失敗したくない人のためのキャッシング"超"入門

カードローンは難解。だったらカードローンの知識を徹底的にわかりやすく! というサイトです。

銀行か消費者金融。お金を借りるならどちらがいい?

369 views
約 14 分

個人でキャッシングができる金融業者は大きく分けて銀行、消費者金融、クレジットカード会社の3つ(ここでは企業向けの商工ローンやリース会社は除く)ですが、ぶっちゃけ銀行とそれ以外(いわゆるノンバンク)という認識でもOKです。

さてキャッシングするならどこがいいか、とよく聞かれるんですが、単純な良し悪しの判断でいくと金利の安いところがいいに決まってます。

この理屈でいくと銀行以外に選択肢はなくなります。でも、相手も断る権利を持っているから話はややこしい。

スポンサーリンク

大手銀行、地銀・ネット銀行

銀行の金利が安い理由は、商売の元手となる”お金”を預金者から預金という名目で集めることができるからです。

銀行の貸出金利より低利で貸出を行うノンバンクは経営上ありえないので、金利の安さをキャッシングの優先順位のいちばんにするなら迷わず銀行カードローンに申込みましょう。

「消費者金融を利用するのはちょっと抵抗がある。でも今すぐお金を借りたい」という方にも銀行カードローンはお勧めです。

銀行のキャッシングについて最低限の説明をしておくと、銀行は貸金業者ではないので貸金業法ではなく銀行法が適用されます。何が言いたいかというと、貸金業法の規定のひとつである総量規制(注1)の対象外で、つまり年収の1/3以上借りられる可能性があるということです。

年収による借入額の制限がないので、銀行カードローンのなかには収入のまったくない専業主婦の方でも申し込めるカードローンさえあります。

(注1)総量規制とは「改正貸金業法(2010年6月18日に完全施行された、消費者金融などの貸金業者の業務等について定めた法律)」の条文で定められた多重債務を防ぐための規定のひとつです。この規定により、個人が貸金業者から借金できる総額が年収の1/3までに制限されるようになりました。

低利でお得な銀行カードローンをお探しのあなたへ

aeonbank「イオン銀行カードローンBIG」は流通大手のイオングループが提供する銀行カードローンです。

本業のスケールメリットを生かしたショッピングとの連携で顧客の囲い込みを行うことも視野に入れているのでしょう。このカードは業界最高水準の低金利を実現しています。ついでながらいうと流通系(注2)のカードって比較的審査が通りやすい傾向ですよ。

イオン銀行カードローンBIGは金利が安く、銀行ローンにありがちな審査の渋さもない、大変利用しやすい内容なのでお勧めです。

(注2)流通系とは、スーパー、百貨店、専門店などの流通業者のこと。

極論ですが、いちばんお得なのは利息を一切支払わないことです

もっとも低利なのは一定期間無利息のキャッシングです。ともかく一定の期間なら金利は0%なので、当然、支払う利息も0円となります。

極論ですが、キャッシングでいちばんお得なのは利息を支払わないことです。金額的なメリットで考えれば無利息のあるキャッシングを利用するのが最も賢い選択ではないでしょうか。

銀行カードローンでは、新生銀行のカードローン「レイク」が”選べる2つの無利息サービス”を提供しています。具体的にはレイクとお取引が初めての方にかぎり、「30日間お借入れ額全額利息が0円」あるいは、「お借入額のうち5万円まで180日間利息が0円」になります。

こういった無利息期間を上手に使えば、利息を一切支払うことなく完済することも可能になります。

関連記事

クレジットカード

クレジットカードは大きく分けて信販系(オリコ、ジャックス等)、流通系(マルイ、イオン等)、銀行系(MUFG、ニコス、DC、セディナ等)と3つあります。

審査の難易度が低いものから順にならべていくと、

流通系信販系>>銀行系

となるのが普通です。クレジットカードを複数申し込んだことがある方はこの審査の難易度を肌感覚として経験しているかもしれませんね。

クレジットカードのキャッシング枠を使う

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2つの枠があります。クレジットカードは通常、買い物の支払いに使いますがこの場合に使用するのはショッピング枠です。

