失敗したくない人のためのキャッシング"超"入門

カードローンは難解。だったらカードローンの知識を徹底的にわかりやすく! というサイトです。

4年前、ウマい投資話にだまされた

861 views
約 12 分

私は4年前に詐欺まがいの海外金融商品に手を出したことで多額の借金を背負いました。(その支払いにはとても苦労しました)

なんであんな話に乗ってしまったのだろうといまでも後悔しています。まさか自分はこの手の詐欺にひっかからないと思っていましたが、当事者の立場だと全く気が付かないものですね。

この体験談が少しでも他の人の役にたてばと思います。

具体的にどんな手口だったのかというものを説明する前に、まずは私の生活状況を知ってください。安易に上手い儲け話に引っかかってしまう人というのは、同じような背景を持っている人が非常に多いのです。

旅行代理店勤務25歳男性から寄せられた海外投資の失敗談を記事にしました。

投資は儲かると思って始める人が大半だと思いますが、そのリスクを想定しないと、いざ損をしたときにものすごく不愉快な思いをすることになります。

スポンサーリンク

私は4年前、詐欺まがいの投資商品にひっかかった

当時、私は社会人3年目でした。将来自分で起業をしたいと思っていたので、バリバリ仕事をするベンチャー企業に入社しました。

起業がしたいと言っても何か具体的なビジネスモデルを考えていたわけではなく、ただ起業をするという言葉に憧れていただけで具体的な行動はなかなか起こすことができませんでした。また会社は成長途中ということもあり、給料は安く、残業も日付をまたいだり、会社に泊まったりすることも頻繁にあるという生活をしていました。

このとき私は東京で一人暮らしをしておりました。家賃は高く、給料はほとんど生活費に消えて貯金はできません。仕事が忙しかったということで、友達と会う事もほとんどなく、会社と家との往復が続き心身ともに消耗しておりました。

起業について考えるということもほとんどできなくなっていました。

投資の勧誘はこのように行われる

ある日突然、疎遠だった友人から「今度会わないか?」というメールがきます。

その友人は2年ほど前に会ったきりで、たまにメールで近況を報告しあう程度。深い話をしたことはなく友人というよりもどちらかといえば知り合いといった感じの仲でしたが、職場以外で誰かと話しをすることがなかった私はコミュニケーションに飢えていました。休みの日を合わせてその友人と会う事にしたのです。

友人は私の2つ下で、就職していれば社会人1年目。しかし待ち合わせ場所に現れた彼は、パリッとしたスーツに身を包み、想像とは違ってずいぶんと大人びて見えました。

興味本位でどのような会社で働いているのかを聞いてみたところ、意外な答えが返ってきます。就職はせず、個人でコンサルティングをしているというのです。

勧誘の基本は2対1

起業に関心があった私は、彼がどんなコンサルティングをしているのか興味を持ちました。ただ、肝心の仕事内容については「クライアントのことは話せないんですよね」などと、はぐらかされてしまいます。結局、彼が具体的に何をして稼いでいるのかは教えてもらえませんでした。

その後は私の話になりました。自分の仕事のこと、将来のこと、不安や悩み、友人はそれらを丁寧に聞いてくれました。

友人は言います。

「将来、自分はどうなっていたい?」

「独立していたい。でもどうしたらいいのかわからない……」

「僕にもどうしたらいいかわからなかった時があったんですよね」

独立はしたいが、具体的に何をしたらよいかわからない、今何をすべきなのかわからない。そういった話をしたところ、自分が個人でコンサルティング業を開業するときに親身にアドバイスをしてもらった人がいるということで、よかったら紹介しますよという話になりました。

私にはその友人が輝いて見えました。「自分も起業したい。会社を辞めたい、時間の切り売りはもういやだ。見返してやるんだ」そう思ってしまったのです。

そうして後日、私と友人も交えてその方と3人で会う事になりました。話の流れがとても自然で、まさか自分が騙されるとは思いもしませんでした。

当時の私は独立するという事に対して無知でした。今の現状を変えられるなら……という気持ちが強くありました。自分に具体的なビジネスの構想があったなら、また違った結末になっていたのかなとも思いますが。

Aさん、友人との会話

こうして私は、友人の紹介するAさんという方と会う事になりました。(ここでは便宜上、紹介された人をAさんとします。以下Aさん)

