失敗したくない人のためのキャッシング"超"入門

カードローンは難解。だったらカードローンの知識を徹底的にわかりやすく! というサイトです。

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」の申し込み~審査で知っておくべきポイント

484 views
約 17 分

常陽銀行 水戸市 本店

カードローン「キャッシュピット」は茨城県水戸市に本店を置く大手地方銀行の常陽銀行が提供している個人向けキャッシングローンです。地方銀行のカードローンではあるものの、お申し込み対象地域の制限はなく、どなたでもお申し込みいただけます。

茨城県が営業地盤なので県内の本支店数は145(2016年6月現在)と、もっとも充実していますが、県外(宮城、福島、栃木、千葉、埼玉、東京、大阪)にも支店があります。

2016年10月に常陽銀行と足利銀行が経営統合し「めぶきフィナンシャルグループ」となることが予定されています。これにより地銀トップのコンコルディア・フィナンシャルグループ(横浜銀行、東日本銀行)、2位のふくおかフィナンシャルグループ(福岡銀行、熊本銀行、親和銀行)に続く地銀第3位の規模となります。

ちなみに経営統合後も常陽銀行と足利銀行の屋号ならびに本店の変更はありません。支店名や口座番号に変更はなく、各種ローンサービスも引き続き利用できます。
スポンサーリンク

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」の申し込み~審査で知っておくべきポイント

ここでは常陽銀行カードローン「キャッシュピット」の申し込み~審査で知っておくべきポイントについてご紹介します。即日融資はどうすれば受けられるのか、在籍確認は避けられないのかについても電話で詳しく聞いてみました。

常陽銀行キャッシュピットの貸付条件等

実質年率 7.8~14.8%
借入限度額 最大500万円
審査回答 最短即日
融資までの目安 最短即日
申し込み対象 20歳以上70歳未満の方
保証人・担保 不要
所得証明書 不要
借りる 銀行・コンビニATM、お振り込み(注1)
返す 銀行・コンビニATM、口座振込み
分割払い 月々2,000円~

(注1)振込融資は常陽銀行に口座がある場合に限ります。

カードローン「キャッシュピット」は全国対応のカードローン

地方銀行のカードローンは、通常その銀行の本支店がある、いわゆる営業地域に申し込み対象者を絞る傾向がありますが、常陽銀行は地方銀行でありながら地理的に広域化した営業活動を行っています。

そのためか常陽銀行カードローンキャッシュピットは「申し込み対象エリア」というものを定めていません。もちろん来店契約は不要で、インターネットとFAXあるいは郵便のやりとりのみですべてのお手続きが完了します。

常陽銀行の営業地区外の人が申し込むメリットってあるの?

常陽銀行キャッシュピットの7.8~14.8%という年利は銀行カードローンならではの低金利でそれだけで価値がありますが、銀行カードローンというくくりのなかでは一般的な金利水準です。

ここだけを見てしまうと、他県の方(常陽銀行の営業地区外の方)が地域の銀行から借りるという選択肢を捨ててまで選ぶメリットはなさそうにも思えますよね。

ひとつ言えることは、常陽銀行のカードローンのように全国のコンビニATMで借入れと返済の手数料どちらも無料にしている地方銀行は少ないということです。

地銀カードローンでは、借入れ時にコンビニATM手数料がかかるものが多いです。少額かつ繰り返しの利用だとATM手数料が支払い金利を超えるケースも珍しくはありません。その他では、ローンカードの到着が最短3営業日以内というのもおすすめできるポイントです。他の地銀カードローンではカード到着に1週間待たされるなんてよくあることですから。

口座開設不要でお取引が可能

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」は常陽銀行の口座を持っていない人でも申し込みが可能なカードローンです。またお申し込み後に別途、口座開設が必要になるといったこともありません。

メインバンクをお持ちの方でこれ以上預金口座の数を増やしたくない方に適したカードローンです。

常陽銀行に口座を持っていれば即日融資も可能

常陽銀行に預金口座がある方は、申込んだ日の午後2時までに契約が完了した場合に限り、お振り込みによる即日融資も可能となっています。

即日融資を希望される方は、午前中までに申し込んで契約書類をFAXで送信するとよいですね。

即日融資の条件をまとめると、

  1. 振込用口座(常陽銀行の普通預金口座)を持っていること
  2. 銀行営業日(平日)の午後2時までに契約書類が銀行に到着すること

以上の2点となります。

常陽銀行に口座を持っていない場合の融資スピードは?

