失敗したくない人のためのキャッシング"超"入門

カードローンは難解。だったらカードローンの知識を徹底的にわかりやすく! というサイトです。

敷金・礼金、引越し費用のためのローンをお探しですよね。答えはこちらで見つかります。

646 views
約 5 分

探しものですか? もしかして敷金・礼金、それに引越し費用が足りなくて、引っ越しローンをお探しではないですか?

インターネットで「引越しローン」と検索してこのサイトにくる人は多いんです。

これから引越しローンを探そうとしているのに水を差すような発言で申し訳ないけれど、時間を無駄にしてほしくないから先に言っておきますね。

引越しローンなんてないと気づいた男性 イメージ図

探しものはこの先も見つからないはずです。

なぜなら、引っ越しローンなんてものは存在しないからですよ。

スポンサーリンク

では、どうしたらいいの?

敷金礼金それに引越し費用が足りなくて、いますぐお金を借りたい人が検討すべきローンは使いみちを限定されない、「カードローン」のキャッシングです。

カードローンとは、顧客の利便性を高めるためにローン会社がカードを発行し、限度枠内であればいつでも何度でも、必要なときにカードでキャッシングできるようにしているタイプのローンです。

結論から知りたい人はこちらの「引越し費用が足りない人のためのカードローンの選び方」という記事を参考にしてください。

急ぎで探していて、審査から融資までの時間をとられたくない人には、「まだ悩んでますか?今すぐお金を借りたい人の8割が『プロミス』を選んでいます」(おすすめ!)という記事がフィットするはず。

お探しものは、こちらです

まず初めに、有担保ローンと無担保ローン

通常ローンというものは担保(たんぽ)をとります。言い方は悪いですが人質のようなものですね。これを有担保ローンといいます。たとえば住宅ローンは住宅を担保にするし、自動車ローンは完済前の車を担保にしています。

顧客が不幸にして返済できなくなってしまったときには担保を処分して、元金と利息の回収に充てます。

これに対して、担保も保証人もとらないローンが無担保ローンです。さらには無担保ローンのなかには用途自由なローンがある。あなたが探しているのはまさにこれ。

一般的な名称を集めてみました。

  • カードローン
  • フリーローン
  • 多目的ローン
  • フリーキャッシング
  • キャッシングローン

呼び名がさまざまでややこしいが、マクドナルドをマックと呼ぶか、マクドと呼ぶか……要は呼び方の違いで根っこは同じと考えてもらってよいです。

銀行か、それとも消費者金融か

金融業者は大きく分けて銀行と、消費者金融やクレジット会社などの貸金業者の2つ。

銀行には銀行法、貸金業者には貸金業法が適用されます。

※法律の専門家になるのでもなければ、消費者金融から借りられる借金の総額は年収の1/3まで、銀行は条件によっては年収の1/3以上借りられる、ということを覚えておけば、あとは忘れてしまって結構です。

銀行の金利は消費者金融と比較して若干低いです。その理由のひとつは調達金利が安いから。銀行は銀行法に則(のっと)って預金者から広く、タダ同然の金利で資金を集めることができるのです。

それに対して消費者金融やクレジット会社などのノンバンクは銀行ではないので、預金者からお金を集めるという手段がとれませんよね。

銀行の金利が消費者金融などと比較して金利を安く設定できるもうひとつの理由は、信用に不安のあるハイリスクな顧客を審査で落とし、優良顧客のみに貸付けを行うことで貸し倒れ率を低く抑えているからです。

あなたが自分自身を客観的にみて、優良な顧客だと思うなら銀行系のローンにチャレンジするといいですね。

ちなみに審査の基準は各社の大切な財産だから、決して世に出回ることはありませんよ。経験則で言えば、過去に借金の延滞がなく、現在安定した職に就いていて年収450万以上なら銀行系のローンにチャレンジする価値はあります。

高い金利には理由があった

ある日突然チャイムが鳴って外に出ると、玄関先に素性のわからない男が立っていた。

お金を貸してくれと頼む男性 イメージ図

男はニコニコしながら言った。

「引越し費用が足りないので、いますぐお金を50万ほど貸してください。もちろん、ただとは言いません。1ヶ月後には利息を付けてお返します」

通常、初対面の他人に安易にお金を貸す人はいませんが、金貸しが商売なら貸さないわけにはいきません。10万円ほど貸してみて、信用できるか試してみますか? あなたはできる限り相手が信用に足る人物かどうかを調べるはずです。

金融業とは、こういう応対を毎日やる仕事です。

仮に貸し倒れ率が10%だとすると、10人に1人はお金を返してくれない世界。そうなると、残りの9人で帳尻を合わせるしかない。その残りの9人のうちの1人が私たちなのです。

高い金利には理由があった。

カードローンは短期で使う

金融業者はそのリスクに見合った金利で貸出しを行います。無担保ローンはその性質(担保も保証人もとらない)から、必然的に貸し倒れ率は高くなる傾向にあります。ハイリスクな顧客にはリスクを見越した高い金利が提示されることになるのは、当然のことなのです。

銀行も、用途自由の無担保ローン(カードローン)に限っては例外なく金利は高いですよ。

しかしながらこういったローンは、住宅ローンなどと違い、そもそも“短期”と割りきって借りるべきローンでなのです。そういうことがわかっているなら、これほど使い勝手のよいローンは他にない、そう思いませんか?

審査から融資までのスピードが早いのは、断然カードローンのキャッシングです。通常の銀行のローンだと審査に時間がかかるからこうはいかないし、使いみちも限定されます。

いますぐ敷金や礼金もしくは引越し費用を借りる必要がある人は、即日でキャッシングできるカードローンを探してみてはいかがでしょうか。

関連記事キャッシング選びの悩みや不安に終止符を打つ方法

関連記事いますぐ、お金を借りる人の8割が最終的に選ぶカードローンは?

関連記事家族にも職場にもバレずに「引越し費用」が借りられるカードローンがあった!

スポンサーリンク

(最終更新:2018/03/25)

\ 今月売れてる! 注目のカードローン /

NEW!
インターネットで24時間受付! 50万円までのご融資なら来店不要です。更にスピーディーにご利用可能額がわかるから初めてでも安心です。実質年率4.5~17.8%! WEBなら最短1時間融資も可能! *平日14時までに契約完了の方
はじめての方に! アコムは30日間無利息サービス実施中♪ ≪実質年率3.0%~18.0%≫ ご融資額1万円~800万円! 来店不要でネットでお申し込みOK! WEBなら最短即日融資も可能です。