行カードローンなのに、貸し出しにリスクがあるような属性の方でも案外と審査は通過しますよ。これは申し込む方にとってはメリットかもしれません。

ただし「減額承認」となるケースがほとんどですけどね。

栃木銀行カードローン「とちぎんスマートネクスト」の貸付条件等

実質年率 4.0%~14.8%
借入限度額 最大500万円
審査回答 即日~3営業日
融資までの目安 1~2週間
申し込み対象 20歳以上、65歳以下の方
保証人・担保 不要
所得証明書 借入限度額100万円までは不要
借りる 銀行ATM、お振込み、店頭窓口(注1)
返す 口座自動引き落とし、銀行ATM
分割払い 月々5,000円~

(注1)振込融資はローン契約時に限ります。店頭窓口での借入れはローンカードの交付前に限ります。

ここでは栃木銀行に電話で問い合わせてみて分かったお申し込みや審査のポイント、栃木銀行カードローン「とちぎんスマートネクスト」のメリットとデメリットについて解説していますが、その前にとりあえず聞いてください。

地銀カードローンってコモディティ化(注2)の激しい商品なんですよ。

この記事を読んだあとで、興味のある方は栃木県内で比較対象に挙げられることの多い「足利銀行カードローン『Mo・Shi・Ca(モシカ)』」もチェックしてみてください。金利やその他サービスともに、「なんだか似過ぎているな‥」と感じると思いますよ。

カードローンビジネスを達観してみてみれば、おカネという差別化できないものを(預金者から)集めて、それを誰かに貸し出し、きちんと返してもらうというだけのものなのです。だからどうしても特定の銀行から借りたいとまでは思わない。

正直どこからお勧めしようか、悩んでいます。

あなたが栃木県民、または埼玉県越谷市民なら、この先もお読みください。検討の余地はあります。その他の地域の方は、最後まで読むメリットはないかもしれません。

(注2)コモディティ化とは、品質、機能、といった競争における差別化特性が無くなり、顧客からすると製品に違いを見出すことのできない、どの製品を買っても同じという状態のこと。

カードローン利用には栃木銀行の総合口座が必須

栃木銀行カードローン「とちぎんスマートネクスト」を利用できるのは、栃木銀行の総合口座をお持ちの方だけです。

栃木銀行のカードローンをご検討中で口座をお持ちでない方は、まずは栃木銀行の総合口座を開設しましょう。

ちなみに口座開設にあたり郵送契約は不可。

はい、これですよ。

いいカードローンだんべ? (棒読み)

ローンカードそのものは来店不要で申込み手続きができるのですが、栃木銀行の口座をお持ちでない方は、別途店頭窓口での口座開設手続きが必要となります。この点はくれぐれもご注意ください。

納得がいかない私は、電話窓口で食い下がってみました。

やっぱり、カードローンの申し込み時に栃木銀行の口座は必須ですか?
さようでございますね。一応、お申し込みの時点で「取引希望支店」というのをお伺いさせていただきますので、口座開設については結果が出てからでも大丈夫です。

カードローンの利用には栃木銀行の口座開設が必要だけども、順番は前後しても良いということでした。

口座がある、ということは当然ですが口座引落しができるということです。

地方銀行カードローンのなかには口座開設不要でお取引できるカードローンがありますが、返済方法がATM限定だったりしますよね。その点では嬉しいかもしれない。

基本的には栃木県民向けのカードローンですね

とちぎんスマートネクストの申し込み条件は「栃木銀行の営業区域内に居住地か勤務先がある方」です。

栃木銀行は栃木県全域を営業区域としていますので、栃木県内にお住まいの方は問題なくお申し込みいただけます。

気になったのは、栃木銀行の支店がある茨城・群馬・埼玉・東京の人は申し込めるのかということです。対象となる営業区域については公式ホームページのどこにも記載が見当たりません。

