アコムやプロミスなどの消費者金融や銀行のカードローンのキャッシングで、いったいいくらまで借りられるか知りたいと思う人は多いです。

まずは参考までに、大手消費者金融の最大融資限度額をみてください。

大手消費者金融の融資最大限度額

モビット800万円
アコム800万円
アイフル500万円
プロミス500万円

「えっ、すごい! こんなに借りれるの?」と思われるかもしれませんが、残念なことに最高額まで借入できる人は全体のほんの一握りです。というのもこの融資限度額いっぱいの、たとえば500万円を借りるためには貸金業法の総量規制をクリアできる年収として少なく見積もっても1,500万円は必要になるからです。

総量規制とは

総量規制とは「改正貸金業法(2010年6月18日に完全施行された、消費者金融などの貸金業者の業務等について定めた法律)」の条文で定められた多重債務を防ぐための規定のひとつです。

一言コメント一言コメント

総量規制により、個人が貸金業者から借金できる総額が年収の1/3までに制限されるようになりました。

お借入れの総額が年収の1/3までに制限されるということは、年収300万円の人が借りられる金額は100万円までとなります。

年収450万円の人は150万円までの借入れが可能です。

年収100万に満たないパートタイマーであれば、多くとも30万程度しか借りられません。

個人信用情報情報機関を通して他社利用状況は把握されていますので、数社に分けてたくさん借りようとしても借入額の合算が行われ、結果は同じです。

貸金業者からは、年収の1/3以上は絶対に借りられません。

生活資金等の一般の用途である限り、年収の1/3以上借りることはできませんので、インターネットの検索等でムダに時間を費やすことのないようお願いします。

銀行カードローンには総量規制が適用されない

総量規制が適用されるのは、貸金業者から個人が借入れする場合のみとなります。貸金業者というのはお金を貸す業務を行っている財務局又は都道府県に登録をしている業者で、一般には消費者金融やクレジットカード会社(クレジットカードのキャッシング枠のみに適用)のことです。

消費者金融のカードローンが「貸金業法」での貸付けを行うのに対して、銀行のカードローンは「銀行法」での貸し付けです。適用される法律が違うため、銀行カードローンには総量規制は適用されません。

大手銀行カードローンの融資最大限度額

三井住友銀行カードローン800万円
オリックス銀行カードローン800万円
イオン銀行カードローンBIG800万円
新生銀行カードローンレイク500万円
三菱東京UFJ銀行カードローン500万円

銀行カードローンなら、年収の1/3以上借りられる可能性があります。

クレジットカードのショッピング枠も総量規制の対象外

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠という2つの枠があります。このうち総量規制が適用されるのは、現金を引き出せるキャッシング枠です。対してクレジットカードのショッピング枠は総量規制の対象外です。

たとえば、お買い物の精算時に、

  • クレジットカードのリボ払いや分割払いで代金を支払う
  • クレジットカードのキャッシング機能を使い、ATMから下ろした現金で代金を支払う

この2つ、どちらもやってることは同じですが、適用される法律が違うのです。ここでいったん、キャッシングに関連する法律をおさらいしておきましょう。

割賦販売法
クレジットカードのショッピング枠に適用される
貸金業法
消費者金融のカードローンキャッシングやクレジットカードのキャッシング枠に適用される
銀行法
銀行カードローンのキャッシングに適用される

消費者金融から借り入れできる総額は総量規制の範囲内、つまり年収の1/3までです。銀行カードローンは総量規制の対象外なので高額借入できる可能性があります。

ただし現実には、

銀行も消費者金融も融資額にそこまで差はありません。

なぜなら銀行カードローンの保証会社はグループ企業の大手消費者金融だったりするからです。

初回のキャッシング契約では、いくら借りられるのか?

現実に借入できる金額はいくらなのか?

