失敗したくない人のためのキャッシング"超"入門

カードローンは難解。だったらカードローンの知識を徹底的にわかりやすく! というサイトです。

ブラックでクレジットカードの審査が厳しい人の選択肢2つ

569 views
約 12 分

クレジットカードはネット決済と相性がよいです。たとえば、

  • ネットでダウンロードする商品
    (有料ソフト・アプリ等)
  • 有料オンラインサービス
    (月額課金制のネットゲーム、SNSゲームのゲーム内通貨やマッチングアプリのポイント購入等)

これらの支払いはその場でクレジットカードで支払えば即時決済なので待たずに済みます。

他にも購入店によっては代引き購入が選択できず、カード決済のみというケースもあります。

「まあでも俺(私)ブラックだし……」

うん、うん。ブラックだからクレジットカードは持てないなんてあきらめちゃってる……と。そうですね?

結論から言うと、プリペイド型クレジットカードなら確実。あるいはACマスターカードなら可能性があります。あきらめる必要はありません。

クレジットカードが生活のすべてではないけれど、有れば便利。ないと不便です。

同じ生活なら便利で豊かなほうがいいなあと、思います。

過去に債務整理や支払い遅延・延滞といった事故を起こして金融ブラックになっている方はプリペイド型クレジットカードの「三井住友VISAプリペイド」か「ACマスターカード」を検討しましょう。

前者は先払い方式(キャッシング不可)のクレジットカードで、口座にチャージ(入金)した金額の範囲内でのご利用となります。したがってそもそもの審査が不要です。

後者はMasterCard®のクレジット機能がついた、消費者金融大手のアコムが発行するクレジットカードです。信販会社(クレジットカード会社)の審査で落とされてしまう方でも、アコムの審査で承認できる場合は、ご契約が可能です。

スポンサーリンク

三井住友VISAプリペイドは審査不要のクレジットカードです

とりあえずクレジットカードを持ちたいあなたに、審査不要の三井住友VISAプリペイドは手っ取り早くておすすめです。ただ、各種手数料に関して弱い部分があるんですよね。(詳細は後述)

三井住友VISAプリペイドは、

  • 三井住友カードのスタンダードなプリペイド

  • 先払い方式なので審査不要

  • 使い切り型と違い、カード番号が変わらない

  • お得にポイント(注1)が貯まる

(注1)2,000円のご利用で1ポイント付与。1ポイントは5円換算。ポイント還元率でいうと0.25%です。 ※2016年12月現在の情報

他社の使い切り型プリペイドだと残高を使い切った時点でそのカードは再利用できなくなります。これはつまり、そのカードを使い切るごとに16ケタのカード番号が変更になるということですね。

三井住友VISAプリペイドではチャージ機能を使って繰り返し使うことができますので、カード番号が途中で変わらないという点で特におすすめしています。

カード利用にかかる手数料がネック

三井住友VISAプリペイドは年会費無料のカードですが、利用にあたりいくつか手数料がかかるものがあります。

  • カード発行手数料 200円
  • カード発送手数料 440円
  • チャージ(入金)手数料 200円/1回

カードの発行と発送にかかる費用が合計640円です。その他ではカードにチャージ(入金)するごとに手数料が200円かかります。

1回あたり3,000円~29,000円の範囲で入金できますので手数料をあまり支払いたくない人は、1回になるべく多くチャージ(入金)してチャージ回数を減らすといった工夫が必要です。

チャージ金額の支払い方法についても注意しましょう。クレジットカード、インターネットバンキングからのチャージ(入金)のみとなっていますね。

「あっ……使えない」

と思った方。ですよね。

これでチャージの問題は解決。手数料はすべて無料に

三井住友VISAプリペイドはカードローン「プロミス」経由でお申し込みください。(プロミスのお申し込みと同時に案内があります)

この方法ですと申し込み時に必要な本人確認書類の提出は不要(プロミス申込みの際の本人確認で代用)になりますし、カードの発行/発送にかかる手数料も無料になります。

さらにプロミス会員サイトからは専用フォームが用意されており、三井住友VISAプリペイドの会員サイトへページ遷移することなくその場で簡単にチャージ(入金)することもできます。