待ち合わせ場所に指定されたのは渋谷のとある喫茶店でした。

ただいつも行くような安いチェーン店ではなく、コーヒー1杯が1,000円以上する高級な喫茶店でした。そのようなところに行ったことがなかった私は、恥ずかしい話、良い気分になり……自分も成功すればこんな世界が待っているのだ、とそんなことを考えていました。(今考えるとそれも演出の一つだったとわかりますが当時はその事に気づかず、ただただ浮かれていました)

席に現れたAさんは、見るからに高そうなスーツを着ており、見た目もお洒落。私はというと、量販店で買った、くたびれたスーツです。私にはAさんの姿が非常にまぶしく見えました。気押されている自分がいました。この時点ですでに向こう側に主導権があったと思います。

Aさんを交えた会話が始まりました。といっても話すのはほとんどがAさんです。Aさんの話す内容に対して友人が相槌を打ち、私に同意を求める(今思えば異常な状況です)。こちらが質問する隙を与えず、私はAさんの話をひたすら聞かされていました。

そのうち話は、私がなぜ起業したいのか、起業するためには何が必要なのかという内容になりました。しかし私は起業するといっても具体的な計画は持ち合わせておりませんでしたので、それならばまずはAさんから言われたとおりのことをやってみてはどうかということを友人に勧められました。

Aさんから色々な話がされましたが、要約すると、

  1. 起業するためには時間とお金が必要である
  2. 時間とお金さえ確保できれば、あとは自分の好きな仕事ができるようになる

以上の2点に集約されていたように思います。私はそのことに納得はするものの、どうすればお金と時間を得ることができるのか、具体的な方法がわからないでいました。

Aさんは話の最後に、「僕はね、そのための方法を知っているんだ。だから、全て任せてくれればいいよ」と言いました。

自分が欲している情報を無償で提供しようとしているAさんは非常に親切に感じました。

いつのまにか起業の話から、どうやってお金と時間を得るのかという話へと話題がすり替わっていましたが、そうなることは当然です。要はAさんは私の”楽してお金を得たい”という浅ましい心を見透かしていたのです。

絶対に失敗しない投資!?

具体的にはオフショア海外投資で”いいもの”があるという話をされ、その”いいもの”とは、「フレンズプロビデント」だと知らされました。そこ(フレンズプロビデント)に投資をすればお金が自動的にもらえて、時間が、自由が手に入るというにわかには信じがたいものでした。

私は投資について全く知識がなかったのですが、友人から紹介されたという安心感とAさんの仕事ができそうな雰囲気から、その頃には完全にAさんのことを信頼してしまっていました。

Aさんの口ぶりは次第に熱を帯びたものになりました。投資に回すための貯金が無いという話をすると、銀行や消費者金融からまとめてお金を借りればいい、と。さらに「この投資は失敗することはないし、万が一失敗したら私が責任を持って返す」とまで言うのです。

次第に”借金で投資してもよい”という思考になり、とうとう私は金融機関からお金を借りることになります。

お金を借りたことがなく不安そうな私に、Aさんは「僕の知り合いに融資コンサルティングをしている者がいるから紹介する」言われ、紹介された人のアドバイス通り、銀行や消費者金融からお金を借りる手続きをしました。(ちなみにその時借りた金額の20%を手数料として支払いました)

良くも悪くも騙されたことでカードローンの融資については詳しくなりました。こちらにそのとき学んだノウハウを投稿しています。

年収350万。楽天スーパーローンで高額借入するにはどうするか

借り回り3社目。アコムでお金を借りることはできるのか?

海外投資をした結末

金融機関からお金を借りた後、紹介された海外投資の代行会社を通してフレンズプロビデントに申し込み、契約。お金の運用を始めました。

最初はよくわからなかったものの、次第にどのようなタイプの投資なのかを理解し、そのありえない商品内容に愕然とします。フレンズプロビデントのオフショア投資は毎月積み立てる貯蓄タイプの投資でして、毎月一定額を積み立てて最終的に満期まで持ち続けなければなりません。解約すれば違約金が課され、積み立てたお金のほとんどは返ってこないのです。

時期を合わせたかのようにAさんとは連絡がとれなくなりました。

友人にももちろん連絡しましたが、友人もAさんに騙されていたと言われたので私ができることは何も無くなりました。調べてみると、仲介業者は顧客を連れてきた紹介者に一部利益の再分配しているという噂があることを知ります。これが本当ならば、そのやり口はマルチ商法そのものではないでしょうか。