Fotolia_68745253_S

ではクレジットカードのキャッシング枠を使うにはどうしたらよいかというと、キャッシング枠が設定されているカードを持ってCD(キャッシュディスペンサー)もしくは提携ATMに行き、カードを挿入して4桁の暗証番号を入力するだけです。カンタンにお金が下ろせます。

新たにカードローンに申し込むよりも、すでにお持ちのクレジットカードでキャッシングするほうが申込みの手間はかかりません。キャッシング枠が設定されているクレジットカードをお持ちの方にはこの方法をお勧めしています。

キャッシング枠の追加には審査が必要です

当然ですがクレジットカードでキャッシングするには、キャッシング枠が設定されたクレジットカードであることが大前提です。キャッシング枠が設定されていないカードではキャッシングはできないので注意しましょう。

まずはお手持ちのクレジットカードの契約情報を確認してみることです。

通常、キャッシング枠はカードの申込み時に追加することで設定されますが、あとから付け足すことも可能です。ただし追加の審査は必要ですし、最初から枠(キャッシングの利用限度額)が大きく設定されることはまれです。適用金利も消費者金融のカードローンと横並びの18.0%であることがほとんどで実際の違いはほとんどありません。

ショッピング枠とキャッシング枠は二つでひとつ

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠は別々に設定されているわけではありません。通常はショッピング枠があって、うちキャッシング枠がオプションで設定されているだけなので、一方を使うともう一方の枠にも影響がでます。

試しにショッピング枠を限度額近く借りている状態のときに、キャッシング枠を確認してみてください。キャッシング枠は使えない状態(利用可能額が0円)になっていると思います。

電気・ガス・水道などの光熱費やインターネットの回線使用料などをクレジットカード引き落としにしている方は、決済日に残高が足りなくなることのないよう注意しましょう。また、普段からカードをお買い物の決済に使っている方はキャッシング枠でキャッシングしようとしても枠の残りが少なく、十分な額を借りられない可能性もあるのでこちらも注意が必要です。

これらの問題をクリアできれば、クレジットカードのキャッシングは申込みの手間を省けるという点では魅力的な選択肢といえます。

大手消費者金融

大手消費者金融といえばプロミス、アコム、モビット、アイフルでしょうか。

いずれも正規の金融業者ですから貸金業法の総量規制(他社も含めた借入総額が年収の1/3までに制限される)対象です。たとえば年収300万の方なら借り入れ可能な額は100万円までです。

現在安定した収入のある方で短期間の都合に合わせたお借入れと返済をご予定の方は大手消費者金融をお選びいただくと安心です。

大手ブランドの消費者金融は以下に当てはまる方に特におすすめしています。

  • 申込みが煩わしく感じる
  • 審査で待たされたくない
  • 融資まではできるだけ早いほうがいい
  • 借りたあとは都合に合わせた返済がしたい

大手消費者金融のキャッシングは、都合に合わせた返済と短期間のご利用がもっともおトクです。PC・スマホなどのネットから便利に申し込めるのも特徴です。パート、アルバイト、派遣社員、契約社員、主婦(収入のあることが条件)の方でも問題なくお申し込みいただけます。

キャッシングは必要なときに必要な額の融資を出せること、これが最も大切。断るときはなるべく早くはっきり断り、あなたが次の手を打てるようにするところが良心的と言えます。

審査回答に時間がかかるところはあまりよい借り入れ先とは言えません。

大手消費者金融でキャッシングするなら

消費者金融のキャッシングは大手・中小問わずどこも金利は横並びです。金利にほとんど差がない以上、消費者金融カードローンを金利で比較するのは間違いです。

基本的にキャッシングの金利を安くしたいなら、自分の信用度を上げてワンランク上の業者(銀行)を狙うか、借入額を大きくして(注3)適用金利を下げるか、あるいはその両方をバランスよく行うのが正攻法なんです。

でも信用度を上げることは一朝一夕にはいきませんし、かといって必要もないのに借入額を増やすというのも現実的ではありませんよね。

ではどうするか?

