数年に1回とはいえ忘れた頃にやってくる車検費用は家計の重い負担です。うっかり忘れていて「車検費用が足りない」と慌てる人も多いのではないでしょうか。

車検費用をキャッシングする女性

車検が切れてしまうと自分で車を修理工場に持ち込むことができなくなるので、後日あらためて車検に通そうとしたときに車を引取ってもらったり、仮ナンバーを申請したりする必要がでてきますよね。これってかなり面倒です。

それに、なにより生活の足がなくなるのはとても困ります。雨の日の送り迎えや、通勤、これからどうします? スーパーの買い物に使っていたのに来月からは使えないって不便じゃないですか?

たしかにカードローンで車検費用をキャッシングするのは、あまり気分のよいものではないかもしれません。でも、車検が切れて運転できなくなったり、本格的に故障して車に乗れなくなったりせずに済みます。日々の生活でストレスを抱えることもありません。長期的な視点でみれば、メリットのほうが大きいはずですよ。

とりあえず車検のみ通して車が使える状態を維持しておき、家計に余裕ができた頃にあらためて部品交換や修理を行うということにしてはいかがでしょう。

低金利で選ぶなら

車検までに余裕がある場合は、銀行カードローンが低金利なのでおすすめです。

カードローンの取り扱いがある大手銀行
商品名実質年率
新生銀行カードローンレイク4.5~18.0%
オリックス銀行カードローン1.7~17.8%
じぶん銀行「じぶんローン」3.9~17.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
4.6~14.6%
三井住友銀行カードローン4.0~14.5%
みずほ銀行カードローン4.0~14.0%

なかでもイオン銀行カードローンは流通系のカードなので審査が通りやすいです。そのうえ、業界でも話題になるほどの低金利を実現! その金利差をぜひこちらで比べて実感してみてください。

銀行カードローンで適用される法律は銀行法ですから、総量規制(借金できる金額を年収の1/3までに規制する法律)の対象外です。貸金業法のもと営業する消費者金融のカードローンと比較して多めの金額を借りられる可能性があります。ですから、まとまった額の融資(50万円以上)を希望される方が積極的に検討されています。

総量規制について詳しくはこちらの記事をご確認ください。

参考リンクキャッシングでいくらまで借りられるか

銀行カードローンなら所得証明不要!?

消費者金融のキャッシングは通常、融資希望額が50万を超えた時点で収入証明書類(所得証明書など)の提出が必要となりますが、銀行のカードローンではその基準が緩いです。

参考リンク所得証明不要のキャッシングについて

いますぐお金を借りる! 審査の通り易さや融資までのスピードで選ぶなら

銀行のローン審査が不安な方、審査に受かる自信のない方にピッタリのキャッシングは大手消費者金融のカードローンです。気になる金利ですが、キャッシングが初めての方については、じつは銀行カードローンよりも有利な条件で借入れが可能だったりします。

はじめてなら、銀行カードローンよりも有利な金利で借りられる

消費者金融でのキャッシングが初めての方、以下注意深くお読みください。銀行カードローンよりも有利な金利で借りられます。

公式ホームページを見るカップル

はじめてのキャッシングで選ぶ消費者金融は、アコムやプロミスのようにメガバンク傘下のいわゆる大手系ブランドがおすすめです。なぜならこういった大手系ブランドの消費者金融には、初めてキャッシングする方に適用される30日間の無利息サービスがあるからです。そのメリットについてこれからお話します。

※プロミスの30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

3ヶ月以内に返済するならプロミスはいかがでしょう? 金利負担は通常の半額にできます

大手消費者金融の実質年率は各社そこまで変わりません。100万以下の借入額であれば、概ね18.0%でしょうか。

たとえばプロミスで10万円借りたとします。3ヶ月後に完済した場合の支払い利息の総額は通常約2,980円になりますが、最初の30日間が無利息なら以下、表のようになります。

回数返済額通常の利息30日間無利息なら
134,3271,483円0円!
234,327996996
334,326501501
累計102,9802,980円1,497円にDown↓

※10万円を利息上限の17.8%で借入して3ヶ月で返済した場合のシュミレーション結果
※30日間無利息サービスの利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

はじめてご利用になる方に限り、そのうち最初の1ヶ月分の利息を無料にできます。そのことを踏まえたうえで、あらためてシュミレーション結果を見てください。支払う金利は2,980円 → 1,497円へとDOWN↓ するのがご理解いただけるのではないでしょうか。