もちろんプロミスを経由せずにプリペイドカードを単体で使うことも可能ですので、両方申し込んでみて「使い勝手がいいな」「お得だな」と感じる組み合わせ、やり方で使えばよいと思います。ちなみにプロミス経由でチャージ(入金)すれば、チャージ手数料は何度でも無料です。

「プロミスからチャージ(入金)すると利息がかかるのでは?」

はい、かかります。

チャージの金額はいったんプロミスが建て替えます。そのままにしておくと建て替えたぶんの、要は”お借り入れ残高”に対し金利が発生します。

じつはカードローンのキャッシングはお借り入れ当日中の返済であれば金利がかかりません。この仕組みをうまく使えば、チャージの問題は解決、手数料はすべて無料になるというわけです。

プロミス会員サイトからチャージ(入金)すれば何度でも手数料0円。チャージした当日中にプロミスが建て替えたぶんの返済をすませば、(プロミスへの)支払い利息も0円です。

まずは使ってみてください。「プロミス」経由のお申し込みですと2,000円チャージされた状態のお得なカードが届きます。(要は2,000円もらえるってことですね。三井住友VISAプリペイド公式サイトのお申し込みではこの特典はありません)

「でもブラックだと審査厳しいでしょ?」

いえ、試してみる価値はあると思いますよ。たとえブラックでも現時点で他社件数が0件であれば可能性はあります。

ここだけの話、プロミスは過去に支払いに関して事故歴のある方にも融資しているようなのです。以下の記事が参考になりますのでぜひご一読くださいませ。

30代男性。任意整理から3年経過~プロミスで限度額20万の融資可決

プロミスで借りる

リハビリに最適なACマスターカード

プリペイド型クレジットカードの難点は、クレジットヒストリー(通称クレヒス)の蓄積がないことでしょうか。

クレジットヒストリーとは個人信用情報機関に登録される借入と返済の履歴のことで、通常こちらに問題がなければ個人の信用度は高いと判断されます。(まったくの無色透明の方はそれはそれで判断が困難なようです)

プリペイド型のクレジットカードは保有者の口座に残高が無ければ決済できないカードですので、そもそもの”借入と返済”という概念がありません。信用状態に左右されるカードではないので、良くも悪くも個人信用情報機関へ履歴が残らないのです。

クレジットヒストリーは上位のステイタスカード、高還元率のお得なクレジットカードを攻略する際に必要となってきます。

そこでクレヒスを蓄積するためのリハビリカードとして「ACマスターカード」はいかがでしょう。

  • WEBからのお申し込みで契約まで可能

  • カードは最短即日発行

  • 年会費は永久無料

  • 国際ブランドのMasterCard®と提携

  • カードローン(キャッシング)機能付き

ACマスターカードは消費者金融大手アコムの発行するクレジットカードですので相対的な審査基準は低く、信販会社(クレジットカード会社)の審査で落とされてしまう方でも、アコムの審査で承認できる場合があります。

基本的に「ブラックでも作れるクレジットカード」は存在しませんが、「ブラック気味の人でも発行されるクレジットカードは存在する」が真実です。

ACマスターカードの利用条件等
クレジット機能付きアコムカード

実質年率 10.0~14.6%(注1)
ご利用限度額 10~300万円(注2)
審査回答 最短30分
カード発行 最短当日カード発行可能(注3)
返済方式 定率リボルビング方式(注4)

(注1)ショッピングとカードローンのご利用合計の上限は800万円までです。
(注2)※ショッピング利用時
(注3)一部の自動契約機コーナー、いわゆる”むじんくん”では、その場でカード発行が可能です。設置場所等、最新の情報は公式サイトにてご確認いただけます。
(注4)手数料はリボルビング残高の経過日数に応じてかかりますが、毎月20日までのご利用分を翌月6日までにお支払いいただく場合は手数料はかかりません。要は毎月6日までに一括でお支払いされますと、一般的なクレジットカードの「1回払い」と同様の扱いになるということです。

※リボルビング残高・・・手数料がかかるショッピングの利用残高です。(毎月20日の段階で当月の新規ご利用分を集計します。このお支払いは翌月の6日を過ぎるとここに加算され、経過日数分の利息が発生します)

