失敗したくない人のためのキャッシング"超"入門

カードローンは難解。だったらカードローンの知識を徹底的にわかりやすく! というサイトです。

千葉興業銀行カードローン「リリーフ」のメリットとデメリットまとめ

269 views
約 17 分

千葉興業銀行 ちば興銀 千葉市本店

カードローン「リリーフ」は千葉興業銀行が提供する個人向けキャッシングサービスです。

千葉興業銀行について最低限の説明をしておくと、千葉県千葉市に本店を持ついわゆる地方銀行です。「ちば興銀」の愛称のほうがよく知られているかもしれません。

東京都中央区にある東京支店を除いては、2016年6月現在で全71店舗すべてが千葉県内にあります。

カードローン「リリーフ」の申し込みを検討するにあたり押さえておきたいポイントは2つです。

  1. 原則としてお申し込み対象となるのは「千葉県内にお住まいもしくは勤務先のある方」です。
  2. 千葉興業銀行がはじめての方は(口座をお持ちでない方は)、来店契約が基本です。

というわけで県外の方、または来店契約が煩わしいと感じる方がこの先を読むメリットは薄いでしょう。

スポンサーリンク

千葉興業銀行カードローン「リリーフ」お申し込みと審査のポイント

ここでは、千葉興業銀行カードローン「リリーフ」に申し込む際に知っておきたい情報についてまとめています。公式サイトでも分かりづらい部分については、実際に窓口に問い合わせて確認を行いました。

千葉興業銀行カードローン「リリーフ」の貸付条件等

実質年率 4.5%~14.6%(変動金利型)
借入限度額 最大500万円
審査回答 3営業日前後
融資までの目安 1週間~10日
申し込み対象 20歳以上、60歳未満の方
保証人・担保 不要
所得証明書 お借入限度額100万円までは不要
借りる 銀行・コンビニATM
返す 口座自動引き落とし、銀行ATM、店頭窓口
分割払い 月々1万円~

千葉県民向けのカードローンです

千葉興業銀行は県外に支店をほぼ持たない地域密着型の銀行です。

冒頭でも触れたようにカードローン「リリーフ」にお申し込みできるのは、千葉興業銀行の営業地域内に住居か勤務先のある人に限られます。これは要するに、千葉県民向けのローンサービスだということです。

県外では唯一、東京都中央区に支店がありますので、こちらでお取引できる方もお申し込み対象にはなります。ただし利便性の面で積極的にはお勧めできません。

たとえば本カードローンでの任意繰り上げ返済には千葉興業銀行のATMを使う必要があります(コンビニATMからは繰り上げ返済できない!)。

県外の方が「リリーフ」を利用されるメリットは少ないと思います。

会社経営者、個人事業主、年金生活者の方は利用不可

申し込みエリアの制限の他にもうひとつ、申込み対象者の制限があります。無駄足としないためにも先にチェックしておきましょう。

「リリーフ」は銀行カードローンのなかでもお申し込み対象者の制限が厳しい印象です。具体的には、会社経営者・個人事業主・年金生活者の方は、本カードローンをご利用いただけません。フリーランスなどの方は他社カードローンを検討しましょう。

借入限度額は30万円までと制限はありますが、専業主婦、パート・アルバイトの方は問題なくお申し込みいただけます。

審査回答までにどれくらいかかる?

カードローンを利用するためには「与信審査(保証会社の審査)」を通過する必要があります。年収や扶養家族、他社ローンの利用状況等のいわゆる属性から総合的に判断し、「返済能力がある」と認められればクリアです。

初めのうちは「与信審査」と聞くとなんだかハードルが高そうにも思えますが、いまの現状を包み隠さず申告するだけで。あとの判断(適正なお借り入れ額の判断)はしてもらえるのでまずは申し込んでみることです。

与信審査の結果がどのくらいで分かるのかについては、千葉興業銀行に確認を取りました。

審査結果が出るのに通常どのくらいの時間がかかりますか?
(申し込みを)お受けしてから3営業日ぐらいとなっております。

電話で審査結果の連絡が来ます。自宅固定電話と携帯電話両方を登録した方はどちらに通知してもらうか選ぶことができます。

融資までのスピードはどのくらい?振込融資はできるの?

