失敗したくない人のためのキャッシング"超"入門

カードローンは難解。だったらカードローンの知識を徹底的にわかりやすく! というサイトです。

プロミスの金利と最高限度額を他社と比較してみました

392 views
約 9 分

プロミス 貸付条件表

プロミスの金利は年4.5~17.8%で借入限度額は500万円です。この内容を大手消費者金融という括(くく)りのなかで比較してみました。
[pc]

大手消費者金融各社の金利/利用限度額

カードローン プロミス SMBCモビット アコム アイフル
実質年率 4.5~17.8% 3.0~18.0% 3.0~18.0% 4.5~18.0%
最大限度額 最大500万円 最大800万円 最大800万円 最大500万円
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

[/pc]
[mobile]

大手消費者金融各社の金利/利用限度額

商品名 プロミス SMBCモビット アコム アイフル
年率 4.5~17.8% 3.0~18.0% 3.0~18.0% 4.5~18.0%
限度額 最大500万円 最大800万円 最大800万円 最大500万円

※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。
[/mobile]

年率0.2%と微々たる差ですが、上限金利で選ぶならプロミス一択。見た目の下限金利で選ぶならモビットかアコムになります。限度額は多いほうがよいでしょう。やはり最大800万円まで借りられるモビットかアコムという選択になります。

消費者金融カードローンはモビットかアコムで決まりということになりそうですね。

しかし話はそう単純ではないので、結論はもう少々お待ちください。

スポンサーリンク

カードローンは金利で選ばない

限度額が10~50万の会員は”上限金利から動かせない”という規定のある会社は多いそうで、これをわかりやすい日本語で言い換えると、「利用限度額50万以下の会員は、一律上限金利で融資している」ということになります。

プロミスもご多分に漏れずこういった内規があるものと思われます。

新規契約の場合は大半の方が10~50万の融資限度額でスタートですから、極論をいえば下限金利は無視して(最初からこの金利を設定されることはまずない)上限金利だけ見ておけばよいということになります。

通常、ご新規の場合は限度額10~50万からスタートします。この限度額の範囲であれば金利は上限金利での融資となると覚えておきましょう。

あらためて上限金利をみてみましょう。

プロミスは競合他社18.0%より0.02%低い17.8%という利率です。金利で選ぶならプロミスということになるでしょうか。

しかし、たとえば50万円を1年後に完済するケースでは年率18.0%/年率17.8%それぞれの総支払い利息の差は571円とそこまで変わりません。

消費者金融カードローンを金利で選ぶのは間違いといえそうです。

はじめての人でも金利は下げられるか

「利用限度額50万以下の会員に一律上限金利で融資しているなら、限度額50万超で申し込めば利率はもっと下がるのでは?」

はい、理屈ではその通りです。たしかにプロミスでは100万以上の限度額であれば、確実に年率15.0%以下の金利が適用されます。

しかし現実には、消費者金融カードローンで初回から新規50万以上の枠を設定されるケースはほとんどありません。(きわめてレアなケースだと思います)

なぜでしょう?

過去にデータのない「無色」の与信が難しい

与信審査の可否判定(「黒」か「白」か)は基本、申込者が提出した個人情報や個人信用情報センターの照会データをもとにシステマチックに処理されるため比較的容易です。たとえば過去に利用実績があり、なおかつ延滞がなければ「白」、他社件数◯件以上あるいは未払いありだと「黒」といった具合です。

難しいのは過去にデータのない「無色」の与信です。

消費者信用の与信判断基準では、提出された個人情報をもとに返済の意思の強弱、責任感、勤務先の安定度、個人の安定度、自己管理ができるかどうかといったで黒白(良し悪し)をみていきますが、キャッシングがはじめての方(無色)は過去の利用実績がないぶん不確定な要素が多いです。

しかし最終的には、在確(職場への在籍確認)がとれれば”貸す”しかありません。そのため申込者の年収が高いケースでもリスクを抑えるために”最初は限度額50万スタートで様子見”となってしまうのです。

プロミスに限らず、他の消費者金融でも初回新規で50万超の与信がなされることはまずありません。ちなみに限度額100万を超えるのは目安として半年以上の利用実績を積み重ねてからになります。

限度額800万も必要か?