この点についても電話窓口で聞いてみました。

お申し込みできるのはどこの地域の人ですか?
栃木県にお住まい、お勤めの方はお申し込みいただけます。県外ですと、こちら支店が埼玉県さいたま市にあるんですけれども、東京都ですと台東区に支店がございますね。

ご自宅もしくはお勤め先の「圏内」に支店があるという形でございますので、もし東京都とかにお勤めもしくはお住まいとなりますと、東京支店に(返済用の預金口座を)お作りいただくという形になりますね。

たとえば「茨城県つくば市」の人でも申し込みはできますか?
茨城県ですと古河市に古河支店がございますね。遠いですよね。(預金口座)開設にも店頭に行っていただくことになりますので‥。

茨城県つくば市から栃木銀行支店のある古河市までは、つくばエクスプレスと東武スカイツリーラインを乗り継いでも2時間以上の移動時間がかかります。

もともと栃木銀行に銀行口座を持っている場合は別として、つくば市の人がカードローンのために新たに口座開設を行うのは(不可能ではないが)現実的ではないとのお話でした。

栃木銀行カードローン「とちぎんスマートネクスト」をご検討されている方の多くは栃木県にお住まいの方だと思います。もし県外の方で”とちぎんスマートネクストを利用する”という場合には、事前に電話で確認を取っておいた方が良いかと思われます。

繰り返しで大変恐縮ですがカードローンのご利用にあたり、原則として栃木銀行の口座(口座開設)が必須となります。したがって本ローンは栃木銀行を普段からお使いの方にもっとも適しているローンサービスといえるでしょう。

専業主婦、アルバイト、自営業の方でもご利用可。ただし年金受給者の申し込みは不可

カードローンによっては「主婦やアルバイトの方でも利用可」と宣伝しているところも多いです。とちぎんスマートネクストの公式サイトにはとくにそのような表記はなく、本当に借りられるのかどうかご不安な方も多いと思います。

申し込み対象となる方の範囲についても、栃木銀行に詳しい話をお聞きしました。

専業主婦やフリーターの方でもお申し込みはできますか?
お年が20歳から65歳までの方で「お仕事をなさっている方」となりますけれども、(収入のない)専業主婦の方でもお申し込みが可能でございます。ただ、ご主人様、世帯の収入がある方という形になります。

アルバイト・パートの方、自営業・自由業の方の場合でも、収入があればお申し込みいただけます。ただ、年金収入のみの方(年金受給者)となりますと、お申し込みはお断りさせていただいております。

「専業主婦可」との記載はないものの、実際には専業主婦の方もお申し込み可能です。審査の際には配偶者の方の勤務先や年収がチェックされます。

自営業者の方のお申し込みは可能ですが、事業資金としては使えません。

とちぎんスマートネクストの審査について

審査の結果はどのくらいで分かりますか?
お申し込みされたお時間帯によっても異なってくるんですけれども、もし午前中や早い時間帯にお申し込み頂いた場合は原則「当日中」には(審査結果を)ご案内させていただいております。

ただ審査が混み合っていますと、(審査結果のご案内に)2~3営業日いただいている場合もございます。ですので審査結果については最大2~3営業日見ていただければと思います。

栃木銀行カードローン「とちぎんスマートネクスト」はスピード審査を売りとしており、審査結果は早ければ当日中に分かります。

ただし私が電話をかけたとき(午後2時頃)はかなり審査が混み合っている時間だったらしく、審査回答に3営業日は見ておいてくださいと言われました。

「とちぎんスマートネクスト受付センター」での電話申込みは365日24時間受け付けていますので、当日中の審査をご希望される場合には朝早いうちに電話をかけた方が良いでしょう。

審査回答から融資までの目安はどれくらいをみておけばよいでしょうか?
審査結果が出てからなんですけれども、実際にはですね、基本「返送契約」ということでございましたので、それほどお時間はかからないだろうということでございます。そうですね、1週間もかからないのではないかと‥。

栃木銀行では早ければ1週間以内でのご融資も可能とのことです。ローンカード到着前であっても「(専用伝票による)店頭でのお借り入れ」や「(今回開設した)口座への振込融資」の対応をしてもらえます。

