失敗したくない人のためのキャッシング"超"入門

カードローンは難解。だったらカードローンの知識を徹底的にわかりやすく! というサイトです。

所得証明不要のカードローンを比較しました

355 views
約 9 分

所得証明書のいらないカードローンキャッシングをお探しの方、まずはこちらのチェックリストをご確認ください。あてはまる場合、所得証明書は不要です。

  • 1社のご利用限度額が50万円以内
  • 複数の貸金業者からの借入額の総額が100万円を超えていない

現在、正規の利息で商売する消費者金融会社、クレジットカード会社、信販会社などのノンバンク業態における個人向けのローンやキャッシングでは一定基準を超えた貸付けに対して、顧客の信用情報を照会し、また年収等を証明する資料を提出させることが法律で義務付けられています。

所得証明書を提出させるのは業者側の都合ではなく、顧客への過剰貸付けを防止するために2010年6月18日に完全施行された改正貸金業法(注1)によるものですから、正規の業者なら当然これに例外はありません。

その基準を具体的にいうと、

  • 自社からの借入残高が50万円超となる融資
  • または他社を含めたお借入れ総額が100万円超となる融資

を行う場合です。言い換えると顧客である私たちは、この基準(契約額50万円、借入総額は他社も含めて100万円)を超えない範囲でカードローンを利用している限り、所得証明書の提出を求められることはまずないでしょう。

銀行カードローンについては銀行法での貸付となりますので所得証明書を提出する法的な義務はなく、各金融機関が独自の基準で所得証明書提出の要不要を判断しているというのが現状です。したがって一般的に貸金業者と比較して所得証明書の提出基準は緩い傾向にあります。

(注1)正確には、改正貸金業法の規定のひとつ「総量規制」によるものです。

スポンサーリンク

契約額が50万円以下なら所得証明は不要

キャッシングの契約額が50万円以下の場合、原則として所得証明は不要です。消費者金融などのキャッシングで所得証明書のような収入証明書類の提出が必要になる方は以下の方です。

  • 今回の融資で他社を含めたお借入総額が100万円を超える方
  • 1社で50万円を超える契約を行う方
  • 「モビット」でお借入れを検討されている方

つまり他社のお借入れがほとんどなく、借りる金額もそれほど多くないという方については収入証明書の提出はありませんのでご安心ください。例外は「モビット」に申し込む場合で、モビットのキャッシングでは限度額50万円以内のご利用でも、契約時に収入証明書の提出が必要となっています。

契約額50万円以上で必要となる所得(収入)証明書

キャッシングの審査や増額申請で収入証明書類が必要な場合、以下の書類いずれか1通を提出します。

  • 給与明細(勤め先で取得)
  • 源泉徴収票(勤め先で取得)
  • 課税証明書(市区町村で発行、希望により随時取得可能)
  • 確定申告書
給与明細

職場で毎月もらう給与明細を収入証明書類として使うことができます。通常、直近2ヶ月分の給与明細の提出が一般的ですが「アイフル」と「アコム」については、直近1ヶ月分の給与明細でOKです。給与明細を収入証明書類として提出する場合の注意点については、記事の後半で説明しています。そちらも併せてお読みください。

源泉徴収票

会社員や公務員の方は12月の年末調整の時に職場で「源泉徴収票」を受け取っているはずです。小さな紙ですので紛失された方もいらっしゃるかもしれません。その場合は、職場の総務また人事に再発行を依頼します。

確定申告書

自営業の方は、確定申告の際の「確定申告書の控え」が手元にあると思いますから、そちらを提出するのが一般的です。

課税証明書

課税証明書は、1年間の所得とそれに対する住民税の課税金額を証明する書類のことです。所得金額も同時に記載されているため所得証明書」「収入証明書あるいは、逆に収入がないことも証明できるので「非課税証明書」とも呼ばれます。

課税証明書は呼び名がさまざまでわかりにくいですが、利用する機会は多いので過去に知らず知らずのうちに取得したことがある方もいるはずです。

たとえば、ローンの申し込みにだけにとどまらず、

  • 部屋を借りる
  • 子どもを保育園に入れる
  • 職場で扶養手当の申請を行う

こういったケースでも必要となる書類です。

職場で源泉徴収票の再発行を依頼したくない人、給与明細は捨ててしまっていますぐ手元に用意できない人には、「課税証明書」の入手がもっとも確実でおすすめです。

住民税の納税額が確定するのは6月なので、1月~5月に手に入るものはそれ以前、つまり2年前の内容となります。当然、最新年度のものとは言えませんが、まったく問題になることはありません。現段階で手に入る最新のものをご提出ください。

課税証明書は各自治体の役所で申請し、発行してもらいます。用意するものは、

  • 印鑑
  • 手数料(通常300円程度)
  • 免許証などの本人確認書類

※本人確認書類に使えるものは運転免許証のほかに写真付住民基本台帳カード、パスポート、在留カード、特別永住者証明書、身体障害者手帳などがあります。その他の方法としては、健康保険証、年金手帳、社員証のうち2つを組み合わせることで、本人確認書類として使えます。

住所・氏名・生年月日、使用目的など必要事項を記入した申請用紙を、役所の窓口で本人確認書類と一緒に提出します。申請にかかる費用は通常300円程度です。申請したその日にその場で発行してもらえます。

給与明細を収入証明書類として提出する場合の注意点

給与明細書を収入証明書類として提出する際の注意点をまとめています。

基本的には 直近2ヶ月分の給与明細と賞与明細書が必要になりますが、「アコム」と「アイフル」では地方税(住民税)の記載がある場合に限り1ヶ月のみで可となります。

[br num=”2″]