常陽銀行に口座をお持ちでない方でも「最短で2~3営業日以内」のスピード融資ができると公式サイトには書かれています。ただ、このスピード融資の内容については触れられていないため、具体的にどういう意味なのかを常陽銀行に問い合わせてみました。

常陽銀行に口座を持っていない場合にも「振込融資」はしてもらえるのですか?
恐れ入ります。口座をお持ちでない方には、振込融資は行っておりません。常陽銀行の口座に対してのみ「キャッシュピットの口座からお振り込み」といったようなサービスをさせていただいております。
つまり「常陽銀行口座なしの場合、最短で2~3営業日以内にご融資可能」という公式サイトの記載は、ローンカードの郵送にかかる日数を指しているのですか?
そうですね。最低でも、カードを郵送させていただくのに2~3営業日かかりますといった意味のご案内になります。3営業日以内となりますと、当日中にFAXなどでご契約が完了した場合の話となります。

結論としては「振込融資は常陽銀行の預金口座を持っている人に限る」とのことでした。常陽銀行の口座を持っていない人はお振り込みでの融資は受けられません。

その日のうちに審査に通過し、なおかつFAXで当日中に契約書類を銀行に提出した場合で、2~3営業日以内にローンカードが受け取れるとの回答でした。

与信審査と在籍確認について

審査結果は申し込み後、最短60分で通知されます。しかし与信審査には職場への在籍確認も含まれるはずです。本当に60分で審査回答が得られるのか、常陽銀行の方に聞いてみました。

「審査結果は最短60分」とありますが、これは職場への在籍確認を含むお時間ですか? ということはお申し込みをしてからすぐに在籍確認のお電話が職場にかかってくるのでしょうか?
はい。在籍確認を含めてすべてスムーズに完了した場合の、60分ですね。職場に在籍確認を取れる時間帯にお申し込みをいただけた場合には、早くて60分以内に完了いたします。

お申し込みをいただいた場合に、私どもの方で審査をさせていただきます。そのあとに在籍確認となります。在籍確認はご本人様と話さなければいけないという内容ではないので、ご本人様が(職場を)お休みだったとしても、もちろんそちらでお勤めが確認できれば、60分以内に審査結果のお伝えは可能です。

審査結果の連絡はどのように来るのですか
メールか電話かはお選びいただけます。ただ恐れ入りますがお電話での申し込みの際には、私どもメールアドレスを伺っておりません。ですので、インターネットでお申し込みいただいた場合のみ、メールでの結果のご連絡をさせていただいております。

お電話でお申し込みいただいた場合には、お電話でかえさせていただく、もしくは郵送でお返事をさせていただくといった内容となります。通常であれば、携帯電話でお申し込みをいただいた場合には、携帯電話の方にかけて審査結果のご案内をいたします。

ご希望に添えなかった場合に郵送でご連絡する場合もございますが、通常は電話でお知らせいたします。

職場への在籍確認は必ず行われますが、銀行や保証会社からの電話であると気づかれないようにプライバシーへの配慮がされています。

しかし「プライバシーへの配慮」と公式サイトでは謳っていても、実際にどのような配慮がされているのかは気になるところです。そこで在籍確認についてもお話を伺いました。

例えば職場の方に在籍確認をした際に「どういったご用件ですか?」と詳しく聞かれた場合にはどのようなご対応をされているのですか。
恐れ入ります。こちら内容については、私どもから申し上げることはできませんので、個人名でお電話をかけさせていただいた時には「個人的な用件なんですけれども、携帯電話におかけして繋がらなかったので、こちらにかけさせていただいております」など、私どもでは申し上げさせていただいております。

常陽銀行「キャッシュピット」申し込み~利用開始までの流れ

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」は来店不要で各種手続きを済ませることができます。

  • インターネットでのお申し込み
  • FAXまたは郵送でのお申し込み

インターネット申し込みは当日中の契約完了も可能と非常に利便性が高いことから、もっともお勧めしている申し込み方法です。

インターネットでのお申し込みが最速

お申し込みはインターネットから行えます。

公式サイトの「かんたんお申し込み」のボタンから、申し込みフォームに必要事項を記入をして送信しましょう。

平日であれば早くて60分以内に審査結果の連絡メールが届きます。

審査に通過した段階で、公式サイトから契約書類をダウンロードし、プリンターで印刷しましょう。自宅にプリンターがない方は契約書類を自宅に郵送してもらうか、あるいはPDFファイルをUSB等の記録メディアに保存し、コンビニに設置してあるマルチプリンターで印刷します。

