年収300万円前後で30万円のキャッシングを検討している方。借りる理由は人それぞれですから、ここでは問いません。現実にどうやっていますぐ借りるか、のみに焦点を絞って説明します。

まず、用途が決まっているのならそれに合わせたローンを組むのが一般的です。

旅行に出かける女性

これは銀行の多目的ローンと呼ばれているものですが、残念ながら審査に時間がかかります。使える用途は結婚資金・保険適用外の医療費・旅行資金・教育資金などで、通常支払先へ資金を一括で振り込むことが利用条件になっています。

当然のことながら急な出費に用立てて残りは生活費の補填に…などといった柔軟な使い方はできません。

今すぐ用途を制限されない資金をどこから借りるか

いますぐ使いみち自由なお金を借りるには、銀行や大手消費者金融のカードローンが最適です。

なかでも大手消費者金融のカードローンは、

  • 審査の結果を待ちたくない
  • 面倒な手続きは少ないほうがいい
  • とにかく今すぐ、できれば申し込んだその日にお金が必要

といったスピード重視の方に選ばれています。銀行のカードローン審査に不安な方でも安心して申し込めます。

他には中小規模の貸金業者、これを言い換えると街金ということになりますが、こういったところから借りるという選択肢もあります。大手と比較してサービスの内容に雲泥の差があります。そして何より実態がわかりません。

そもそもの利用されている方が少ないから情報も集まりにくいのです。

なかには、初回の契約で強制執行認諾付公正証書を組ませる悪質な業者もいますから、知識のない状態で利用するのだけは避けたほうがよいと思います。

関連リンク即日キャッシングのカードローン、その取り立ての実態は意外と知られていない

大手で断られるような、複雑な事情を抱えている人でもない限り、まず検討すべきはプロミスやアコム、アイフルなどの大手ブランド系の消費者金融です。

もちろん銀行カードローンという選択肢もあります

すべての方が消費者金融のキャッシングを利用する必要はないので読み進めるまえに、まずは以下の項目をチェックしてみてください。

  • 属性が有利
  • 審査から融資までの早さに特にこだわらない
  • 銀行という響きに安心感を感じる

※属性とは、年齢や学歴、持ち家か賃貸か、家族構成はどうか、他社からの借入がないか、安定した職業か、勤続年数その他の、要は個人情報のことです。

これらの項目に当てはまる方は銀行カードローンを検討してみてください。審査は厳しくなりますが、消費者金融のカードローン金利が18.0%近いことを考えると、銀行カードローンの低い金利はたしかに魅力的です。

こちらの記事「キャッシングで迷っている方は、こちらをお読みください」に銀行カードローンを掲載しています。 ※「イオン銀行カードローンBIG」は銀行カードローンのなかでもきわめて低利なので、特におすすめします。

銀行のカードローンというだけで響きに安心感があるためか、当サイトでも根強い人気があります。実際には大手ブランドの消費者金融はそのほとんどがメガバンク傘下なので信頼という点で、じつは銀行とさほど違いはありません。

金利が安いことにこしたことはありませんが、残念ながら誰もが低金利の銀行ローンを利用できるわけではないのですから、ご自身の信用度を客観視して現実的に利用できる借入先を選ぶのがキャッシングで失敗しないためのポイントです。

年収300万円だけど、実際に30万円借りられる?

まず大前提として、年収300万円の方が消費者金融から借りることのできる最高額は他社の借入などもすべて合算して100万円まで。これは総量規制(個人の借入総額は原則、年収等の1/3までに制限される仕組み)という法律で決められているため例外はありません。

たとえば、公式ホームページなどで最大限度額500万円! などと書かれていますよね。

この金額を借りられる人というのは最低でも1,500万円以上の年収がある人なのです。高い年収のある方が、何年も返済の実績を積み、利用限度枠の増枠申請を経てようやくこの最大限度額500万円を借りることができます。

