失敗したくない人のためのキャッシング"超"入門

カードローンは難解。だったらカードローンの知識を徹底的にわかりやすく! というサイトです。

他社4件の40代男性、「じぶん銀行」カードローンで借り換え

748 views
約 11 分

じぶん銀行のカードローン「じぶんローン」で借り換えをした、大阪府堺市40代後半の男性にお話を伺いました。

まずはじめに、じぶん銀行は携帯キャリアの「KDDI」と「三菱UFJ銀行」が共同出資して2006年に誕生したネット銀行です。カードローン商品は消費者金融大手アコムの信用保証で2008年より販売しています。

──いつ頃のお借り入れでしたか?
今年の夏(2016年8月)です。平日火曜の午前11時頃でしたか。

──差し支えない範囲でお答えください

  1. 年齢:40代後半
  2. 性別:男性
  3. 居住地域:大阪府堺市
  4. 手取り年収:825万円(額面支給1,150万)
  5. 職業:会社員
  6. 職種:管理職
  7. 会社規模:会社全体では14,000人以上(勤務場所では100人前後)
  8. 勤続年数:17年
  9. 既婚/未婚:既婚(妻・子供2人)
  10. 居住形態:持ち家
  11. 他社借入件数:4件
  12. 他社借入額:380万円
  13. その他ローン(住宅ローン等):住宅ローン(残債1,800万円)
  14. 資金使途:他社ローンの借り換え

──じぶん銀行カードローンに申し込んだ理由は?
借り換えのためです。

クレジットカードのリボ払いと、シンキの借り入れについてこのあたり少しでも金利が下がればと思い、申し込みしました。

あと……借入件数が増えると支払日が分散するので管理が大変なんですよ。借り換えでローンをまとめると支払いが1本化できるじゃないですか。

──なるほど、では最初にクレジットカードの商品名を
MUFGアメリカンエクスプレスで44万円をリボ払いにしていました。

──MUFGアメックスのリボということは年率は15.0%ですよね
そうですね。たしか年率は15.0%だったと思います。

──シンキってことは取扱いブランドが「ノーローン」ですが合ってますか? また借入額と年率はいくらですか?
はい、ノーローンです。借入額は30万で利率は18.0%でした。

──他社件数4件とのことでしたが、残りの内訳はどのような
リボ払いのクレカとシンキ(ノーローン)のほかには、消費者金融のアコムから270万と、大和ネクスト銀行のフリーローンで36万借りていました。

──アコム270万ですか? 結構な額ですが……
会社での管理職という立場上、冠婚葬祭や社内外での懇親会などが多々ありまして……妻には言えずに、その都度少しづつキャシングをしていました。

仕事のストレスからスロットにのめりこむようになったのも借金を増やす原因でした。勝つときは20万くらい勝ちますけど、やっぱり負けることのほうが多いんです。結果的に400万近い債務に膨れ上がりました。

アコムは幸か不幸か限度額が310万まで増えて年率は11.0%まで下がっていましたので、銀行カードローンよりも金利は有利になっていると思います。これまでにも他社での借り換えは検討しましたが、あまりいいお返事をいただけなかったので……。

表は、申し込み時点の他社借入件数と他社借入額、適用金利をまとめたものになります。

他社借入件数

銀行ローン
1件(大和ネクスト銀行)
クレジットカード
1件(MUFGアメリカンエクスプレス リボ払い)
消費者金融
2件(アコム、ノーローン)

他社借入額

アコム
実質年率:11.0% 借入額:270万円
MUFGカード
実質年率:15.0% 借入額:44万円
大和ネクスト銀行
実質年率:9.5% 借入額:36万円
シンキ(ノーローン)
実質年率:18.0% 借入額:30万円

──ところでなぜ、じぶん銀行の「じぶんローン」を選んだのですか?
低金利のおまとめ・借り換えローンを探しておりました。

たくさんあり過ぎて迷ったんですが、自分にはオリックス銀行・楽天銀行・じぶん銀行のカードローンが良さそうだと思いまして、最終的にはネットの口コミなどを参考に「楽天銀行スーパーローン」とじぶん銀行の「じぶんローン」に絞込み、両社へ申し込みました。