審査結果の連絡後に、契約書類が郵送されてきます。この契約書類を返送する際にFAXを使うと時間短縮ができますので、お急ぎの方はこちらをご利用ください。さすがに即日キャッシングには対応していないとのことでした。

栃木銀行カードローン「とちぎんスマートネクスト」のご利用までの流れ

申し込み方法は、

  1. インターネット
  2. 電話
  3. FAX
  4. 郵送
  5. 店頭窓口

以上5通りあります。

このうち、インターネット申込みと電話窓口での申込みは365日24時間受付けとなっています。お急ぎの方はこのどちらかでお申し込みするのがお勧めです。

インターネット申込み
「インターネット仮審査申込」「簡易審査申込」の2つがあります。「インターネット仮審査申込」の方はインターネット上で仮審査お申し込み手続きが完了する反面、勤務先情報や年収情報など入力項目が多いです。

対して「簡易審査申込」では、住所・氏名・生年月日など基本事項のみの入力で良く、詳しい事項については後ほど電話で聞かれます。電話連絡先は携帯電話番号のみの入力でも大丈夫です。

電話申込み
電話申し込みの場合は、はじめに「とちぎんスマートネクスト受付センター」の自動音声案内に繋がります。このときに「お申し込みの方」「ご利用中の方」「審査状況お問い合わせの方」の3つの窓口のなかから番号で選ぶよう指示が入りますので、お申し込みの場合は「1」の数字ボタンを押しましょう。スマートフォン、携帯電話からでも問題なくかかります。

電話対応はとても丁寧です。私がかけたときは若い女性の方が電話口に出て(かなり忙しそうな様子で)早口の応答ではありましたが、こちらの質問にも親切に答えていただきました。

契約の流れについても聞いてみました。

契約の流れについて教えてください
もし審査が通った場合は栃木銀行からフリーダイヤルでお電話させていただくのですけれども、それから契約書類のやり取りがございまして、実際にカードローンをお申し込みされた場合には「カードローン専用カード」をご自宅にお届けさせていただく流れになります。

話をまとめると契約は、

審査結果を電話で通知 > 契約書類の受取と返送 > ローンカード発送へ

という流れになります。

契約はすべて郵送契約ですか?
郵送でお送りさせていただきまして、お客様からのご返送については郵送のほかFAXでも承っております。

急ぎの方は契約書類をFAXで返送しましょう。郵送で送るよりもFAXのほうが早く手続きが完了できるようです。

あとこれはちょっと面倒なのであまりお勧めしませんが、栃木銀行の窓口に直接足を運べるようであれば、店頭窓口で契約書の自署・捺印までやってしまうのがもっとも早いです。

振込融資や店頭借入れの対応もしてもらえます。ローンカードの到着を待たずに融資を受けたい方は、電話口で急ぎである旨を担当者に伝えましょう。

所得証明書は100万円まで不要

所得証明書は100万円まで不要です。

お借入れ希望額が100万円超の方は、所得証明書類(給与明細書、源泉徴収票、公的所得証明書等)の提出が必要になります。

源泉徴収票
源泉徴収票は、サラリーマンの方だと12月の給与明細と一緒にもらえることが多いです。紛失した場合は会社の経理に問い合わせ再発行してもらいます。
住民税課税決定通知書
住民税課税決定通知書(特別徴収税額の通知書)は、毎年6月に勤務先を経由して交付されるのが一般的です。この書類は、該当年度の課税額等を納税者にお知らせする区からの通知であり、再発行はされません。紛失した方は課税証明書を最寄りの役所で手に入れて代用しましょう。
住民税課税証明書
課税証明書は、原則として1月1日現在で住民登録している市区町村の役所または出張所等で申請により有料で手に入れることができます。市区町村によっては名称が異なる場合がありますが、中身は同じものです。ローンの申込みに使える課税証明書には収入金額が記載されている必要があります。
所得証明書の提出が面倒なら、お借り入れ希望額を減らして申し込むか、あるいは別の銀行カードローンを検討するといったことが考えられます。

関連記事

ローンカードの利用方法は?

