失敗したくない人のためのキャッシング"超"入門

カードローンは難解。だったらカードローンの知識を徹底的にわかりやすく! というサイトです。

キャッシングとは?

459 views
約 6 分

現在、個人にお金(現金)を貸してくれるところで一般的なのは銀行、クレジット会社、消費者金融の3つでしょうか。

ATM キャッシングする女性

細かい説明抜きでいうとキャッシングとはクレジットカードやカードローン会社のローンカードを使い、提携先ATM(現金自動預払機)やキャッシュディスペンサー(現金自動貸出機)からお金を下ろすことです。

正確には、キャッシングとは、「消費者信用(注1)における取引形態の種別のひとつで、定義として「直接金銭を貸し付けるもの」をいいます。

(注1)消費者信用とは、消費者の”信用”を最大の担保として貸付を行う金融サービスのことです。これは商品やサービスを後払いで販売する「販売信用」と、金銭を直接貸し付ける「消費者金融」から成っています。アコムやアイフル、プロミスなどは細かくいうと「消費者金融」というカテゴリーのなかの「消費者金融会社」というくくりでで、じつは銀行の無担保融資事業(いわゆる銀行カードローン)も厳密には消費者金融のカテゴリーに含まれます。

スポンサーリンク

キャッシングの利点

カードローンのキャッシングで得られるお金は基本的に使いみち自由なお金です。

たとえば住宅ローンのお金は住宅購入資金として借りるものですから生活費の補填などには使えません。同じようにマイカーローンや教育ローンといった目的別ローンも最初から使用使途が決められています。金利が低いぶん審査は通常、時間をかけて行い、貸し倒れリスクが少ないことを十分に確かめます。審査結果によっては断ること(謝絶といいます)もありえます。そのため急な資金には向きません。

キャッシングにはこういった資金使途の制限はありませんし、審査に時間もかかりません。キャッシングは急な出費に対応できて、使いみちに関してうるさく言われないことがメリットなのです。

逆に言えば、資金が必要な日までに時間の猶予があり、かつ最初から使いみちが決まっているならその目的に沿ったローンを組むのが基本です。キャッシングを検討する必要はないと思います。

銀行カードローンでキャッシングするのがいちばんいい。でも困ったことに‥

銀行カードローンのキャッシングは信販会社や消費者金融などのノンバンクのキャッシングと比較して3%~4%有利な金利となっているのが特徴です。

ご存じのように銀行は、金融庁の監督のもと銀行法に則(のっと)って営業し、私たちから預金という名目で商売の元手となるお金を集めることが許されています。対して消費者金融会社や信販会社(いわゆるクレジットカードの発行元)といったノンバンクの業者はそれができません。

必然的に金利は前者のほうが安く、後者のほうが割高です。わかりやすくいうと消費者金融会社やクレジットカード会社は商品を180円で売っているのに対して銀行は同じ商品を150円で売っているということになります。

キャッシングとは?

これは極論だけども目的が”お金を借りること”だけなら、どこから借りても同じです。どこもやっていることは同じで顧客の信用情報をみてリスクに応じた金利を設定し、お金を貸すだけですから。

サービスや接客等の付加価値抜きで考えるとその違いは利息くらいなものなので、究極突き詰めてシンプルにすると私からのアドバイスはたった1行で済んでしまいます。私からのアドバイスはこうです。

キャッシングするなら、いちばん利息の安いところを選びましょう。

同じ商品なら安いほうが絶対にいい。

でも困ったことに、彼らもまた顧客を選ぶ権利を持っているから話は往々にしてややこしくなります。

手持ちのクレジットカードのキャッシング枠でキャッシングするのが最も簡単で手っ取り早い

クレジットカードのなかには、現金が引き出せるキャッシング機能付きのカードがあります。この機能はたいていカード入会時に申し込むようになっていますが、あとから付け足すことも可能(注2)です。

一般にクレジットカードのキャッシング利息は実質年率15.0%~18.0%で限度額は10万~50万程度です。支払いはマンスリークリア(翌月一括返済)が基本ですが、リボ払いに変更して毎月少しずつ返済することもできます。

キャッシング枠の契約があるクレジットカードをすでにお持ちであれば、そちらをまず先に使ったほうが新たにカードローンに申し込むよりも契約の手間がありません。クレジットカードをお持ちの方は多いと思いますので、今すぐお金が必要でキャッシングをご検討の方はまずはお手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付いていないか確認してみるのも一つの手だと思います。

過去、クレジットカード申し込みのときに知らず知らずのうちにキャッシング枠にも申し込んでいた、という方は案外多いです。

クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠に含まれていることが大半です。普段のお買い物でクレジットカードを頻繁に使用される方は、ショッピング枠がキャッシング枠を圧迫していることが多く、いざキャッシングしようとしたときに十分な額のお借入れができない可能性が高いので注意が必要です。

(注2)クレジットカードのキャッシング枠を後から追加する場合、事前の審査が必要になります。

消費者金融でキャッシング

金利が安い業者がよい業者。ここに議論の余地はありません。

銀行はその絶大な価格競争力と銀行の持つ圧倒的な信用力、ブランドイメージをもって消費者向けの個人ローン市場で圧倒的なシェアを獲得し、既存の消費者金融を市場から駆逐してしまうはずでした。

現実はどうなっているかというと、現在でも多くの方がプロミスやアコム、アイフルなどの消費者金融を利用し続けています。

その理由は、さまざまな角度から説明できます。消費者金融なら、

  • 申し込みに手間がない(少ない入力項目で簡単審査、加えて口座開設不要でお取引が可能)
  • 審査は最短30分からで、とにかく時間がかからない
  • 最短1時間の即日キャッシングが可能。要は、その日にその場で借りられる
  • 内入弁済(都合に合わせた繰り上げ返済)が可能
  • 利息は利用した日数分だけの日割り計算。月末一括払いが基本のクレジットカードと比較して支払う利息を節約できる
  • 他社お借入れあり、パート・アルバイトといった属性の不利な方でも借入れが可能
  • ローンカードの使い勝手がいい
  • サービス内容がとにかくわかりやすい(職場の在籍確認不要あるいは、無利息期間があるなど)

私は学生時代に経済学を学びました。経済学においては、すべての市場参加者は経済合理的に行動すると仮定されています。

しかし現実にはどうでしょうか。金利の安い銀行カードローンのシェアは消費者金融のシェアを超えるには至ってはいませんよね。金利が安いのは銀行なのに!

何を言いたいかというと、”誰もが損得を基準にした経済合理性だけで行動しているわけではない”ということです。もしあなたがカードローンでのキャッシングを検討されているなら、一度思い込みを捨てて、すべての内容を確認したうえで公平に判断してみることをお勧めします。

人はなぜカードローンキャッシングを利用するのか。経済学的に正しい借金の心理

スポンサーリンク

\ 今月売れてる! 注目のカードローン /

NEW!
インターネットで24時間受付! 50万円までのご融資なら来店不要です。更にスピーディーにご利用可能額がわかるから初めてでも安心です。実質年率4.5~17.8%! WEBなら最短1時間融資も可能! *平日14時までに契約完了の方
はじめての方に! アコムは30日間無利息サービス実施中♪ ≪実質年率3.0%~18.0%≫ ご融資額1万円~800万円! 来店不要でネットでお申し込みOK! WEBなら最短即日融資も可能です。