―楽天銀行のカードローンにも申し込みをした、と
はい、そうです。

でも楽天銀行については希望額400万で申し込んで限度額80万、金利は14.5%の提示だったので、好条件を提示してもらえた「じぶん銀行」に決めました。

私の携帯電話がauという事もあります。というのは、au携帯を持っておりauIDを持っていると金利優遇があるんですよ。そのことが決め手となりました。

じぶん銀行のカードローンにはauユーザー限定の金利優遇コースが用意されています。

たとえば100万の限度額で通常金利は13.0~17.5%ですが、auユーザーなら誰でも年0.1%金利が安くなります。借り換えの場合ですと年0.5%金利が優遇されます。

──じぶん銀行の提示した貸し付け条件は?
400万円で希望を出しましたが満額通らず、最終的に限度額100万円の提示でした。適用金利は12.5%です。

──現在までに限度額に変化はありましたか?
契約したのが今年の8月(2016年8月)で、まだ半年経過しておらず、限度額は100万円のままです。

──じぶん銀行カードローンの申し込みの流れを教えてください
まずはコールセンターに電話をかけて、申し込みの流れ、限度額、金利などの詳細について確認をしました。その場での申し込みもできるとのことでしたが、ネット申し込みのほうが早いのは知っておりましたので、スマホから申し込みを行いました。

──auIDをお持ちでしたよね。もしかして会員ページからの申し込み?
そうです。携帯がauだったので、auID保有者のページからの申し込みでした。

──職場への在籍確認
申し込みをして2時間くらいで、じぶん銀行から電話がかかってきました。まず申し込みの意思確認と入力情報の確認がありました。

電話で話している間に、職場への在籍確認を同時進行にて行っていたようです。

個人名(名字のみ)での連絡だったようです。もし仮に「どちらの◯◯さんですか? と職場の方になんども聞かれたら銀行名を答える場合がありますが、よろしいでしょうか?」と確認されました。

在籍確認終了後のやり取りはすべてメールで、審査結果の連絡で再度電話がありました。

──電話連絡の対応はどうでしたか?
全体的には特に問題はありませんでしたが、会社名の確認の時の対応が非常に高圧的でした。

私の会社は本社が東京にあり、そこから分社化をしていて本社名と分社名は異なります。しかし所属は本社名になっているのでその違いを説明するのですが、まるで嘘をついているような口ぶりで話しをされて非常に気分が悪かった記憶があります。

本社の電話番号もしつこく聞かれ、そんなところに在籍確認の電話をしても無理なのに(わかる人間がいない)、何度も聞かれて気分を害しました。

──本人確認書類の提出
運転免許証のみです。限度額が100万円だけだったので収入証明書は不要(注1)とのことでした。

(注1)じぶん銀行「じぶんローン」は限度額300万円まで収入証明書原則不要です。

スマホのカメラ機能で撮影して画像データをアップロードしましたが、とくに迷うこともなくスムーズに処理できました。

──申し込みの手間はありましたか?
申し込みは非常にスムーズに行えました。私自身がauユーザーだったこともあります。auIDの会員ページから申し込みますと、auIDを入力するだけで個人情報がすべて入力された状態になります。

──本審査の結果連絡
最後に電話がかかってきて、そこで本審査に通ったことを知りました。

──借り換え・おまとめの場合だと振込先は申込者の口座ではなく、借入先の金融機関になることもあるようですが?
いえ、そのようなことにはならなかったです。審査結果の通知の際、すぐに指定口座への振り込みもできるとの案内もいただきまして、その場でお願いして100万円を振り込んでもらうことにしました。