クレジットカード(ACマスターカード)は「カードローン付き」「ショッピング専用」の2種類から選べます。ショッピング専用のカードを希望される方は、お申し込み後の電話連絡時に担当者へお伝えください。

ちなみにショッピング専用カードで、海外キャッシングはご利用になれません。キャッシングも不可です。

したがって当サイトでは現金枠もショッピング枠も両方あり、さらに海外キャッシングも利用きる「ACマスターカード(カードローン付き)」を汎用性の高さからおすすめしています。

ブラックリストについて再確認

クレジットカードに入会の申し込みをすると、貸金業者(クレジットカード会社)は審査のために指定信用情報機関に登録情報の照会を行います。

これは過去または現在、ローンの支払いに関して重大な問題(延滞、自己破産等の債務整理)がなかったかを確認する側面もありまして、当然、事故情報があれば審査の結果は否決ということになります。

「ブラックリスト」は指定信用情報機関に登録された事故(異動)情報を指す場合がほとんどですが、じつのところ信用情報にブラックリストという名のリストはありません。保有しているのは、客観的な取引事実を表す信用情報です。

たとえばローンの支払いが遅れた場合に、その内容が事実として記載されるといった具合です。

登録情報には、それぞれ一定の保有期間を定めています。(表は、指定信用情報機関における登録情報の保有期間を示したものです)

JICCで登録される事故(異動)情報

3ヶ月以上の延滞 延滞中は無期限
延滞解消 延滞解消日から1年間
債務整理(自己破産、任意整理等) 発生日から5年間
債権回収、保証履行、強制解約、債権譲渡等

CICで登録される事故(異動)情報

クレジット・ローンの申し込み履歴 照会日から6ヶ月間
支払い遅延 契約期間中および契約終了後5年間
延滞(3ヶ月以上)
自己破産等の債務整理

 

現在、日本では日本信用情報機構(JICC)およびシー・アイ・シー(CIC)の2社が内閣総理大臣より指定信用情報機関の認可を受けて個人の信用情報を収集・管理し、クレジット(消費者信用)業務を行う会社に情報提供しています。

また、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)、シー・アイ・シー(CIC)の三機関でCRIN(Credit Information Network)という相互交流ネットワークで情報の交流を行っています。貸金業法の指定信用情報機関制度に基づき、日本信用情報機構(JICC)とシー・アイ・シー(CIC)ではFINE(Financial Information Network)という相互交流ネットワークにより、貸金債権に関する残高情報等の交流を行っています。

CICとJICCで扱いが異なる延滞情報。結局は何年間登録され続けるの?

JICCでの延滞情報は延滞解消日から1年間で抹消されますが相互交流のあるCICにも情報は流れています。

CICは情報の登録期間が5年間となっていますので「いったん延滞(3ヶ月以上)すると5年間は情報が消えない」が正解です。

「借り回り」で審査ブラック!?

短期のうちに何社もローンに申し込むと「申し込みブラック」という一時的に審査に通りにくく、また審査に通るにしても限度額を絞られてしまう状態になります。

というのはCICでは、クレジット・ローンの申し込み履歴は6ヶ月間登録されており、その事実が照会により簡単にわかるからですね。

金融業者は借り回りしようとする人を嫌い、警戒します。同時に申し込むのはなるべく少なく(2社まで)、できれば3社目は6ヶ月の期間を経てから申し込むほうがよいかと思われます。

[cc id=8457 title=”フェルマ情報開示”]

スポンサーリンク

\ 今月売れてる! 注目のカードローン /

NEW!
インターネットで24時間受付! 50万円までのご融資なら来店不要です。更にスピーディーにご利用可能額がわかるから初めてでも安心です。実質年率4.5~17.8%! WEBなら最短1時間融資も可能! *平日14時までに契約完了の方
はじめての方に! アコムは30日間金利0円キャンペーン実施中♪ ≪実質年率3.0%~18.0%≫ ご融資額1万円~800万円! 来店不要でネットでお申し込みOK! WEBなら最短即日融資も可能です。