アイフル

直近2ヶ月分の給与明細書の提出が必要。地方税(住民税)の記載がある場合、直近1ヶ月のみで可となる場合もあります。

「発行年月」「氏名」「勤務先名」「総支給額」が明記されていない場合や手書き部分がある場合は、勤務先の社印もしくは社判が必要となります。


アコム

直近1ヶ月分の給与明細書の提出でOKです。「住民税(地方税)」の記載がない場合は直近2ヵ月分が必要です。 ※賞与明細書がある場合は直近1年分も提出。

給与明細書に「ご本人の氏名」「発行年月」「勤務先名(発行元)」「月収」が明記されていることをご確認ください。記載内容が手書きの場合、勤務先の社判または社印が必要です。 ※担当印のみでは受付けてもらえません。


プロミス

直近2ヶ月分の給与明細書と1年分の賞与明細書の提出が必要 ※賞与がない場合は直近2ヶ月の給与明細書のみ。


SMBCモビット

給与明細書を収入証明書として提出する場合は直近2ヶ月分が必要。 賞与支給のある方は年間の賞与額(夏・冬、各々)が確認できる賞与明細も必要になります。

[br num=”2″]

給与明細書の入手は手軽ですが、賞与明細書も必要となれば用意するのは大変です。現実的には、職場で申請できる源泉徴収票か、お住まいの市区町村で申請により取得できる所得証明書のほうが早くて確実です。

契約額が50万円以上でも所得証明不要のカードローン

高額借入でも所得証明を必要としないカードローンがあればそちらを選ぶほうがよいですよね? それでしたら銀行のカードローンキャッシングがおすすめです。

所得証明不要(50~500万円)の主要な銀行カードローンをまとめた表が以下になります。

[br num=”2″]

新生銀行カードローン レイク

貸付利率(実質年率) 4.5%~18.0%

最大500万円まで借りられる可能性があります。そのうち極度額100万円までは所得証明不要です。


みずほ銀行カードローン

貸付利率(実質年率) 4.0%~14.0%

最大1,000万円まで借りられる可能性があります。そのうち極度額200万円までは所得証明不要です。


イオン銀行カードローンBIG

貸付利率(実質年率) 3.8%~13.8%

最大800万円まで借りられる可能性があります。そのうち極度額300万円までは所得証明不要です。金利はテーブル制で、大きく借りればそれだけ低金利になるおすすめのカードローンです。


カードローン「バンクイック」

貸付利率(実質年率) 4.6%~14.6%

最大500万円まで借りられる可能性があります。そのうち極度額200万円までは所得証明不要です。


セブン銀行カードローン

貸付利率(実質年率) 15.0%

10万円、30万円、50万円から限度額を選べます。高額借入には向きませんが、所得証明書や本人確認書類などの書類提出自体が不要ですので、大変お申し込みやすい内容となっています。
※キャッシング契約における極度額という用語についてはこちらで解説しています。

所得証明不要のキャッシングを選ぶときのアドバイス

所得(収入)証明書のいらないキャッシングは具体的に何を選べばよいか、いまだに迷う方もいると思いますのでおすすめのカードローンキャッシングを状況別にご紹介します。

契約額50万円以下なら

契約額が50万円以下なら、そもそもの所得証明書の提出自体が不要です。必要な日に融資が間に合うところを選んでください。

審査から融資までが早く、お申し込みに手間がかからない点で大手消費者金融のカードローンはおすすめです。少額を短期で利用するぶんには、これほど使い勝手のよいローンはほかにみつかりません。大手消費者金融のカードローンキャッシングをご検討の方はこちらのカテゴリの記事が参考になるはずです。

融資が必要な日までに1~2週間の余裕があるなら、セブン銀行は比較的低金利で申し込みにかかる手間がないのでおすすめです。

契約額50万円以上でお急ぎの方

高額借入をお考えなら、金利が低い銀行カードローンを選ぶべき。急ぎの資金でしたら、みずほ銀行カードローンもしくはカードローン「バンクイック」を検討してみてください。こちらは銀行カードローンですが即日キャッシングにも対応しています。

低金利の銀行カードローンでおすすめは?

金利の安さで選ぶならイオン銀行カードローンBIGがダントツおすすめです。金利はテーブル制で大きく借りればそれだけおトクになる仕組みです。具体的には競合他社の銀行カードローンで100万円借りた場合、2桁台の金利となりますが、イオン銀行カードローンBIGなら1桁の8.8%で済みます。

所得証明不要のキャッシング

その安さ、実際に比べてみてください。ついでながら言うとイオン銀行カードローンBIGは区分としては”流通系のカードローン“ですから、銀行ローンなのに審査は通りやすいというのも魅力です。

[cc id=8676 title=”カードローン関連記事”]

スポンサーリンク

(最終更新:2018/03/25)

\ 今月売れてる! 注目のカードローン /

NEW!
インターネットで24時間受付! 50万円までのご融資なら来店不要です。更にスピーディーにご利用可能額がわかるから初めてでも安心です。実質年率4.5~17.8%! WEBなら最短1時間融資も可能! *平日14時までに契約完了の方
はじめての方に! アコムは30日間金利0円キャンペーン実施中♪ ≪実質年率3.0%~18.0%≫ ご融資額1万円~800万円! 来店不要でネットでお申し込みOK! WEBなら最短即日融資も可能です。