今すぐ金利を安くすることはできませんが、短期間の利用に留めることで支払い利息減らすことはできます。あなたにできることは、消費者金融は短期の利用と割り切ることです。

(注3)通常、キャッシングの適用金利は借入額に応じたテーブル制になっており、お借入れ額が大きくなればなるほど低い金利が適用されます。

一般に適用金利は、「申込者の信用度」「担保の有無」「借入期間」「借入額」「資金使途」によって変化します。

具体的には貸出金利は、

  1. 相手の信用度が低いほど‥高く、
  2. 担保が脆弱なほど‥高く、
  3. お借入れの期間が長いほど‥高く、
  4. 借入額が小さいほど‥高く、
  5. 不要不急の資金ほど‥高くなります。

キャッシングは無担保・保証人なしが基本。最終返済期限も最長で7年前後と長く設定されていることが多いです。借りたお金の使い途(みち)は原則問われません。競馬やパチンコで遊ぼうが、ブランド物のバックを買おうが、株やFXの追証を回避するために使おうが本人の勝手です。

金利の低いところから借りようと思えば、高い信用と、(場合によっては)頼れる担保が必要です。また、お借入れ期間も短く、借入額は大きく、(ローンの)目的をはっきりさせる必要があります。これはなかなかハードルが高いです。

それが消費者金融なら、信用が弱くても、担保がなくても、借入期間は長くお借入れが少額で不要不急の資金でも、必要なのは本人確認書類(免許証等)のみでその日にその場で借りられるのです。

もし仮に金利の安さがキャッシングにおいて絶対条件なら、既存の消費者金融は個人向けローン市場で生き残ってはいないはずです。

大手消費者金融のうち、どこで借りるべきか

即日キャッシングをご検討なら、申込みに手間がなく審査から融資までのスピードに強みがある「プロミス」をおすすめします。

金利が弱い部分ですが、融資決済の早さが金利に勝ることは往々にしてあるということだけは伝えておきたいと思います。

審査が不安なら、審査通過率の高いカードローンを選びましょう。業界でも高水準の審査通過率を誇るのは「アコム」です。

申込みに来た人すべてに融資することは経営上不可能ですので当然、申込者の何割かは審査に落ちてしまいます。いったいどれくらいの割合で審査落ちをしているのかというと、消費者金融にローンを申込んだ方のじつに半数以上は審査に落ちているのです。

銀行カードローンは数値を公表していませんが、これより悪い数値なのは容易に想像できますね。

申込者本人の信用度合いにもよるので一概には言えませんが、もしあなたが審査に不利な属性(他社お借入れあり、パート・アルバイト・派遣や契約社員で勤続年数が少ない等)ならアコムを検討してみてください。

カードの使い勝手を重視する方は「モビット」をチェックしましょう。

カードローンキャッシングをご利用の方でお借入れの際に振込キャッシング(注4)を利用される方は大変少ないです。たとえばアイフルの提供する統計データによると、顧客のうち94.8%が提携CD(キャッシュディスペンサー)やコンビニなどの提携ATMを利用するというデータがあります。となるとATMや提携CDは多いほうが断然使い勝手はよいはずです。

モビットには全国130,000台以上(2017年6月現在)の提携ATM・CDがあります。ここと契約しておけば、出張先や旅先の見知らぬ街でいざお金を下ろしたいと思ったときにATM探しに時間をとられることもなくなります。

(注4)振込キャッシングは申し込みの曜日、時間帯により翌日以降の取扱いとなる場合があります。

銀行で借りる

さて、ここまでで紹介した業者にお申し込みになる際に必要になるのは、基本免許証のみです。収入証明書についてはお借入れ希望額が50万を超えなければ原則提出の必要はありません(注5)

(注5)「モビット」のご契約には収入証明書(直近2ヶ月分の給与明細コピー等)が基本必要となります。

職場への在籍確認は原則必要です。しかしながら、必ずしも電話連絡でなければいけないというわけでもありません。意外ですか? 在籍確認を避ける方法はありませんが、職場への電話連絡を回避する方法はあるんです。

たとえばプロミスは、審査通過後、登録した連絡先に一度だけ本人確認のための電話がきますので、その際にオペレーターに職場へ電話連絡されては困ると伝えてください。

具体的に聞いてみたところ、以下のような回答をいただきました。

職場への在籍確認は必ず必要ですか?
原則、必要となっておりますが、電話での在籍確認に対して特にご要望がある場合は申込完了後すぐにご相談くださればと思います。

関連記事

中小消費者金融

中小消費者金融、これはいわゆるサラ金・街金のことですが、基本的に大手消費者金融で審査に落ちるような属性のきわめて不利な方が検討する借入先です。

「独自の審査基準」が売りで、たとえば現在定職についていない方(無職)、過払い返還請求者、過去延滞してブラックな方でも借入れが可能な消費者金融となっています。全国に多く存在し、道すがら看板を見かけた方も多くいらっしゃると思います。その質は玉石混交で利用する方も少ないため、なかなか実態が掴みづらいです。