契約完了が銀行の営業時間内でしたので、当日中の振込みでしたよ。

じぶん銀行は審査の結果によっては、今回の融資で他社を完済したうえ、さらに完済した金融機関の借入契約を解約するよう求められる場合があります。

この場合、「じぶん銀行」から(申込者の口座ではなく)借入先の金融機関へ直接振込がなされ、その後に解約を証明する書類(解約証明書または解約契約書の写し)を提出する流れになります。

──ローンカードはどれくらいで届きましたか?
火曜日に契約完了してローンカードが届いたのは翌週でした。ちょうど1週間くらいだったかと。

 

──総合評価
他社借入れがあった事も影響したと思いますが、希望枠の審査が通過しなかった(400万円で申請したが100万円の可決だった)のは残念でした。

ところどころ辛口コメントをしている部分もありますが、比較した楽天銀行よりは好条件でしたので満足です。デメリットとして特にあげる点はありませんが、上記の通りオペレータの対応は気になります。

今後の限度額増額と金利の下げに期待します。

スポンサーリンク

今回のじぶん銀行「じぶんローン」口コミ・評価について

「じぶんローン」は通常金利のほかにauユーザー限定の優遇金利が用意されていますがそれほど魅力的な数字ではありません。(たとえば10~100万円の限度額で通常金利が適用の場合、実質年率13.0~17.5%ですが、auユーザーなら実質年率12.9~17.4%になります)

借り換え用途で申請し、100万の限度額が認められた場合は12.5%の固定金利なのでこちらは検討する価値があるかと思います。

話しは変わりますが、「じぶん銀行」カードローン商品の保証会社はアコムです。当然、審査はアコムが行いますので、自社のお借り入れがある方に対して、アコムの借り換えにつながる希望額を可決するとは思えません。

事前に保証会社を調べて重複しないカードローンに申し込むと、より良い結果を得られた可能性があります。

たとえば選択肢から外れたオリックス銀行ですが、こちら(オリックス銀行カードローンの)主たる保証会社はオリックスクレジット株式会社です。ネットの口コミでは審査が厳し目という評価がされていることがありますが、最近では保証会社に「レイク」を追加して2社体制で保証を行っています。

これはつまり、レイクによる保証が加わることで、オリックスクレジットの保証審査で希望に添えない方についてもレイクの保証審査で承認できる場合は、契約はもちろん限度額の増額も可能になるということです。

オリックス銀行カードローンは、おまとめ・借り換えに使えるか

利息を下げるには”完済”で交渉する

その他では、今回の男性はアコムに270万と高額借入があるので、他社で借り換えを検討するまえに取引のある営業店(アコム)と直接交渉を試みるといったこともできますね。

たとえば、

「他社で借り換えるので完済します」

あるいは、

「借り入れしているなかで利息が一番高い」

と、完済を匂わせます。(たとえ手元にお金がなくても言ってみること)

優良顧客であれば利息が下がり、「この機会に当社で一本化しませんか」とさらに限度額増額を提案されることさえありますので、試す価値はあります。

消費者金融会社がいちばん嫌うのは完済、要は利息収入の減少ですからね。ノルマが達成できなくなるといった思惑も働くかと思われます。

アコム、アイフル、プロミスといった消費者金融で高額借入の方に使える”利下げの手段”ですので、ぜひ覚えておいてください。

ちなみレイクは銀行が発行元。銀行ってのは、収益に直結する利下げを極端に嫌う。なぜだかわかりませんが、いわゆる旧銀行系も同じ。このあたり知っておくと今後役に立つ(かもしれない)。

スポンサーリンク

\ 今月売れてる! 注目のカードローン /

NEW!
インターネットで24時間受付! 50万円までのご融資なら来店不要です。更にスピーディーにご利用可能額がわかるから初めてでも安心です。実質年率4.5~17.8%! WEBなら最短1時間融資も可能! *平日14時までに契約完了の方
はじめての方に! アコムは30日間無利息サービス実施中♪ ≪実質年率3.0%~18.0%≫ ご融資額1万円~800万円! 来店不要でネットでお申し込みOK! WEBなら最短即日融資も可能です。