次に気になるのが融資までにかかる日数です。借入れを急いでいる場合など、ローンカードの到着を待たずに振込融資サービスをしてもらえるのかどうかについても聞いてみました。

審査結果が出てからご融資までにはどのくらいの時間がかかりますか?
まず(お申し込みを)お受けして3営業日前後でお客様に審査結果のご連絡をさせていただきます。

それで、承認の場合ですね、ご来店もしくはご郵送でのお手続きとなりますが、郵送ということですと書類が行ったり来たりするのにお時間がかかりますので、それで特に問題がなければ1週間~10日で「リリーフ」のカードをお客様のところに郵送させていただきますので、そのカードがお手元に届いてからのご利用となります。

千葉興業銀行に口座がない場合は、(郵送ではなく)来店での契約が必要なので注意しましょう。
融資を急ぐ場合の「振込融資」はできますか?
リリーフはカードローンとなりますので「カードがお手元に届いてから」のご利用となります。一方、フリーローンもありまして、こちらが「お客様のお口座に入金になる」一度限りのローンということになります。

カードローンの方では振込融資は行っていないので、フリーローンの方をご利用くださいとのことでした。

フリーローンについても少し説明しておくと、こちらは希望額を一括で融資するタイプのローンです。多くの場合、口座に入金された融資額全額を1週間程度の期限内に全額引き出すように指示されます。

資金用途や必要額が事前に決まっている場合はフリーローンを選択したほうが金利が若干安くなりますしお勧めですが、追加の借入ができない点に注意が必要です。

対してカードローンは、カード利用者の返済能力に応じた利用限度額が設定され、その範囲内で繰り返しお借り入れと返済ができる使い勝手のよいローンです。お借り入れしなくともOKで、当然この間の金利支払いは発生しません。

フリーローンの方が、融資までの時間は早いのですか?
そうですね。カード発行にはお時間がかかりますので、カードローンですとフリーローンよりもお時間がかかってきます。

千葉興業銀行「リリーフ」は同社フリーローンとの同時申し込みが可能ですので、カード到着が待てない場合はフリーローンと合わせて申し込むということでもよいかもしれません。

ただしこうした重複の申し込みは本来あまりお勧めできない申し込み方法です。

理由は、短期間で複数ローンに申し込むと「資金繰りに困っているのかもしれない」と判断され、与信額の減額や、あるいは審査が通らず否決といった結果にもつながるからですね。

複数ローンを短期間に申込んだ情報は個人信用情報機関に都度記録されます。これは今後のローン審査やクレジットカードの申し込みに影響がでる可能性があるということでもあります。

千葉興業銀行カードローン「リリーフ」お申し込み方法と必要書類について

千葉興業銀行カードローン「リリーフ」のお申し込みの流れをここではご紹介します。

結論から述べるとWebのみで契約は完結しません。

口座をお持ちの方もカードローンの正式契約のために来店もしくは郵送で契約を結ぶ必要があります。

お申し込みの時点で千葉興業銀行の預金口座をお持ちでない方は、与信審査の結果連絡後に別途「口座開設」の手続きが必要となります。こちらは店頭窓口での契約のみとなります。郵送では行えませんので注意してください。

お申し込み方法は4種類

お申し込み方法は「インターネット」「電話」「FAX」「店頭窓口」の4つから選べます。

インターネット申し込み
ネット環境が使える方は、24時間年中無休で受け付けているインターネット申込みが便利です。
電話申し込み
電話はフリーダイヤルでかけられますが携帯電話からはフリーダイヤルでかけられず、通話料が発生します。受け付け時間は平日9時~21時、土日9時~17時です。年末年始と祝日はお休みです。

実際に携帯電話の方から「リリーフ」のお申し込み・相談窓口にかけてみたところ、電話は5コールほどで直接担当者の方に繋がりました。

電話口に出たのは40代くらいの女性の方で優しい口調ですごく丁寧な対応でしたが、細かい質問をしたときに、その回答を待つのに2分ほどの時間がかかり(フリーダイヤルが使えない)携帯電話からだったので通話料が心配でした。
FAX申し込み
FAXでのお申し込みはインターネットと同じく、年中無休で24時間受け付けています。申込み書は公式サイトからダウンロードして、プリントアウトができます。もしくは千葉興業銀行の店頭・ATMコーナーから入手できます。(もっとも店頭に行けるのであれば、そのまま窓口で申し込んだ方が早いです)
店頭窓口
千葉興業銀行の店頭窓口、もしくはローンプラザでもカードローンの申込みが可能です。銀行窓口が開いているのは平日9時から15時までです。ローンプラザの方であれば平日10時~18時、土日祝日10時から17時まで開いていますので、平日に時間が取れない方はローンプラザに行くと良いでしょう。

ローンプラザは千葉市中央区、柏市柏、船橋市の3箇所あります。ローンについて専門スタッフと相談しながらお申し込みがしたい、という場合にはお勧めです。

本人確認書類以外では、所得証明書・収入証明書は必要?