なかには初回契約時に強制執行認諾付公正証書を組ませる業者も存在するようですのでご注意ください。当然ですが印鑑証明、手形、自宅の賃貸契約書などを融資の条件にしてきたら、きっぱりと断るべきです。

中小消費者金融を利用するなら新規登録業者は避けましょう

貸金業の登録期間は3年間で、東京都の場合は「都(1)」の符号のあとに5桁の登録番号がつきます。3年が過ぎると1回目の更新があり、それを過ぎると符号は「都(2)」に変更されます。

例:都(1)→都(2) ※東京都の場合

ryfety

新規登録業者はこの数字が若いのが特徴です。カッコ内の数字が大きければそれだけ長く存在する業者だということです。悪質な業者は大半が数年のうちに廃業しますのでこの数字は中小規模で無名の貸金業者を選ぶ際のひとつの判断基準となりそうです。

「時間がなく、急いでいる。そんな悠長なことはやっていられない」

それでしたら正規業者で名の通った、利用者数の多いところを選んでおくと安心です。

中小消費者金融でキャッシングするなら

融資可決率の高さでRYFETY(ライフティ)をお勧めしておきます。過去に延滞でブラックになった方、過払い請求や債務整理を行った方は大手で借りることはほぼ不可能ですが、こういった方にも積極的に融資を行っています。

  • 他社にはない独自の審査基準
  • 初回の高い融資額
  • 来店不要のWEB完結

他社で断られてしまった方は、「RYFETY(ライフティ)」にお申し込みください。

なぜ、「RYFETY(ライフティ)」の審査は緩いのか?

ところで、なぜ他社でNGだった人でも借りられるのか疑問に思いませんか? ライフティは正規業者なので審査が特別緩いわけではない、にもかかわらずです。

それについてお答えしておくことにしましょう。

理由はライフティが業界でも新しいキャッシングサービスのため、正直なところ知名度(集客力)がないからです。

中小の消費者金融に限らず、その月の融資残高目標が未達で終わりそうな場合、多少の問題を抱えている方でも融資が下りやすくなる傾向があります。

この傾向は、知名度のないキャッシングサービスにおいて顕著です。

要は、ライフティは新しいキャッシングサービスで知名度がなく、月の融資残高が目標に達しないケースがあると考えられます。これでは経営的にまずいので、他社で断られた方にもリスクをとって積極的に融資を行っているのです。

2015年4月27日より、全国のセブン銀行ATMで使用可能な「ライフティカード(キャッシングカード)」のサービススタートしました。中小消費者金融でローンカードを独自に発行できるところは、そう多くはありません。

「ライフティ」のお申し込みはこちら

その他で利用している方が多いのは以下の金融業者です。いずれも貸金業法に基いて運営している正規業者です。

  • セントラル
  • アロー
  • ユニーファイナンス
  • ハローハッピー
  • フクホー
  • ニチデン
  • スカイオフィス

貸金業の登録をしている正規業者なので総量規制対象のキャッシングとなります。つまり年収の1/3以上借りることはできません。その他では現在他社を延滞している方(いわゆる金融ブラックの方)、自己破産の免責を受けている方への融資は断られる可能性が高いでしょう。

スポンサーリンク

\ 今月売れてる! 注目のカードローン /

NEW!
インターネットで24時間受付! 50万円までのご融資なら来店不要です。更にスピーディーにご利用可能額がわかるから初めてでも安心です。実質年率4.5~17.8%! WEBなら最短1時間融資も可能! *平日14時までに契約完了の方
はじめての方に! アコムは30日間金利0円キャンペーン実施中♪ ≪実質年率3.0%~18.0%≫ ご融資額1万円~800万円! 来店不要でネットでお申し込みOK! WEBなら最短即日融資も可能です。