常陽銀行「キャッシュピット」の申し込みに必要な契約書類

利用申込書ダウンロード(3856KB)

個人情報利用などに関する同意書ダウンロード(4866KB)

自宅にプリンターがない方はこちらをお読みください。

プリンターが‥ない!?それ、コンビニプリントで解決できます

契約書に必要事項を記入し、本人確認書類を添付してFAXもしくは郵送で銀行に送ります。もちろん急ぐ場合はFAXが最速です。

添付する本人確認書類は、運転免許証のコピーで構いません。そのほかに、健康保険証や住民基本台帳カード、パスポートなども使えます。

収入証明書や所得証明書の提出は不要です。

契約が完了すれば、銀行からローンカードが簡易書留郵便で送られてきます。封筒には「常陽銀行」の記載はありますが、プライバシー配慮のためローン関連の書類である旨の表記はされていません。

カードが届けば、その日のうちからキャッシングを利用することができます。カード発行料や年会費などはかかりません。

インターネット以外のお申し込み方法

FAXでのお申し込みも可能です。インターネット申し込みと同様に「利用申込書」と「個人情報同意書」を事前に公式サイトからダウンロードしてプリントアウトし、常陽銀行の指定ダイヤル宛に書類を送ります。

常陽銀行の店舗が近くにあるのであれば、店頭窓口でカードローンの契約をすませることもできます。ただ、店舗によってはローン取り扱いのないところもありますので、ローン取り扱い店舗については常陽銀行公式サイトの「店舗・ATMのご案内」から検索しましょう。

ローン取り扱い店舗の検索は下記より行えます。

電話でのお申し込みも可能です。平日・休日とも9時から21時まで受け付けをしています。ただし12月31日~1月3日までの年末年始はお休みです。

担当者の方が親切に答えてくださるので、ローンサービスについて疑問点がある場合などは電話でのお申し込みが良いかもしれません。カードローンキャッシュピット専用のフリーダイヤル窓口にかけると、(自動音声ガイダンスなどはなく)すぐに担当者の方に繋がります。

わたしが実際に電話をしたときは、20代~30代くらいの若い男性の方が電話口に出ました。はきはきとした話し方で声が聞き取りやすく、細かな質問にも丁寧に応じてくださり好印象でした。

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」のメリット・デメリット

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」のメリットをまとめると、

  • 年利7.8~14.8%と銀行ならではの安心金利
  • 口座開設不要でお取引
  • 「口座あり」なら即日融資も可能
  • 「口座なし」でも最短2~3営業日以内で利用が可能
  • ATM手数料が終日無料でおトク
  • 返済は月々2,000円から。選べる2つの返済方式
  • 学生・専業主婦・年金受給者の方も申し込める

となります。以下では特に評価すべき項目について詳しく見ていきます。

コンビニATMの手数料が、なんと終日無料!

ここは常陽銀行キャッシュピット最大のメリットとなるので、是非とも押さえておきたい部分です。

キャッシュピットでは返済時はもちろん、キャッシング時のATM手数料が「終日無料」です。常陽銀行のATMでもコンビニのATMでも、時間外手数料を取られる心配はありません。

カードローンでは、自行ATM以外の提携ATM(主にコンビニATM)を利用する際に108円~216円の手数料がかかる、あるいは自前のATMでも営業時間外は手数料を取るところが多いです。

キャッシュピットは、なんと無料です。土日祝日、営業時間を問わず。

ATM利用料が無料だと、とくに少額のキャッシングのときに「あぁ、ちょっとお金がいるのだけれど手数料が勿体無いな……」という無駄な葛藤がないのがいい。しかもキャッシュピットは最小1,000円から細かくお借り入れが可能なのでムダがありません。

返済は月々2,000円から。選べる2つの返済方式

お借入限度額が100万円以上の枠の方は、月々2,000円からの返済が可能です。お借入限度額100万円以下の方であっても月々3,000円からのご返済ができ、無理なくお金を返していくことができます。

返済は「借入日(最後に返済した日)の翌日から35日以内に返済をする方式」か「毎月同じ指定日に返済をする方式」かのどちらかから選ぶことができます。

前者ではカード利用から35日サイクルで返済期限が訪れます。メモしておかないと次回の返済日を忘れてしまいかねないデメリットはありますが、そのときそのときに応じた柔軟な返済プランが立てられます。