カードローン商品の仕様のひとつである「最高限度額」は多いほどよさそうに思えますが、大半の方には限度額300万程度あれば問題ありません。(プロミスの最高限度額500万という仕様は必要にして十分です)

というのはキャッシングは融資ですから、銀行以外の消費者金融といったノンバンクには改正貸金業法の「総量規制」が適用されるからです。

総量規制とは

改正貸金業法には「総量規制」という規定があります。これにより貸金業者(ノンバンク)は顧客に「年収の3分の1を超える貸し出しをしてはいけない」ということが決められています。

たとえば年収300万の方なら借入限度額は限度額30万までと制限されるということです。他社のローン残高も合算されますので、現時点で借金の多い人はそれだけ新たに借りられる額は少なくなります。

話を戻しましょう。

国税庁の統計データ「平成26年分民間給与実態統計調査結果について」によると、年収2,400万以上に該当する方は全体の給与所得者のうち0.7%。これはつまり最高限度額800万円を借りられる可能性のある人は日本全国でたったの0.7%しかいないということになります。

もしあなたがこの0.7%に該当するなら(年収が2,400万以上なら)モビットやアコムの最高限度額800万円という仕様は現実的で、選択の要素として価値がありますね。

同データから平均給与も引用します。

年間の平均給与は415万円であり、前年に比べて0.3%増加した。これを男女別みると、男性514万円、女性272万円で、前年に比べて、男性は0.6%の増加、女性は0.3%の増加となった。また、正規・非正規についてみると、正規478万円、非正規170万円で、前年に比べ、正規は1.0%の増加、非正規は1.1%の増加となった(第5表)。

平均年収は415万円で男女別でみると男性514万円、女性272万円。正規/非正規で分けて見ていくと、それぞれ478万円/170万円です。

ざっくり説明すると、平均年収の上は約500万で下は約170万となり、これを総量規制(年収の3分の1まで借りられる)にあてはめて実際に借りられる額を算出すると、167~57万円という数字がでます。これが限度額のボリュームゾーンということになります。

限度額500万円以上必要になる方はごく限られた一部の方ですし、そもそもそれだけ借りてしまうと支払いの負担も相当大きいですから別の借り先を検討したほうがよいですね。

プロミスの限度額を50万から100万に増額する

プロミスの初回貸付額は年収の10%目安、あるいは50万円(初回新規で10万~50万)ですが、今後、利用可能額を増額することは可能です。契約直後の増枠はできませんので、契約から半年経過を目安に増額を申請してみるとよいでしょう。

限度額増額の申し込みは会員ページから、またはコールセンターに直接電話して行います。その時点で途上与信にかけられ、契約後の利用状況がよく、延滞(支払いの遅れ)もなければスムーズに限度額が増えます。

私の場合は、電話で勧められたのを機に限度額100万まで増えましたね。契約から半年以上は経っていました。

さて増額をスムーズに行うためのアドバイスは2点です。

  1. カードローンはしっかり利用
  2. 返済期日を守って延滞しないこと

カードローン会社は契約して終わりというわけではなく、契約後も会員の振る舞いや状況、自社への収益寄与度合いをモニタリングしています。

当然、カードを発行したにもかかわらずほとんど利用のない会員(自社への収益に貢献しない会員)の限度額を増やすということはしませんし、返済期日に遅れるいい加減な会員もリスクがあるので同様です。

契約直後に増枠申請しても利用実績がないので断られてしまいます。契約後、半年経過を目安に増額申請するとよいでしょう。

[cc id=11747 title=”プロミス広告カード型”]

スポンサーリンク

\ 今月売れてる! 注目のカードローン /

NEW!
インターネットで24時間受付! 50万円までのご融資なら来店不要です。更にスピーディーにご利用可能額がわかるから初めてでも安心です。実質年率4.5~17.8%! WEBなら最短1時間融資も可能! *平日14時までに契約完了の方
はじめての方に! アコムは30日間無利息サービス実施中♪ ≪実質年率3.0%~18.0%≫ ご融資額1万円~800万円! 来店不要でネットでお申し込みOK! WEBなら最短即日融資も可能です。