原則、カードローンの借入審査で「職場への在籍確認」は避けては通れません。

プロミス公式サイトでは、

『お勤めの確認』ってどういうことをするの?
「ご本人様がお勤めされている事」の確認のため、お勤め先にお電話させていただきます。
お客さまのプライバシーに十分配慮し、担当者個人名にておかけしますので、ご安心ください。プロミス名でご連絡することはありません。

このように記載があります。やはり在籍確認は必要ということですね。しかしプロミスは口コミを集めるなかで、在籍確認が不要となったケースをちらほら聞く。

事実、今回の口コミをいただいた申込者さんはプロミス審査時に在籍確認が行われなかったそうです。

一言コメント一言コメント

プロミスの審査で在籍確認は実務上、必ず行われるものなのでしょうか?
(これについての答えは記事の後半でお答えしています)

──いつ頃のお申し込みでしたか?
平成26年10月28日火曜日です。時間帯は午後1時でした。

ネットで事前に申し込み、その後に店頭でローンカードを受け取りました。

──プロミスの有人店舗に出向いたということで、ちなみにどちらになりますか?
北海道札幌市中央区に「プロミスお客様サービスプラザ」があります。

たまたまここが家から近くてですね、直接店舗へ行ってみようと思い立ちました。

──なぜプロミスを選びましたか?
既に他社からの借り入れがあったので、審査が不安という気持ちがありました。プロミスと契約している知人から、「返済が遅れたときでも、プロミスは顧客への対応が丁寧」と聞いており、次に借りるならプロミスと決めておりました。

谷原章介さん、勝地涼さん、柄本時生さん、森カンナさん出演のテレビCMで印象に残っていたというのも大きいです。

──差し支えない範囲でお答えください

  1. 年齢:20代前半
  2. 性別:男性
  3. 居住地域:北海道札幌市
  4. 年収:手取り360万円(額面支給450万程度)
  5. 職業:IT・ソフトウェア開発
  6. 職種:技術職
  7. 職位:一般
  8. 会社規模:100人
  9. 勤続年数:6年
  10. 既婚/未婚:未婚
  11. 居住形態:賃貸
  12. 居住年数:1年未満
  13. 他社借入件数:2件
  14. 他社借入額:100万円
  15. その他ローン(住宅ローン等):なし
  16. 資金使途:生活費

──キャッシングの経緯を教えてください
東京から北海道へ転勤となりまして、引越し費用に20万ほどかかりました。そのぶん生活費が足りなくなり、プロミスから借り入れをさせてもらいました。

──他社借入件数2件とありますが内訳はどのようになりますか?
当時、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」と消費者金融のモビットからそれぞれ50万円ずつ、計100万円の借入がありました。

  1. バンクイックから50万借入(平成22年7月申し込み)
  2. モビットから50万借入(平成24年4月申し込み)

──希望額はいくらで申し込みましたか?
プロミスは3社目になるのでさすがに与信審査は厳しいものになるだろうという予想がありまして、できるだけ限度額は少なく、10万円の希望額で申請しました。

──申し込みの流れを教えてください
プロミスの店舗(お客様サービスプラザ)へ行く前に、ネットで事前申し込みを行いました。

申し込みが終わってすぐに携帯に申し込みの意思確認の電話がかかってきまして、そこでついでに近隣店舗の営業時間や必要書類などについても聞きました。あとはそうですね、少人数の職場なので在籍確認はどうしても避けたかったんです。そういったことも相談しました。

オペレーターは女性の方で、非常に丁寧な印象を受けました。こちらは借金をお願いするという低い立場なのに、プロミスは最後まで「お客様」という接客です。大変好感が持てました。

さて、「プロミスお客様サービスプラザ」に入店し、ローンの事前申し込みをしたことを伝えるとすぐに背の高いガラスのついたてで仕切られた個室カウンターへ通されました。店内には社員さんでしょうか、男性が4名ほど。あとは若い女性が1名という感じでした。とても明るい雰囲気で居心地のよい空間でした。

さきほどの若い女性の方が担当してくださり、用件を伝え簡単な書類の記入とあらかじめ準備していた収入証明(給与2か月分)、免許証のコピーを提出しました。

事前のネット申し込みで10万円での希望を伝えておりまして、最終的な審査をしてもらいその場でカードを発行してもらうことができました。店内入ってから15分かかりませんでした。事前にネットで申し込みをして、必要書類もすべて準備していた点がスムーズな審査につながったと思います。

一言コメント一言コメント

プロミスはお申し込みの希望額が50万円まで収入証明書の提出が不要となっており、大半のケースで本人確認のための運転免許証を提出すれば契約は可能となっています。

ただし他社借入件数がある場合は慎重な審査が必要なため、給与明細2ヶ月分等の収入を証明する書類の追加提出を求められる場合もあるようです。

──事前のネット申し込みで在籍確認について相談したということですが
はい。(在籍確認を回避できないかと)相談しました。

少人数の小さな職場なので電話がかかってくること自体珍しいというか。なにより新しい職場ということもありますし……あれこれ詮索されるのは避けたいという気持ちがありました。

「会社の人間に消費者金融の在籍確認だと勘繰られると、働きづらくなる」と。そういうことも正直に打ち明けて相談しました。

こちらの要望(在籍確認をされては困る)については、

「当社では原則、職場への在籍確認はさせていただいておりますが今回はお客様に事情がおありということで、わたしどものほうでも職場への電話連絡をするかについてあらためて判断をさせていただきたいと思いますがいかがでしょうか」