“ウマい話”に引っかかる人の特徴2つ

当時の私の生活を思い返してみていえるのは、うまい話に引っかかりやすい人には特徴があるということです。

一つは起業を考えていたのに具体的なビジネスモデルを考えていなかったことです。

起業を考えること自体は全然悪くないのですが、起業をするためにはどんなビジネスで勝負をするのか考える必要があります。どんなビジネスで勝負するのかを考えていれば、投資の話がきたとしても自分のビジネスを優先しようという考えが働きますが、考えていないとお金に目がくらんで正常な判断ができなくなってしまいます。起業を考えているが具体的には何をするのかが決まっていないという人は投資の話を持ちかけられたとき十分注意してください。

二つ目は残業や安い給料によって心身ともに消耗をしていたことです。

当時、休日になるととにかく休みたくて夕方まで寝たり、深夜に食事をして翌日体調を崩してしまったりという状況でした。そのため会社の人以外と会う事はなく、友達と連絡をとることもありませんでした。このような状況になると常に孤独に苛まれ、その心のスキマを埋めてくれる人が現れた時にその人にすがってしまうことになります。あなたを利用しようとしている人は心の弱い人を狙うものなのです。残業が多かったり、給料が安いということは精神衛生上よくありません。親や信頼できる友達といった第三者の立場でいまのあなたの状況について客観的な意見をもらいましょう。もしかしたら転職等で、より条件のよい会社を探すといった解決の努力が必要かもしれません。自分からアクションを起こして相談することが非常に大切です。

最後に、相手の見た目に騙されないでください。詐欺師というものは身なりに非常に気を使うといいます。高い服、ブランド物の時計、高級そうな靴、そういった身につけているものだけで相手を信頼してしまうことはやめましょう。身につけているものではなく、言動や実際の行動を冷静にみて相手を判断することです。

借金してまでの投資で得られた教訓

ここまで私の体験談を紹介させていただきましたが、最後に投資に対する教訓を紹介したいと思います。

  • 自分の知識がないものに対して安易にお金を投資しない
  • 心身ともに消耗している時は心のスキができやすいので注意
  • 投資するときは損を承知で行うこと(損して困るお金で投資しない)
  • 久しぶりの友人からの連絡には注意する
  • 高い利率の投資は詐欺の可能性が高い

私が投資を通じて借金をしてしまった経験から得た教訓はこのようなものです。

もしあなたが「絶対に失敗しない投資がある」と持ちかけられた時は、いったん踏みとどまり冷静になってください。そうして少しでもこの話のことを思い出してもらえればと思います。

「絶対に失敗しない投資」はあります

投資を勧めてくる人はだれもが自信たっぷりに、「絶対に失敗しないから」と、まるで未来を見通したかのようなことを言う。言ったとおりにしないと、いつのまにか、無知で愚かな人生の負け組、という話にされてしまう。

でも絶対に失敗しない投資なんてない。ちょっと冷静になって考えればわかることだと思いませんか。

損を承知で楽しむのなら何も言うことはないけれど、普通の人が数百万も借金してまでやるものじゃない。

そう思います、はい。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。最後にあなたへ、確実に儲かる投資のご案内です。

話はかわりますが、最近、スゴイ投資を見つけました。

絶対、確実に儲かる投資です。
(どの口が言っているんだ? と思われるかもしれませんが、まあお聞きください)

  • 投資保証!

  • 100パーセント安全確実!

  • 利回り0.12~20.0%!

  • 税金なし!

  • 手数料なし!

  • 最低投資額の設定なし

  • 今すぐ、100円から始められる!

どうです? スゴイでしょう。

始め方は簡単です。クレジットカードやカードローンの負債を全額返済するだけ!

※リチャード・コッチの本に書かれていた内容ですが、読んだときは、なるほどと唸ってしまいました。期待した人はごめんなさい。

ではまた。

クレジットカードやカードローン、払えないときはどうするか

スポンサーリンク

(最終更新:2018/03/25)

\ 今月売れてる! 注目のカードローン /

NEW!
インターネットで24時間受付! 50万円までのご融資なら来店不要です。更にスピーディーにご利用可能額がわかるから初めてでも安心です。実質年率4.5~17.8%! WEBなら最短1時間融資も可能! *平日14時までに契約完了の方
はじめての方に! アコムは30日間無利息サービス実施中♪ ≪実質年率3.0%~18.0%≫ ご融資額1万円~800万円! 来店不要でネットでお申し込みOK! WEBなら最短即日融資も可能です。