後者では毎月同じ日に返済期限が訪れます。給料日前に資金繰りが苦しくなるといったケースであれば、毎月給料日の翌日以降に返済日を指定しておけば余裕が持てます。

学生~年金受給者まで幅広い方が利用できる

常陽銀行のキャッシュピットは、アルバイトやパートの方はもちろん、学生や年金受給者、専業主婦の方でも利用できるカードローンです。

ただ、借入枠には制限があり、学生の方は10万円以内、主婦の方は30万円以内となっています。少なく感じられますが、地方銀行に限らず都市銀行のカードローンでもこのくらいの借入枠となるのが一般的です。

学生の方のお申し込みの場合には、親権者の同意が必要となりますので、この点は注意が必要ですね。

契約時の年齢制限が20歳以上~70歳未満と幅広く、65歳を過ぎた方でもお申し込みできます。カードローン契約年齢の上限を「65歳まで」とする銀行が多いなかで、キャッシュピットは門戸を広く開いているのが特徴です。

デメリット

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」のデメリットも知っておきましょう。

常陽銀行に口座がない場合は、振込融資サービス(即日融資)は受けられない

再三の確認となりますが、ネットやテレビCMで宣伝をしている「即日融資」は常陽銀行に口座を持っている人向けのサービスとなります。

常陽銀行に口座がない場合は(口座開設の必要はありませんが)ローンカードが郵送で到着するまではお借入れができません。

自動引き落としによる返済はできない

銀行・コンビニATMからのみ、返済が可能です。自動引き落としによる返済はできません。念のため、電話でも確認を行いました。

口座引き落としによる返済はできますか?
申しわけございません。キャッシュピットは口座引き落としによる返済には対応しておりません。ATMのみとなります。
コンビニATMは千円紙幣のみ対応ですが、千円未満の返済額を支払う方法はありますか?
キャッシュピットですと最小返済額というものはございますが、こちら以上の金額であれば、千何円であっても、硬貨対応のATMであればご入金いただけますね。

お釣りの処理などが発生した場合にも、硬貨対応のATMであればご利用が可能です。あくまで硬貨対応のATMですので、コンビニエンスストアなどのATM(セブン銀行など)では硬貨対応しておりませんのでご利用できません。常陽銀行ATMのみの内容ですね。

細かい点とはなりますが、端数を出さずに返済をする場合は硬貨入金のできる常陽銀行ATMを使う必要があるようです。また、口座引き落としはありませんが「口座振込み」による返済は可能ですので、こちらでしたら端数を出さずに完済できます。

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」のまとめ

地方銀行のカードローンを金利で選ぶのは間違いです。

ほとんどの地銀カードローンが共通の保証会社(新生フィナンシャルやエム・ユー信用保証株式会社等)を通してカードローン事業を成り立たせているため、必然的にその内容も横並びとなります。

全国60行近くある地方銀行(第二地銀まで含めると100以上!)を比較してみるとわかりますが、そのほとんどが上限金利14%台のカードローンで、年利に多少の差はあれど誤差の範囲です。

 

ネットにこれだけ情報が流れる時代に、金融の自由化が進んだとはいえ横比較で常に値下げ圧力がかかっているのですから、金利にそうそう差がでるわけがない。となると、個人的にはATM(提携ATM含む)の使い勝手、おトク感、融資のスピード、申し込みの手間が省ける点、といった付加価値的な要素を重視したほうがよいのかな、と思うようになりました。(だって金利はほぼ横並びなんですから‥)

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」は正直なところ即日キャッシングには不向きで、申し込みも(手書きの申込書が必要等)アナログな部分があるのでお世辞にもカンタンですよ、とは言えませんが、融資スピードは「『口座なし』の場合で最短2~3営業日以内に利用可能」と、地銀というくくりのなかでは早いほうですし、終日無料のATMネットワークは利便性、おトク感といった点で評価が高いです。

そして何より安心の銀行金利とくれば、お勧めしないわけにはいきません。

スポンサーリンク

\ 今月売れてる! 注目のカードローン /

NEW!
インターネットで24時間受付! 50万円までのご融資なら来店不要です。更にスピーディーにご利用可能額がわかるから初めてでも安心です。実質年率4.5~17.8%! WEBなら最短1時間融資も可能! *平日14時までに契約完了の方
はじめての方に! アコムは30日間無利息サービス実施中♪ ≪実質年率3.0%~18.0%≫ ご融資額1万円~800万円! 来店不要でネットでお申し込みOK! WEBなら最短即日融資も可能です。