失敗したくない人のためのキャッシング"超"入門

カードローンは難解。だったらカードローンの知識を徹底的にわかりやすく! というサイトです。

リボ払いのクレジットカードと上手に付き合う2つのコツ

371 views
約 6 分
カード大国アメリカでは、カードショッピングに分割払いはなくリボ払い一択です。日本でもリボ払いのクレジットカードが主流になりつつあります。なぜリボ払いのカードが主流になってきているかというと、リボ払いカードは他の金融商品と比較して儲かるからです。
カード会社はカードをショッピングの限度枠いっぱいまで顧客に使ってもらい、金利を継続して受け取ることで最大限潤いますが、全額返済されたとたんに金利収入は途絶えますので本音を言えば、早めの返済お断り! そんなリボ払いカードと上手に付き合うコツをお話します。

クレジットカードの分割払いは月々の支払い額が決められていて、支払いを遅延すると督促状が届きます。場合によってはカード会社から電話がきたりします。借金を重ねると当然、毎月の支払額も増えていきます。これはカード利用者にとってはかなりの心理的な圧力です。

対してリボ払いのクレジットカードは、3,000円程度からの最低支払額を毎月カード会社に返済(注1)していれば、いくら借金があったとしても督促状が届くこともないし、電話もかかってきません。
リボ払いは借金の心理的な障壁を下げる効果があるのです。

(注1)月の最低額の支払いで済ませることをミニマム・ペイメントといいます。ミニマム・ペイメントの金額は月末の利用残高に応じて決まるテーブル制となっています。

ではリボ払いのクレジットカードは避けるべきでしょうか?

スポンサーリンク

リボ払いのクレジットカードは避けるべき?

ここでお断りしておくと、高還元率クレジットカードの大半はいわゆるリボ払いカードです。したがって高還元率でお得なクレジットカードを選ぼうと思ったら、リボ払いのクレジットカードを避けては通れません。

なぜこうもリボ払いカードに高還元率のカードが多いのかというと、リボ払いカードはクレジットカード会社が儲かるからです。

「リボ払いカードはなんとなく避けたい」と考えている人が、「選ぶならやっぱり”一番お得な高還元率カード”がいい」というのではお得なカード探しは困難になるでしょう。

カード会社だって営利企業なので、儲からないことにはわたしたちに利益を還元することはできません。その収益は一部のリボ払いを選択する人によって支えられているのですから、ここはそういう一部の方に感謝しつつ”メリットだけ受けとる”というのが賢い選択です。

そもそも分割払いとリボ払いは、金利が同じならばあとは支払い方法の違いでしかないのに、なぜここまでリボ払いだけが悪のように言われるのか不思議です。リボ払いカードでもマンスリークリア(翌月一括払い)で使うぶんには何の問題もないのに。

人は、物事の否定的な側面にばかりフォーカスしてしまいがちですが、どうせならその他にある良い面、いいところも見て経済合理的に判断したほうがよいのではないかと思います。

経済合理的にお得なクレジットカードを選択するうえで、リボ払いカードの検討は欠かせません。

リボ払いカードと上手に付き合う方法

多くの人は誤解しています。リボ払いが悪いのではありません。カードの特性を理解せずに使うことが悪いのです。

リボ払いは月の返済負担がラクになり過ぎるので、いま自分がどれだけカードを使っているのかというところまで意識が向かなくなるというデメリットがあります。それさえ理解しておけば、リボ払いカードとうまく付き合うことは難しくはありません。

具体的には、リボ払いカードとうまく付き合うには最低限以下の2つのルールを守るだけです。

  1. 「翌月一括払い」で余計な利息を払わない
  2. 電子明細ではなく、紙の明細を送ってもらう

翌月一括払いで利息の発生は0円に

リボ払いカードで「リボ払い」を選択すると、支払いは後回しにできます。結果として、返済までの期日は自動的に伸びますよね。支払いまでの期日が伸びるということは、金利手数料を多く支払うこととイコールです。

一部のカードを除き、リボ払いカードでも「翌月一括払い」が選択できます。翌月に一括で支払えば金利は0円なのだから、余計な金利手数料を支払いたくない人はそもそもの問題の原因となるリボ払いを選択しなければよいのです。

紙の明細で見える化しておけば安心

リボ払いカードはいつでも好きなときに自分でその月に返済する金額を決められる”家計の安定化”にはとても便利なカードです。その反面、カードの使用額がいつのまにか曖昧になり、気づくと思いのほか使用額が増えていたということにもつながります。

そこで役立つのが紙の明細です。電子明細ではなく、あえて紙の明細を送ってもらう理由は、自分のいまの(借金の)状況を毎月忘れずに把握しておくためです。

電子明細って確認のために会員ページにログインしなきゃいけない。でもこれって面倒です。人は、面倒なことはやらなくなるものです。

紙の明細ならポストに投函されるので嫌でも目につきますし、捨てるにしてもその時に必ず手にします。あなたは届いた明細を捨てる前に一度開封して中身をチラッと確認するだけでよいのです。

毎月の明細を忘れずに確認しておくだけで「(借金が)こんなに増えていたなんて知らなかった……」なんてことはなくなります。

リボ払いカードとうまく付き合うには、カードの支払いは翌月一括払いをこころがけること。もし仮にリボ払いで支払いを後回しにするなら、いま自分がどれだけカードを使用しているか、使用額を正確に把握しておく。そのための確認方法は電子明細よりも紙の明細のほうが優れています。

カードの特性を理解し、上手な使い方をこころがけましょう。リボ払いカードには高還元率カードが多いので思い込みで避けていると選択肢を狭めてしまいます。

スポンサーリンク

\ 今月売れてる! 注目のカードローン /

NEW!
インターネットで24時間受付! 50万円までのご融資なら来店不要です。更にスピーディーにご利用可能額がわかるから初めてでも安心です。実質年率4.5~17.8%! WEBなら最短1時間融資も可能! *平日14時までに契約完了の方
はじめての方に! アコムは30日間無利息サービス実施中♪ ≪実質年率3.0%~18.0%≫ ご融資額1万円~800万円! 来店不要でネットでお申し込みOK! WEBなら最短即日融資も可能です。