失敗したくない人のためのキャッシング"超"入門

カードローンは難解。だったらカードローンの知識を徹底的にわかりやすく! というサイトです。

消費者金融カードローンの審査待ち時間を数分に短縮する方法

452 views
約 6 分

審査待ち時間を究極短くしたければですね、免許証等の本人確認書類を持って消費者金融の店頭に行くといいですね。やりようによっては審査待ち時間10分キリますので。

無人機やネットの申し込みではこうはいきません。

無人機やネットの申し込みはオペレーター(アルバイトや派遣)が対応します。その内容は接客マニュアルや融資規定に沿ったものになりますので、悪く言えば融通が利きません。対して店頭では社員が柔軟に対応します。

無人機やネット申し込みでダメなのに店頭契約なら審査待ち時間が短くなります。なぜでしょう?

答えはノルマです。

オペレーターにはノルマがありませんが、社員にはノルマがあります。「新規契約のノルマ」「貸付金のノルマ」「歩留まり率のノルマ」などです。だいたいどの会社もそうですが1ヶ月、半期、1期で査定があります。

※写真はイメージです

ノルマ未達の社員はボーナス減額や降格といった処分が下されるのでタイミングによっては融通を利かせるケースもでてきます。過去には某大手消費者金融の窓口申し込みで8分後に融資を引き出したツワモノもいるそうです。

競馬とか競艇、競輪等々なんでもいいでしょう。消費者金融の店頭契約で審査待ち時間を最短にするには、店内入って、

「次のレースに間に合うなら借りたいのですが……10分でいけますか?」

とでも言うとよいかと思われます。

とにかく窓口の社員に、いまこのタイミングで融資しなければ客を逃すと思わせればいい。

ついでに健康保険証も提出できるとなおいい。社保(社会保険証)なら確実に限度額は上がります。

スポンサーリンク

消費者金融の来店契約は敷居が高いと思っているあなたへ

来店契約を煩(わずら)わしいと感じる人はWEBで完結するWEB申し込みが便利です。誰にも会わずにお金を借りたい人は無人店舗の自動契約機で契約するという手もありますね。

表は大手カードローン各社の審査待ち時間(公式サイトより引用)を比較したものです。

大手の審査はだいたいどこも最短30分前後で回答という結果でした。これはこれで十分早いと思います。当然ここに記載された待ち時間はあくまで目安で、借り入れが多かったり、他社を延滞していたり、収入が不安定だったりと、微妙な属性の方の審査待ち時間は長くなる傾向にあります。

大手カードローンの審査待ち時間

カードローン 審査待ち時間
新生銀行カードローン レイク 申し込み完了画面に表示(注1)
セブン銀行カードローン 最短10分
プロミス(注2) 最短30分
SMBCモビット 最短30分(注3)
アコム 最短30分
アイフル 最短30分
三井住友銀行カードローン 最短30分
三菱東京UFJ銀行 バンクイック 最短30分
ソニー銀行カードローン 最短60分
イオン銀行カードローンBIG 原則即日回答(注4)
みずほ銀行カードローン 最短即日
オリックス銀行カードローン 最短即日審査可能(注5)
じぶん銀行カードローン 最短でお申込日の当日
楽天銀行スーパーローン 当日~2営業日の間にご連絡

(注1)お申込み後の画面で審査結果をご確認いただける時間は8時10分~21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分~19時)です。
(注2)「プロミス」はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社のブランドです。
(注3)申込みの曜日・時間帯によって翌日以降の取り扱いになる場合があります。
(注4)原則14時までのお申し込みは即日回答いたします。
(注5)オリックス銀行カードローンは契約(完了)後、最短即日融資も可能です。

ただ、審査待ち時間が短ければそれだけ早く借りられるかというとそう単純な話にはならないところにカードローンの難しさがあります。

たとえばセブン銀行カードローンは審査10分となっていますが、申し込みと同時にセブン銀行の普通預金口座を開設しなければなりません。口座をお持ちでない方の実際の利用はキャッシュカードが届く2週間先ということになります。審査待ち時間が短いからといって実際の融資も早いとは限らないのです。

審査待ち時間が短いカードローンは?

一般的に審査待ち時間は、

消費者金融≧銀行>信販会社

以上の順となっています。

さらに消費者金融でも独自の与信システム(スコアリングモデル)を確立しているところが早いです。具体的にはプロミス、アコム、レイク、アイフルでしょうか。ちなみに消費者金融業界でスタンダードシステムとなっている与信システムはプロミスが開発しました。モビットはプロミスの与信システムを共有しています。

少数ですが銀行カードローンのなかには審査最短30分、即日融資に対応しているものもあります。これは消費者金融を傘下に与信システムを共有している結果です。

消費者金融か、あるいは銀行カードローンか

どんな商売であれ、同じ条件で物を売るなら値段が高いよりも安いほうがいいに決まってます。

銀行カードローンは消費者金融よりも年率で3%前後金利が低く、また銀行は消費者金融とくらべても信用力もブランド力も抜群です。

ただしそのぶん消費者金融と比較して銀行では、より慎重な審査、言い換えると”顧客の選別が行われる”と考えるべきです。実際、なんだかんだで時間がかかるのが銀行カードローンですから。

こちらもどうぞ。即日融資も可能なカードローンについておすすめをまとめた記事になります。

即日融資のカードローン

スポンサーリンク

\ 今月売れてる! 注目のカードローン /

NEW!
インターネットで24時間受付! 50万円までのご融資なら来店不要です。更にスピーディーにご利用可能額がわかるから初めてでも安心です。実質年率4.5~17.8%! WEBなら最短1時間融資も可能! *平日14時までに契約完了の方
はじめての方に! アコムは30日間無利息サービス実施中♪ ≪実質年率3.0%~18.0%≫ ご融資額1万円~800万円! 来店不要でネットでお申し込みOK! WEBなら最短即日融資も可能です。