ローンカードは栃木銀行ATM及び提携ATMで使えます。郵送でローンカードが届けばすぐに、ATMでのお借入が可能となります。

キャッシングの際の利用手数料は栃木銀行ATMなら平日営業時間(8:45~18:00)は無料となります。それ以外の時間帯ですと108円の手数料がかかります。

栃木銀行と提携しているセブン銀行・イオン銀行・ゆうちょ銀行、ローソンATMでもローンカードが使えます。この場合も時間帯によって108円~216円のATM手数料がかかります。

返済方法は?

返済は、カードローンの申込み時にセットで開設した栃木銀行の口座から毎月6日に前月末の借入残高に応じた所定の金額が自動で引かれます。
[pc]

お借り入れ残高ごとの返済額早見表

お借り入れ残高 返済額
30万円以下 5,000円
30万超50万以下 10,000円
50万超100万以下 20,000円
100万超200万以下 30,000円
お借り入れ残高 返済額
200万超300万以下 40,000万円
300万超400万以下 50,000万円
400万円超 60,000万円

[/pc][mobile]

お借り入れ残高ごとの返済額早見表

お借り入れ残高 返済額
30万円以下 5,000円
30万超50万以下 10,000円
50万超100万以下 20,000円
100万超200万以下 30,000円
200万超300万以下 40,000万円
300万超400万以下 50,000万円
400万円超 60,000万円

[/mobile]
たとえば借入残高が30万円以内の場合は(返済日の6日までに)5,000円以上の金額を口座に入金しておく必要があります。

任意返済も可能。ただし‥

口座引き落とし以外では、銀行ATMや窓口での「任意返済(前倒しの返済)」も可能です。

ただし任意返済を行った場合でも、毎月6日には栃木銀行の返済用預金口座から貸出残高に応じた金額が自動引き落としが行われます。

わかりやすく言うとこれは、

「返済日が月に2回もきてしまう」

ということです。まあ余裕があれば毎日返済でもいいわけですけど。

栃木銀行カードローン「とちぎんスマートネクスト」のメリット・デメリット

栃木銀行カードローン「とちぎんスマートネクスト」のメリットをまとめると、

  • 銀行ならではの低金利
  • 最短即日で審査結果を通知
  • パート・アルバイト・専業主婦の方のお申し込みOK
  • 電話でのお申込みは365日24時間受付

正直言うと、金利以外にお勧めできるところはないものと思われます。その他のメリットについても見ておきましょう。

口座からの自動引き落としで返済ができる

人によっては、返済が口座からの自動引き落としである、というのも利点として挙げられます。

カードローンによっては自動引き落としに対応しておらず(特に口座開設不要でお取引が可能なカードローンに多いです)、返済日までにATMから入金しなければならないものが多くあります。

ATM返済ですと「返済日をうっかり忘れて遅延損害金が発生してしまった」といった失敗も生じやすいです。その点、自動引き落とし返済のあるカードローンはそういった「返済をし忘れる」といった心配はありません。

返済の都度、コンビニに行くのが億劫に感じる人にもお勧めです。

自動融資サービスがある

電気ガス水道などの公共料金やクレジットカードの引き落としに栃木銀行の口座を設定している場合、引き落とし日に口座残高が足りないと自動融資機能が働きます。

たとえば「クレジットカードの引き落とし日なのに預金残高が足りない」といった緊急時に、その不足額を自動的に融資してくれますので、理解して使うぶんには便利なサービスですね。

この機能は「デフォルト(初期設定)」なので、とくにこちらで設定する手間はありません。ただしこれ、意図しない借り入れにつながる可能性があるので十分注意が必要です。

“押し貸し”をソフトに言い換えたものが自動融資機能

「押し貸し」をソフトに言い換えたら自動融資機能になります。

そもそもこういったサービスはオプトイン方式(使いたい人だけが、納得のうえ選択する方式)にしておくべきだと思うんです。カードローンの標準機能として”もとから設定”されているあたりが、顧客の”ついうっかり”を狙っているようでセコい。

