失敗したくない人のためのキャッシング"超"入門

カードローンは難解。だったらカードローンの知識を徹底的にわかりやすく! というサイトです。

知らない人は損している。正しい「おまとめローン」の選び方

いま抱えている複数のローンの支払いが生活の負担になっていませんか?

それだけではなく、察するに1ヶ月の間に融資の本数分だけ返済期日があるでしょうから、A社の返済が終われば次はB社の返済…と心休まる暇がないのでは?

返済に疲れたビジネスマン

計画的な借り入れのはずが、些細なきっかけで調子を崩してしまうことは往々にしてあるものです。こういうときに、真面目な人ほど不調のサインを見逃して無理をしますよね。

そうして「気付いた時には手遅れ」になってしまうのです。

スポンサーリンク

月々の金利の支払いが手取り月収の2割を超えたら

ローンはいくらまで借りても大丈夫か? この質問よくあるのですが、ぶっちゃけて言うと「人それぞれ」です。なぜなら、その人の収入や使える余裕資金の多寡(多い少ない)、利用するローンの金利、それにいつまでに完済したいか? など、個人の事情や思惑がさまざま絡み合う複雑な要因で成り立っているからです。

ひとつ例をあげるとすれば、消費者金融やクレジットカード、カードローンでのキャッシングの業界では、あるボーダーラインを超えた人を特に警戒すると言っています。それは、「月々の金利の支払いが手取り月収の2割を超えた人」です。

キャッシングなどのローンの支払いに充ててよいのは、基本的に手取り月収から衣食住の生活費を引いた、あくまで余裕資金のみ。

ローンの金利支払い額が月収の2割を超えると、少しずつ生活に余裕がなくなります。この状態で急な出費が続けば生活資金が足りなくなり、とたんに人生の歯車が逆回転を始めてしまうのです。

自分のいまの月々のローン返済額を把握していますか? まずはこれを把握してみてください。次に、自分の月々の収入に占める金利の支払い額の割合をみましょう。危険信号が灯るボーダーラインを超えそうではないですか?

おまとめローンで完済に向けて走りだす女性

もしそうなら、いま借りている高い金利のローンをひとつにまとめて低い金利のローンに乗り換えることで、返済総額を減らすことができます。

結論から言うと、完済を目指せる銀行ローンは東京スター銀行「スターワンバンクローン」です。申し込みはネットで完結! もちろん来店不要。

月々の返済額も減るので、家計のキャッシュフローにも余裕ができて生活がずっと楽になります。

おまとめローン、借り換えローンを選ぶときのポイント

ローンは契約ですから返済の義務があります。返済に抜け道はありません。

しかしながら、完済までの正しい道はあります。そのことについて、これからお話します。

返済までの正しい道のり イメージ図

ローンの借り換え、おまとめローンを検討されている段階で最も重要なのは金利です。高金利のローンをまとめて、より金利の安いローンに乗り換えたいあなたは少しでも条件のよい「おまとめローン」を契約しなくてはいけません。

これをわかりやすく言うと、「いま借り入れしている業者のワンランク上を狙う」ということになります。つまり、消費者金融やクレジットカード会社の債務であれば、銀行の「おまとめローン」に申し込むのです。

しかしながら、金利面で有利なワンランク上の業者で新たに借り入れするというのは、思いのほか難しいのです。

融資の際、多くの業者が重要視するポイントは安定した収入があることですが、たとえば正社員ではなく契約社員派遣社員の方は高い確率で審査に落ちます。それは身分が不安定だからです。

過去にクレジットカードや消費者金融の支払いを延滞したことがある人もおそらくダメでしょう。そのあたりとても厳しいのです。

ほかには、勤続年数が3年に満たない人も苦戦します。勤続年数1年未満は言うまでもありません。

こうしてみると、現実に選べる「おまとめローン」は人によってはずいぶんと限られてしまうという印象です。おまとめローンを検討している余裕がない人は貸し倒れのリスクが高く、銀行のような大手はどこも安易に貸したがらないからです。

おまとめローン、借り換えローンは新しい銀行が狙い目

おまとめローン、借り換えローンには大手消費者金融や銀行が参入しています。消費者金融の「おまとめローン」は銀行と比べて簡単に審査が下りますが、それは高い貸し倒れ率を見越し、リスクプレミアムを上乗せした金利なのです。