このように返されたと思います。

──その後、プロミスで在籍確認はありましたか?
結局、職場に電話連絡はきませんでした。

普段、外線がかかってくることのない職場ですので個人宛に電話がかかってきたらすぐにわかります。したがって在籍確認はなかったものと思われます。

他社に申し込みをした経験から言いますと、基本的にはローン審査で「在確」は避けては通れません。しかし私のような事情で職場に電話されては困る方もいるはずですよね。

みなさんもぜひあきらめずに、「在籍確認」について相談してみてください。誰もが同じように対応してもらえる(在籍確認なしで審査に通る)とは思いませんが、本当に困っていることが伝われば、相手(プロミス)も配慮してくれるのではないかと思います。

──審査結果を教えてください
契約額は希望どおり10万円でした。実質年率は17.8%です。

──契約後に利用限度額の変化はありましたか?
1ヶ月ほどで10万円の限度額をすべて使い、サイト上から増額申請したころにすぐに電話がありました。

「限度額50万円まで増額できますのでしませんか?」というもので、わたしとしては増額しておきたかったので「お願いします」という簡単なやりとりでした。

すぐに審査があり、折り返しの電話にて既に増額したのでご利用可能ということを聞きました。

プロミス契約後の増額申請はログイン後の会員サービスページで可能です。上記の画面へ入力して進みました。(スクリーンショットは現在の会員サイトのもの)

──総合評価
プロミスを利用するメリットは、すべてにおいてサポートが行き届いているということです。

接客も丁寧で所要時間や審査の詳細説明をしてもらったうえでの契約でしたので、安心して待つことができました。電話サポートもいつ掛けても丁寧な方が多いので教育が行き届いているということも感じました。

デメリットは、唯一あるとすればサイト上でのキャンペーンやポイント制度に関するメールや通知が多いという点です。ただ、不要な方はメールを受け取らないという設定もできますので、設定をOFFにすれば問題ありません。

今回の「プロミス」口コミ・評判について

ひと昔前はインターネットでのローン契約締結は法律で認められていませんでした。最終的には店頭に出向く必要があり、あくまで最初のとっかかりとしての位置付けだったのです。しかし時代は変わり、法律も改正されて現在はローンの申し込みからカード発行まですべてWEBで完結できるようになりました。(書類の提出もケータイ・スマホで撮った画像データを送信するだけです)

インターネット申し込みのほうが誰にも会わずに済みますし、やりとりも少なく、結果スピーディーにお金を借りられるとあって店頭に出向く人は少ないようです。

さて店頭申し込みではひとつ注意点があります。

「知り合いに会いたくない、見られるかも……」

そんな不安から、あえて近所ではなく遠く離れた店舗に出向いて申し込む方がいるかもしれません。しかしこれはNG。審査に少なからず影響がありますのでやめましょう。

なぜかって?

審査では自宅住所を申告しますよね。審査する側としては「なんで住んでいるところの近くで申し込まないの?」と疑問を抱くからにほかなりません。

疑問は疑問を呼び、ひいては申告内容の整合性を細部まで確認する(時間のロス)ということにつながります。

なぜプロミスは「在籍確認なし」で契約できたのか?

次に、なぜこの申込者さんがプロミスで在籍確認が行われなかったのかを考察してみることにしましょう。

(支払いに問題のある顧客の)ブラック情報は個人信用情報機関を通し、金融業界で共有されておりますが、ホワイト情報(優良顧客の情報)は共有されていないというのが常識です。しかし個人的にはですね、おそらくホワイト情報の交換はあったものと思うのです。

「えっ!? いったいどいういうこと?」

はい。ひとつずつ説明します。

この方は2年前に三井住友銀行グループの「モビット」と契約しています。

そして今回のSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)も三井住友フィナンシャルグループなのです。(この業界に詳しい方ならもうお気づきでしょうか)

じつはモビットはプロミスのスコアリングシステム(与信システム)を共有しているんですよ。ということはつまり、プロミスはモビット契約時の個人情報を把握しており、したがって「職場への電話連絡なし」でも融資は可能と判断したものと思われます。

「ではプロミスもやっぱり在籍確認は必要なんですね?」

はい、やはり基本的には在籍確認は避けては通れないものです。(ということになっている)

でも実際には様々なケースで、プロミスの与信審査における”職場への電話連絡なし”のケースを口コミとして聞いているんですよね。

一言コメント一言コメント

というわけで実務上はどうなのか? プロミスさんに確認してみました。職場への電話連絡の件に関して、

「ご本人様の事情によりですね、電話での在籍確認について特にご要望がある方もいらっしゃいますので。申し込みが完了した段階でオペレーターにご相談くだされば”柔軟に対応できるケースもある”ということになります」

このように回答をいただいています。

PROMISE(プロミス)

プロミスの即日キャッシングが進化しました。必要書類は免許証のみ(注1)。最短60分で土日祝日でもカードは即日発行。はじめての方はお借り入れしたその日から30日間利息0円(注2)と大変使いやすい内容です。

おすすめ

(注1)限度額50万円以内なら免許証のみで契約可能です。
(注2)30日間無利息をご利用の方はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

申込みが不安な方、まずはお借入診断でチェック!

プロミス3項目3秒診断

「まずは借りられるか、事前に知りたいのですが……」

そんなあなたへ、まずはパソコン・ケータイ・スマートフォンから利用できる3項目3秒のお試し診断を試してみましょう。生年月日、年収、他社借入金額を記入するだけで、結果がすぐに表示されます。

お試し診断で入力した項目は、本審査にそっくりそのまま引き継がれますのでムダにはなりません。

一言コメント一言コメント

必要なときだからこそ、プロミスのスピード審査で当日中のご融資を可能に。
あるいは融資枠を作っておけば、急な資金が必要なときでも安心です。