結論からいうと、実際に申し込んでみないことにはわかりません。というのも与信審査はブラックボックス化しているうえに、その中身は複雑系のスモールワールドだからです。

与信審査では年齢や住所、既婚かどうか、家族構成や勤務先の規模、業種、勤続年数、持ち家か賃貸か、その居住年数はどれくらいか、といった多岐にわたる項目に点数を付ける「スコアリング」という統計的手法を用います。

たとえば蓄積した膨大な顧客データから統計的に導き出された以下のようなデータ(注1)があるわけです。

  • 20代の若者は貸し倒れしにくい
  • 同居家族が4人以上の人はまじめに返済する
  • 勤続年数が半年未満の人は失業しやすい
  • 既婚男性に融資する場合、妻との年齢差がないほど融資が焦げ付きにくい

(注1)スコアリングのノウハウは各社、利益の根幹をなしているため、その全容が一般に知られることはまずありません。ここで紹介しているのはあくまでごく一部です。

これに、JICCやCIC、全銀協などの信用情報機関に照会して得られた信用情報を加味して顧客の融資限度を測り、最後は人が(融資担当者が)目視で最終的な判断をします。

目安は年収の10%

キャッシング 初回でいくら借りられるかの目安

「今すぐだと、いくら借りられるのか」

この問いに答えることは、さまざまな個別の要素が複雑に絡まり合った結果を予測することと同じで不可能です。

それでも何らかの結論がなければ行動できないという人はいるでしょうから知っている範囲でお答えしますと、消費者金融・銀行カードローンともにカード発行時の利用可能な限度額は年収の10%程度が多いようです。ただし、パート・アルバイト、水商売などの属性が不利な方は限度額10万スタートになります。年収300万前後の派遣、契約社員、OLでは、10~20万スタートでしょうか。

年収350万以上の正社員で属性に問題がなければ、消費者金融の場合20万~30万で可決されることが多いようです。これが銀行カードローンなら若干上がるかな‥という程度です。正直そこまで変わりません。

ここまで、いずれのケースでも他社お借入れがないことが条件です。

年収600万以上の人には融資しない!?

年収600万以上の方は、消費者金融で希望額の融資を受けることは難しいかもしれません。銀行カードローンを選びましょう。

過去に、ある大手消費者金融の幹部が「わが社では年収600万円の人には融資をしない」と発言しました。「年収が600万円もあるのに消費者金融でローンを申し込む人は、たいていは生活自体が破綻している可能性が高い」、というのが理由です。

大手消費者金融が共同で調査を行ったところによると、新規顧客の81.2%が年収「500万円未満」で、「400万円未満」は65.3%、「300万円未満」41.9%となっていました。

調査の結果をみても、こうした平均以上の年収の人が消費者金融の主たる顧客ではないことは明らかですね。

それは自分にも借りられるカードローンか?

ぶっちゃけこの業界は上流から下流へ、いわゆるカスケード(注2)方式で成り立っているので、「自分の年収×信用力」だとどのあたりにチャレンジするのが妥当なのかを客観視して判断できると余計な迷いがありません。

審査の難易度については、

銀行≧大手消費者金融>>中小消費者金融

審査の難易度は基本的に利用限度額の大きさに比例しますので、最初から少しでもたくさん借りたい方はできるだけ審査の厳しいところから順に挑戦するとよいでしょう。

(注2)カスケードというのはスペイン語で、階段状に何段にもわたって流れ落ちる滝のこと。それをワンストップの金融サービスに当てはめてカスケード方式という。

大手消費者金融
年収が多いほうが審査では有利だと言われていますが、消費者金融に限ってはあてはまりません。実際には20代~30代前半までの、年収は200~400万未満の層が最も優遇されます。初回貸付額は大手で10万~20万。ノンバンク全盛期と比較してずいぶん渋い印象はあります。ただ本人確認書類のみで即日20万近く借りられるのですから十分でしょう。初回貸付額が低めなぶん、いったん信用力高めと判断されたあとの限度額の伸びは抜群です。
銀行カードローン
属性に問題がなく、正社員で年収が300万以上あれば審査は楽勝で通ります。利用するカードローン会社(銀行)の預金口座をメインバンクでお使いなら、それは与信審査の際にかなり有利に働くでしょう。口座を持っているだけではダメで、生活資金の流れがあることが重要です。ある程度の預貯金があればなお可。

カードローンを利用する目的は”融資を受けること”ですが、大前提として契約の成立がなければなりません。各社が公表している最大限度額を鵜呑みにして青写真を描くのは危険です。「いくらまで借りられるか」、の前に「それは自分にも借りられるものか」を重視しましょう。