銀行は金利が有利なぶん、貸し倒れ率を低く抑えなければなりません。必然的に審査はとても厳しくなることを覚悟してください。

東京スター銀行のおまとめローン「スターワンバンクローン」

東京スター銀行は東京都港区赤坂に本店がある地方銀行です。銀行としては比較的新しい部類に入ります。

設立からそれほど経っていない、東京スター銀行のような新しい銀行は預金者の獲得を必要としていますから、顧客獲得圧力が常にかかっています。

東京スター銀行の「おまとめローン」を利用する条件のひとつに「東京スター銀行の口座を開設すること」とありますが、これは債務を抱えた人が「おまとめローン」で借金を完済したのちも、健全な預金者として資産運用等で引き続き東京スター銀行を利用してくれることを期待しているからなのです。

審査に受かるには

東京スター銀行おまとめローン「スターワンバンクローン」のそもそものコンセプトが「会社のリストラや給与カットで仕方なく生活補填のためにキャッシングしたサラリーマンを対象に作った『おまとめローン』」ですから、審査で受かるには真面目な生活ぶりをアピールすることが大切です。

当然ですが審査にあたって「ウソ」は絶対にいけません。信用情報は信用情報機関を通してすべて共有されているので、調べればいくらでもわかってしまうのです。

それなのになぜ申告させるかというと、「ウソ」をつく不真面目な顧客を審査で落とすためです。

審査に受かるコツをまとめると、

  1. コンセプトを理解して真面目な生活ぶりであることをアピールする。
  2. 「ウソ」はつかない。他社での借入状況は包み隠さず申告する。

以上の2つです。

スポンサーリンク

「スターワンバンクローン」を選ぶ10のメリット

東京スター銀行のおまとめローン「スターワンバンクローン」には以下の条件を満たせば申し込めます。

  • 満20歳以上、65歳未満の方
  • 安定した収入のある方
  • 年収200万円以上の方

当初は自宅を担保にする有担保型ローンでしたが、2006年から信用保証会社が間に入ることで自宅等の担保がなくても申し込めるようになりました。

東京スター銀行のおまとめローン「スターワンバンクローン」を選ぶ10のメリットです。

  • 保証人は不要。
  • 契約社員、派遣社員の方でもOK!
  • 勤続年数1年未満でも申し込めます。
  • 過去に何度か延滞をした方でもお申込みいただけます。
  • 限度額1,000万円まで「おまとめ」します。複数日にまたがっていた他社の返済日がひとつになることで心理的な負担を減らせます。
  • 300万円までなら再度借り入れも可能!
  • すべてのローンをまとめる必要はありません。ご希望のローンのみを「おまとめ」します。
  • 繰り上げ返済可能です。しかも繰り上げ返済手数料などありません。
  • 収入印紙代以外の手数料が無料です。
  • ネット完結! 来店不要でお手続きができます。

スポンサーリンク

東京スター銀行のおまとめローンに申し込む女性のイメージ図

東京スター銀行「スターワンバンクローン」なら、これからのローンも「おまとめ」できる

返済が進めば借入残高は減っていきます。そこで追加の借入を他社から行うと融資の本数が増えますから毎月の返済額が増えてしまいます。

たとえば100万の融資を月5万ずつ返済していたとします。残額が50万円になったところで追加で50万を新たに借り入れて月25,000ずつ返済すると、借入総額は以前と同じ100万なのに返済額は月75,000円と増えてしまいキャッシュフローを圧迫します。

これを避けるには自己資金50万を用意して残額一括で繰り上げ返済し、新たに100万の融資を受ければよいのですが、そのためには自己資金が必要になってしまいますし、有利な条件のまま借りられるとは限りません。

東京スター銀行の「スターワンバンクローン」では追加の融資も300万の枠内で何度でも可能ですから、いままでのローンも、これからのローンもすべて一本化(おまとめ)することが可能になります。

返済途中で急に資金が必要になった場合でも、もう他社から借り入れる必要はありません。スターバンク銀行「おまとめローン」の有利な金利でファイナンス(資金調達)が可能になります。

いまある借金を減らすためには、現在借りている業者のワンランク上を狙ってローンを一本化(おまとめ)することが大切です。借入業者を絞ることができればリカバリーのチャンスも増えますので、あきらめないで申し込んでみることです。

[br num=”2″]

スポンサーリンク

スポンサーリンク