要は、通常の支払い利息が半額になるので大変おトクです。

やり方は簡単ですよ。プロミスは、はじめての方に30日間金利0円サービスを用意しているので、そちらを利用するのです。10万円を3か月以内に返済する場合でも、同じくプロミスがよいです。30日間無利息サービスを利用した場合で金利を引き直し計算すると、銀行よりも有利な、実質8.9%になります。

プロミスの「30日間無利息サービス」を知らないばかりに、支払い金利に大きな差がついてしまう人がいますよ。銀行のローンカードがもっとも金利で優遇されているという常識にとらわれているとベストな選択はできません。同じ借りるなら賢く、経済合理的にローンを選択をしましょう。

プロミスの7つのメリットをチェック!
  • はじめての方なら支払い利息が30日間タダ! 10万円借りて3ヶ月で返済した場合の実質金利は8.9%です! ※30日間無利息サービスの利用には、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • 来店不要、しかもインターネットで365日24時間いつでも申し込めます。
  • 審査結果は最短30分でご案内します。お申し込みに手間がかかりません。
  • 審査から融資までのスピードが早く、最短1時間でご利用可能です。その後も必要なときに必要なだけ限度枠内でキャッシング可能。
    ※即日融資を希望される方は平日14時までにWeb契約を完了させる必要があります。ぜひ余裕をもってお申込みください。
  • 安定した収入があれば主婦の方でも申し込めます。もちろんパートアルバイト派遣社員、自営業でもOK。
  • 50万円まで所得証明不要です。
  • プロミスの無利息サービスは、実際のお借入れから開始されるサービスなので、あなたのご都合に合わせることが可能です。 *1

スマホで新生銀行カードローンレイクのサイトを見る女性

※1 通常無利息サービスはご契約日から数えて30日間(契約と同時にお借入れがなくても開始されるサービス)となりますが、プロミスならご契約後、実際に借り入れした日から数えますから、都合に合わせたお借入れが可能となっています。なお、「プロミス」30日間無利息サービスの利用には、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミスはお申し込み当日に契約完了して、即日振り込みも可能。また、手続きのWEB完結にも対応しています(この場合、来店する手間はありません)。

はじめてご利用になる方は30日間の無利息が選べますので、その他の銀行カードローンの低金利を圧倒する、実質8.9%の超低金利が可能です。 ※30日間無利息サービスの利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

\実質8.9%の超低金利で利用可能!/
いますぐプロミスに申し込みます!



プロミスは分割返済も可能です。10万円借りた場合、月々のお支払いは4,000円からでもOK。返済負担を軽くできますよ。

30日間無利息サービスは他社でも取り扱っていますが、その多くはご契約日から数えて30日間です。プロミスなら実際の利用開始から数えて30日間無利息だから、あなたの都合に合わせることができます。

※30日間無利息サービスの利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

迷ったら、はじめてのキャッシングは大手ブランドで選ぶ

はじめてのキャッシングは大手系のブランドで選ぶべきです。ブランドってつまり安心感とイコールで、初めてのキャッシングの不安を解消してくれるからなのです。

Grass

重要なので何度も言います。キャッシングの不安を取り除くにはブランドで選ぶことです。「何をバカなこと」と思うかもしれませんが、キャッシングではこれはあながち間違った姿勢ではないんです。お金が商品である以上、どこを利用しても商品(現金)自体に差はありませんから、金融商品っていうのはこういう目に見えない付加価値が大変重要になってくるのです。

地域密着型の中小サラ金はいくらでもありますが、実態がわからなくて不安ですよね。初めてならなおさら、知名度のある大手ブランド系消費者金融でのキャッシングが大前提。

銀行で取り扱っている通常のローンは最も安心感がありますが、審査回答までにかかる時間が長すぎます。店頭での契約が必要な場合もありますし、そういった手続きは思いのほか面倒です。それに銀行ローンの審査がもっとも厳しいのは、あなたもよくご存知でしょう。

余裕のあるキャッシングのためには、車検の法定費用を安く抑える努力も必要です

キャッシングに必要なのは余裕です。余裕を持つには、借入金額を低く抑える努力は欠かせませんよね。車検費用を低く抑えるには、車検費用の中身についてある程度知っておくべきですから、ここで最低限必要な車検の法定費用に関する基礎知識を確認しておきましょう。

車検の法定費用の内訳

簡単に言うと、車検費用の内訳は車検基本料法定費用です。車検基本料は業者によって価格差がありますが(業者の儲け分)、法定費用の額はどこでも同じです。

車検の基本料とは

車検基本料とは、

  • 24ヶ月点検整備代
  • 車検代行手数料
  • 検査機器使用料
  • 更新手続代行料
  • 登録手数料

などを指します。ところがこれがすべてではありません。というのも各社によってその名称が異なりますし、車検基本料にすべて含んで表記する場合もあるからです。大変わかりにくいですが、シンプルに考えましょう。車検費用を安く抑えるためのルールは単純です。