カードローン「とちぎんスマートネクスト」をご利用になる方は、せっかく完済したのに、その後、自動融資で意図しない借り入れが発生していた‥ということにならないようにしましょうね。

自動融資機能を使いたくない方は忘れずに機能を停止しておきましょう。自動融資機能は依頼することで初めて停止することができます。

デメリット

カードローン「とちぎんスマートネクスト」には下記のようなデメリットもあります。他社サービスと比較をされる場合には次の点を押さえておくと良いでしょう。

申込み対象の地域が限られている

お申し込みできるのは、栃木銀行の営業区域に限られます。栃木県であれば全域が対象ですが、他県ですと地域によってはお申し込みできない場合もあります。

埼玉県でしたらさいたま市、越谷市、幸手市、草加市、春日部市、吉川市、久喜市、北葛飾郡、三郷市にお住まいかお勤め先のある方。

他に、茨城県古河市、群馬県前橋市、太田市、東京都台東区の方も営業区域となりますので、お申し込みいただけます。それ以外の市区でもお申し込みできるケースはあるものの、基本的には電話での事前確認が必要となります。

ご利用には栃木銀行の口座が必要

カードローンのご利用には栃木銀行の口座が必要です。申し込み時に栃木銀行の口座をお持ちでない場合には、本支店の窓口に足を運んで口座開設をしなければいけません。

いざというときに近くに窓口がないのであれば、店舗を持たないネット銀行や大手都市銀行のインターネット支店で十分なわけです。栃木銀行から遠い地域の方がお申し込みする利点は少ないかと思われます。

栃木銀行カードローン「とちぎんスマートネクスト」のまとめ

栃木銀行カードローン「とちぎんスマートネクスト」は、栃木銀行をメインバンクにする予定がある方、すでにメインバンクとしてお使いの方には検討の余地はあります。

ただ、個人的にはあんまりお勧めしていません。

なぜなら、

  • 口座開設が必須なうえに、契約のため来店する必要がある
  • 融資までに1週間もかかる
  • 金利は競合他社と横並び
  • ATM・店舗数といった利便性の面で弱い
  • おせっかいな自動融資機能付き

しいて言うなら、栃木銀行カードローン「とちぎんスマートネクスト」は、すでに栃木銀行に口座をお持ちの方、もしくは栃木銀行をメインバンクにしたい方だけにお勧めできるカードローンといえます。

栃木銀行は店頭窓口でかなり無愛想なところがあるそう。地元民だとまったく気にならない程度なのかもしれません。電話窓口の対応は丁寧ですが、これはテレマーケティングの会社に窓口応対業務を委託しているからこそで、そのあたりを理解し、割り引いて考えましょう。

栃木銀行か足利銀行か

栃木の地銀といえば栃木銀行と足利銀行が有名です。

いちおう銀行のランクとしては、栃木銀行は第二地方銀行ですから、支店もATMも、元々が有力地方銀行だった足利銀行に比べると格段に少ない。したがって便利さで選べば足利銀行でしょうね。ちなみに店舗数でいうと1.5倍、預金額・貸出金の規模では2倍以上の差がつけられています(注3)

(注3)中小・地域金融機関の主な経営指標|金融庁のデータより引用

スポンサーリンク

\ 今月売れてる! 注目のカードローン /

NEW!
インターネットで24時間受付! 50万円までのご融資なら来店不要です。更にスピーディーにご利用可能額がわかるから初めてでも安心です。実質年率4.5~17.8%! WEBなら最短1時間融資も可能! *平日14時までに契約完了の方
はじめての方に! アコムは30日間金利0円キャンペーン実施中♪ ≪実質年率3.0%~18.0%≫ ご融資額1万円~800万円! 来店不要でネットでお申し込みOK! WEBなら最短即日融資も可能です。