カードローンの契約時には「本人確認書類」が必要です。来店契約の際は、運転免許証や健康保険証、パスポートなど、本人確認に使える書類をお持ちください。郵送契約の場合は、本人確認書類の写しを提出します。

では「所得証明書も用意しなきゃ駄目なの?」というのは気になるポイントですので、千葉興業銀行に確認を取ってみました。

所得証明書や収入証明書は必要ですか?
リリーフの場合ですね、30~100万円までは所得確認資料は必要でないのですけれども、200万円~500万円になりますと所得確認資料が必要となってまいります。

リリーフはお申し込み時に、借入限度額を7つのコースから選ぶことができます。このとき「30万円・50万円・100万円」のコースは所得証明書が不要で「200万円」より上のコースですと所得証明書が必要となってくるそうです。

リリーフには年収条件があり、例えば200万円のコースに申し込むためには「年収400万円以上」の所得証明が必要となります。詳しくは次の段落にまとめています。

借入限度額は7つのコースから選べる

借入限度額は30万円~500万円までの7つのコースから選ぶことができます。(お申し込み時に「希望の借入限度額」を選択します)

希望限度額が大きい方が借入れ利率は低くそのぶん有利になりますが、もとめられる年収条件は厳しくなります。カードローン「リリーフ」の借入限度額と金利、および年収条件は次のとおりです。(2016年6月15日現在)

借入限度額と金利、および年収条件

借入極度額 年収条件 金利
30万円 なし 年14.6%
50万円 なし 年14.6%
100万円 なし 年11.5%
200万円 400万円以上 年7.5%
300万円 600万円以上 年7.5%
400万円 800万円以上 年5.5%
500万円 1000万円以上 年5.5%

200万円を超える枠を申し込むためには「借入限度額の2倍の年収」が必要となりますが、それでも希望額借りられるとは限りません。

通常、地方銀行のカードローン審査(保証会社の審査)では4つの属性(年収、職業、勤続年数、他社借入れ)がもっとも重視されます。このあたりの属性にマイナス評価がないことが大前提です。

年収が低くとも公務員がいちばん有利なのは間違いがないでしょう。地元の有力企業にお勤めの会社員も審査では優遇されます。ただし勤続年数が1年未満だと審査はかなり厳しいものになります(ただし公務員は除く)。その他では、他社借入のある方は限度額の減額措置を、件数の多い方は謝絶(融資お断り)となったケースが多かったように思います。

目安としてどれくらい借りられるの?

実際に申込んだ方の口コミを集めていますが、年収が極端に低い場合だと100万円はおろか30万円でも厳しいという印象です。

ある30代女性の方の融資の例をあげると、その方は月収7万に満たないくらいの方でしたが融資極度額10万の可決だったそうです。

こういった極端に年収の低い方は普通、地方銀行のローン審査には通らないものなんですが、おそらく安定した職業(公的機関の嘱託職員)で勤続年数が3年以上あったこと、千葉興業銀行の口座を持っており、かつ給与振込口座に指定していたこと、口座に多少の預金があったこと、これらが審査に有利に働いたものと思われます。

100万円以下の場合は”年収条件なし”となっていますよね。これを額面通り受け取ると、年収が少ない人でも100万までは問題なく借りられると思ってしまいますがそうではありません。あくまで審査にプラスとなる諸条件が揃い、かつマイナス項目がなかった場合のレアなケースだと思ってください。

実際にいくら借りられるかというのは、個々の申込者の背景にもよるものなので一概には申し上げることはできません。しいて言うなら、年収の2~3割程度を目安にみておくとよいと思います。たとえば年収150万のフリーターなら40万程度でしょうか。

千葉興業銀行カードローン「リリーフ」のメリット・デメリット

千葉興業銀行カードローン「リリーフ」のメリットは次のとおりです。

  • 全国のコンビニATMでお借入れ可能
  • 提携銀行ATMではATM手数料が「割引き」となる
  • 困ったときにローンプラザで相談ができる
  • 専業主婦・アルバイトの方でも利用できる

以下それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

全国のコンビニからもキャッシング可。手数料割引きもあり

カードローン「リリーフ」はお借入れができるATMの種類が多いです。千葉興業銀行のATMはもちろん、コンビニATMからもキャッシングできます。具体的に下記のATMが使えます。

  • 千葉興業銀行
  • みずほ銀行、横浜銀行、東京都民銀行、常陽銀行、筑波銀行、山梨中央銀行
  • 武蔵野銀行、銚子信用金庫・館山信用金庫
  • イオン銀行、ゆうちょ銀行、ビューアルッテATM
  • セブン銀行、ローソンATM、イーネットATM(ファミリーマート・サークルKサンクスなど)

このように使えるATMの幅が広く、全国どこからでもキャッシングできるのが魅力です。ATM手数料は108円~216円の所定の金額がかかりますが、ちば興銀と提携しているみずほ銀行や筑波銀行などでは「ATM利用手数料割引き」が適用されます。

