失敗したくない人のためのキャッシング"超"入門

カードローンは難解。だったらカードローンの知識を徹底的にわかりやすく! というサイトです。

キャッシングの審査に落ちる?家計の効率的なファイナンス(資金調達)に必要な考え方

226 views
約 5 分

銀行や消費者金融、クレジット会社が顧客を信用してお金を貸すことを与信といいます。

与信審査とは、お金を借りに来た相手が信用に足る人かどうかを見分けることなのです。言うまでもないことですが、信用に足りない人は審査で落とされ、びた一文(いちもん)借りることはできないはずです。

不良な債務者は自分の信用がないことを棚にあげて、「困っているのになぜお金を貸してくれないのか」と、これを道徳的な観点から批判しますが、いざ貸す側の身になって考えれば、そうするに足る理由があることに気付きます。

スポンサーリンク

困っているのになぜ貸さない?

仮に見ず知らずの困っている人間に「お金を貸してほしい」と声をかけられたとします。道徳心の強いあなたは同情して財布のなかの、なけなしのお金を分けることにしました。

しばらく日が経ったころ、また同じように声をかけられます。

お金を借りるために並ぶ大勢の人

言われるがままにお金を貸し続けていたら早晩、お財布の中身は空になりますよね。空になってから気付くのを「お人好し」といいますが、たいていの人は、そうなるまえにお金を貸さないという判断をします。

ところが、あなたは性善説にもとづいてお金を貸すことをやめなかったとしましょうか。そのうち家の玄関に不良な物乞いの列ができるようになっているはずです。

この架空の物語の結末は決まっています。いずれ身ぐるみ剥がされて、あなたもその列の最後尾に並んでいるのです。

そこでは誰もが、口々にこう叫んでいます。

「困っているのになぜ貸さない!?」

与信審査の仕組み

消費者金融クレジットカード会社銀行は優良な顧客のなかにまぎれた不良な顧客を水際で止めようとします。でなければ、廃業するか潰れるかの選択を迫られてしまうからですね。

そのためにはまず、お金を貸して返ってくる相手かどうかを属性で見極めようとします。相手の信用度合いを測り、リスクに見合ったリターンを求めるか、少額のお金を渡し返済が滞らないかどうかをチェックするのです。怪しいと判断すれば、謝絶(しゃぜつ)ということになるのはご承知のとおり。

与信審査は通常以下の4項目に沿って行われます。

  1. 本人確認書類の提出
  2. 顧客の属性調査
  3. 勤務先の在籍確認
  4. 個人信用情報の照会

クレジット会社、銀行や消費者金融は提出された情報を年齢や職業、年収、家族構成などの属性に分け、個人信用情報を照会して過去に事故歴がないかを調べます。最終的にこれらを点数化して(スコアリング)リスク別に分けていくのです。

彼らも営利企業だから、存続のために経済合理的に行動します。つまり、お金を貸して返ってきそうな人には多く貸しますし、過去の統計に照らし合わせてリスクが高いと判断すれば、そのリスクに見合ったリターンを上乗せするか、少ない与信枠もしくはその両方をあわせたものを顧客に提示するのです。

ついでながら言うと、資金洗浄やテロ資金等の対策のために「金融機関等による顧客等の本人確認等に関する法律」、いわゆる本人確認法というものが2003年に制定されました。現在ではこの法律は適用範囲を広げて「犯罪による収益の移転防止に関する法律」として存在しています。

これにより、ほぼすべての金融機関で口座開設の際には本人確認が義務付けられていて、運転免許証などの本人確認ができる公的証明書の提示(あるいはネットや郵送)が必要になりました。

犯罪収益移転防止法の解説|JAFIC

家計の効率的なファイナンス(資金調達)に必要なこと

お金を調達することをファイナンスといいます。これはやってみるとわかりますが、本人の信用度合いによって借りられる額が変わってきます。

家計における効率的なファイナンスのためには(銀行や消費者金融、クレジット会社からのキャッシングを検討しているなら)、できるだけ信用度の高い顧客属性グループに入っているうちに、与信審査を受けたほうが有利です。

たとえば職業でいうと、

公務員 > 正社員 > 自営業  > 自由業  > 派遣社員  > アルバイト・パート  >> 主婦  > 学生  > 日雇い派遣、ニート、無職

の順に信用度が高く、下流に行くほどまとまった額のお金を借りるのは難しくなります。

キャッシュディスペンサーからカードでお金を借りる男性

左から右に属性が変わるような、たとえばサラリーマンが独立して自営業になる場合や、共働きの夫婦どちらかが退職して主婦(主夫)になる場合に、退職前にあらかじめ審査の厳しい銀行カードローンやクレジットカードに申し込んだり、与信枠を多くもらうため借りる予定のない消費者金融のカードローンに申し込みをしたりするのは、効率的なファイナンスを行うための、いたって合理的な行動です。

借金で大事なのは余裕ですよ。借金は借りる必要がないときに借りて堅実に返済し、信用を積み上げておくべきものなのです。真面目な人ほど借金は汚いと考え、これを必要以上に避けますが、本当に借金が必要になったときにそういう真面目な人に残されている選択肢は思いのほか少ないものです。

借金に綺麗も汚いもありません。あるのは、上手な借金と下手な借金だけです。あなたはこの先、どちらを選びますか?

関連リンクあなたにベストなキャッシング・カードローンはこちらからお探しいただけます

関連リンク今すぐ10万円のお金を借りるならどこを利用するのが賢い選択か?

関連リンクここだけの話、即日キャッシングってブランドで選ぶべきなんです

スポンサーリンク

(最終更新:2018/03/25)

\ 今月売れてる! 注目のカードローン /

NEW!
インターネットで24時間受付! 50万円までのご融資なら来店不要です。更にスピーディーにご利用可能額がわかるから初めてでも安心です。実質年率4.5~17.8%! WEBなら最短1時間融資も可能! *平日14時までに契約完了の方
はじめての方に! アコムは30日間金利0円キャンペーン実施中♪ ≪実質年率3.0%~18.0%≫ ご融資額1万円~800万円! 来店不要でネットでお申し込みOK! WEBなら最短即日融資も可能です。