法定費用以外の料金が安い業者を選ぶ。

以上です。

目的は、車検をとりあえず通しておいて、車に乗れる状態を維持することだけなので、無駄な諸費用のない業者を選ぶことです。要は安さで選ぶべきなんですね。実際の修理は後日、あらためて信頼のおける修理工場で行うことにします。

車検基本料を安く抑えるには、基本の法定費用の内訳を知る必要があるので、ここで簡単に説明しておきます。

車検の法定費用とは

法定費用とは、

  • 自賠責保険料
  • 重量税
  • 印紙代

のことで、どこで検査を受けても同額です。法定費用のことを諸費用と呼ぶ業者もあるようです。

車種軽自動車普通車(3、5、7ナンバー)
車両の重さ-500~2,500kg
1、自賠責保険料(24ヶ月)26,370円27,840円
2、重量税6,600円16,400~41,000円
-エコカー5,000円10,000~25,000円
-13年経過車7,600円20,000~50,000円
3、印紙代1,400円1,700円
(3ナンバーは1,800円)
■法定費用の合計34,370円45,940~70,540円
-エコカー32,770円39,540~54,540円
-13年経過車35,370円49,540~79,540円
[平成26年4月の税改正に対応]

この表からわかるように法定費用の合計は4万~(高くても)7万の範囲なので、車検代行と24ヶ月点検の費用を足しても(部品交換代や修理代は別)確実に10万円でお釣りがきます。たしかにユーザー車検ならこれ以上の費用はかかりませんが、車に詳しくない方には敷居が高いのでお近くの車検サービスを受けられる業者に持ち込むのが現実的ではないでしょうか。具体的には法定費用にプラスして2万円をみておけば十分です。

車検サービスが受けられるお店を、大まかに分けると以下のようになります。

  • メーカー系列のディーラー
  • 車検専門店
  • 中古車販売店
  • オートバックスやイエローハットなどのカー用品店
  • ユーザー車検代行業者

上記で車検費用が一番安く済むのは当然ユーザー車検代行業者になります。ユーザー車検は、陸運支局に自分で車を持ち込んで検査を受けることになりますが、このうちの検査ラインに通すところだけを業者に頼むやり方です。ユーザー車検代行業者は24ヶ月点検整備を行えませんから、ご自身で、もしくは整備工場で最低限の検査ラインをクリアするだけのメンテナンスを行う必要があります。

ガソリンスタンドなどが兼業で行う車検は「認証工場」が多く、技術にばらつきがあるようです。検査ラインを自社に持たないので整備後の車を陸運支局に持ち込む必要があり、そのため陸運支局が休みの土日祝日をまたぐと車検にかかる時間は長くなってしまいます。車検費用は中間くらいでしょうか。

車検 指定工場の整備士

その点、ディーラーや車検専門店などの「指定工場」なら自社に検査ラインを持つので曜日にかかわらず車検を通すことができ、車検が早く終わります。ついでながら言うと、これらの民間の整備工場が「指定工場」の認定をもらうためには国の定める高い基準をクリアする必要があるので国家整備士を揃えたり、専用の高額機材に投資したりしています。

ですから技術面ではこちらのほうが安心感があると言えます。車検にかかる費用は高くなりがちです。

一概にどこが良いとは言えませんが、最低限のキャッシングで車検を維持することが目的なら「認証工場」以上を選び、車検代行と24ヶ月点検だけ行うのが、多くの方にとって現実的な選択肢になりそうです。この場合、車検費用のためのキャッシング額は部品交換・修理費別で法定費用+2万円をみておくと安心です。

最後に記事の内容についておさらいしましょう。余裕をもって返済していきたい方には低金利銀行カードローンをおすすめします。1~3ヶ月程度の分割払いをご予定ならプロミスの30日間無利息がベストです。1ヶ月で完済した場合、かかる利息は0円ですし、3ヶ月で分割返済する場合でも金利は実質8.9%と通常の半分になります。
※30日間無利息サービスの利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

\ご利用開始から30日間無利息!/
いますぐプロミスに申し込みます!



利息で損しないためには、ご予定の返済期間を考慮してもっともお得なカードローンを選ぶことが大切です。返済期間が長くなる予定なら低金利の銀行カードローンです。短期のご利用で都合に合わせた返済をしたいならプロミスでしょうか。プロミスは、はじめての方なら金利面で銀行カードローンを超えるきわめて低い金利を実現できます。