たとえば、「みずほ銀行」や「筑波銀行」ですと、平日営業時間内のATM手数料が無料となり、時間外手数料も108円へと半額に割引きされます。

千葉興業銀行のATMをあまり利用しない方でも、提携先金融機関のATMを使えば無料もしくは割引き価格の手数料でキャッシングができます。

手数料についても念のために、問い合わせ確認を行いました。

ローンカードのATM手数料は、千葉興業銀行の「キャッシュカード」利用時と同じですか? 提携銀行(みずほ銀行など)の「ATM利用手数料割引き」も適用されますか?
お引き出しできるのはコンビニ等の提携ATMもしくは提携金融機関のATMなんですけれども「上限で108円」が手数料の金額ということになります。ただし1万円以下のお借入れの場合ですね。(手数料割引きの適用される)みずほ銀行などの提携銀行の場合は、キャッシュカードと同じ扱いになりますので、営業時間内であればリリーフも(キャッシュカードと)同じ手数料となります。
つまり、みずほ銀行(提携銀行)の営業時間内ATM手数料は「無料で」ということですか?
はい‥ということになりますね。

キャッシングにおけるアドバイスを受けられる

すでにお伝えしたとおり、休日でもローンについての相談・お申し込みができる千葉興業銀行のローンプラザがあります。

カードローンのような金融サービスには一般の消費財・サービスと比較して「よくわからない」「興味がもてない」「失敗するのがこわい」という顧客心理があるものです。大半の人はキャッシングはできれば避けてとおりたいけれどそうもいかないといった事情があるはずです。

千葉興業銀行には、このような顧客心理をふまえたサービスがあります。困ったときに相談に行ける窓口があるのは心強いですよね。もちろんローンプラザの方からカードローンのお申し込みをすることもできるので、お困りの方はぜひ積極活用しましょう。

デメリット

千葉興業銀行カードローン「リリーフ」のデメリットは次のとおりです。

口座開設が必要

冒頭で述べたとおり、原則としては千葉県在住の方向けのサービスとなります。また「千葉興業銀行の預金口座開設」は必須なので、メインバンクをすでにお持ちの方だと、不必要に口座数が増えてしまいますので、管理の手間が増えるといった点でマイナスです。

お申し込みの時点で口座を持っている必要はないのですが、審査後に契約するためには「来店」をして口座開設と合わせてカードローンを申し込む必要があります。

対象年齢、対象者が限られている

お申し込み対象年齢は20歳以上60歳未満となります。会社経営者、個人事業主、年金生活者の方はお申し込みができず、企業でサラリーマンとして働かれている方がメインターゲットとなるローンサービスです。

他社カードローンのなかには65歳(あるいは70歳)を上限とする商品もあることを考えると、千葉興業銀行「リリーフ」は対象年齢の幅が狭いと感じました。

任意繰り上げ返済に対応するATMが限られている

提携するコンビニATMでも任意返済は可能ですか?
お引き出しに関しましてはコンビニや提携先ATMからできますが、任意返済に関しましては当行(千葉興業銀行)のATMからのみとなります。

まず普通の返済方法は、リリーフの場合「預金口座からの自動引き落とし」となります。毎月10日の返済日に、口座から月々1万円~が返済金として引き落とされます。

これとは別に、任意での繰り上げ返済も可能ですが千葉興業銀行の窓口もしくは銀行ATMからでしか任意返済はできません。

千葉興業銀行カードローン「リリーフ」のまとめ

カードローン「リリーフ」は、生活圏内に千葉興業銀行の本支店がある、またはもうすでに千葉興業銀行とお付き合いがあるという方にのみお勧めできるカードローンです。県外の方がその他の選択肢を蹴ってまで申し込むカードローンではありません。

千葉興業銀行を普段使いされている方であれば、馴染みの銀行という安心感もあり、お申し込みしやすいカードローンだと思います。

はじめての方は、どのみち来店契約は避けられないのでインターネットで申し込むよりもお近くの店舗窓口に出向いて直接ローンについての相談をしたほうが手間がないです。

そもそも地方銀行は、営業区域外の人がなんとなく金利が安いからといった理由でローンを組んだりするところではありません。地方銀行はあくまで地域に根ざした金融サービスを提供するという立ち位置の銀行なのです。

このあたりを理解すれば、カードローンの申し込み対象地域に制限をかけている点、預金口座開設にあたり来店をお願いしているあたりなど少しは理解できるのかなと思います。

スポンサーリンク

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

\ 今月売れてる! 注目のカードローン /

NEW!
インターネットで24時間受付! 50万円までのご融資なら来店不要です。更にスピーディーにご利用可能額がわかるから初めてでも安心です。実質年率4.5~17.8%! WEBなら最短1時間融資も可能! *平日14時までに契約完了の方
はじめての方に! アコムは30日間金利0円キャンペーン実施中♪ ≪実質年率3.0%~18.0%≫ ご融資額1万円~800万円! 来店不要でネットでお申し込みOK! WEBなら最短即日融資も可能です。