ついでながら言うと銀行カードローンは総量規制の対象外で年収の1/3以上借りることができると言われていますが、銀行のローン保証業務を消費者金融が担っている以上、銀行カードローンのほうが実際の借入可能額は低くなる可能性が高いというのが実態です。

話はそう単純じゃない

「えっ、年収の1/3まで借りられるのなら十分じゃない?」と思った方、ちょっと待ってくださいね。話はそう単純ではありませんよ。

年収300万円前後の方がプロミスやアコム、アイフルなどのカードローンで今すぐ30万円を借りようとすると高い確率で失敗します。

キャッシングの経験がある方なら察しがつくと思います。つまりこれは審査に通らないという意味ではなく、審査には通るものの借入可能額が希望の金額に達しないケースが多々あるということなのです。

30万円の借入希望額に対して、初回の借入限度枠は10万~よくて20万。それ以上は、帝国データバンクに登録されているような名の通った企業に勤める年収の多い会社員や、公務員でないと厳しいと考えてください。

それなら、より規模の小さい小回りのきく中小の貸金業者から借りるという選択肢がありそうですが、こちらは大手で断られるような不安定な条件の方、つまり言い換えるとリスクの高い顧客向けの金融商品を扱うところですから、やはりリスクに見合った金額しか借りることはできません。

大手消費者金融で希望額を借りられないのに、場所を変えたところで希望額を借りることはまず無理なのです。

これ以上は話が難しくなりすぎるのでここでは、

  • どう頑張っても年収の1/3までしか借りることはできない
  • 実際に借りられる額は思ったよりも少ない

この2点だけ押さえておきましょう。

ショッキングな事実に悩むビジネスウーマン

大手消費者金融や銀行のカードローンで年収300万円の人が30万円借りる正攻法は、借入と返済をバランスよく堅実に行い、返済履歴が積み上がったあたり(利用開始から6ヶ月を目安)でキャッシング枠の増額申請を行う、ということになります。

でもこれでは急ぎの資金に間に合わないので困ります。

消費者金融1社から借りることのできる年収別の平均額

結論から言うと年収300万円の方がいますぐ現金30万円を借りるのはなかなか困難です。しかしながら打つ手がまったくない、というわけでもありません。現実的な解決方法は、1社あたりの借入希望額を落として2社合算で希望額を満たす、ということになります。

問題になるのは、いったいどこまで希望額を落とせばよいのか? ということですね。

参考として2014年12月アコムの年収別初回貸付単価のデータを紹介します。これは2015年5月時点で最新のデータとなります。

顧客年収別件数構成比 [消費者向け無担保ローン] (アコム)|2015年3月期第3四半期データ
年収ランク初回貸付単価
200万以下11万5千円
200~500万14万5千円
500~700万18万5千円
700~1,000万21万2千円
1,000万超24万8千円

年収300万円クラスの初回貸付単価は145,000円となっています。全体の平均は142,000円です。このあたりが現実的に初回で借入可能な金額となります。ということは、15万程度の希望額なら満額可決する可能性が高いということがわかります。

20代で年収300万円の人が急ぎの資金30万円を今すぐ借りる方法

まとめると、20代で年収300万円の人が今すぐ30万円キャッシングするには、

  • 1社あたり申し込み時の借入希望額を200,000円以下で申請
  • 2社のカードローン利用限度額を合算して希望額を満たす

以上になりますが、あくまでこれはイレギュラーな方法だということをお伝えしておきます。通常は本命の1社のみ申し込んで2社目は6ヶ月以降に申し込むのが無難です。というのも、JICC、CIC、全国銀行個人信用情報センターといった個人信用情報機関では申込者本人の申し込み情報を6ヶ月間登録するからですね。

3社ともなると高い確率で申し込みブラックになりますよ。「あ、この人は資金繰りがかなり苦しくて金策に走っているからに違いない、貸しても返ってこない可能性が高いのでは?」と判断されるのです。

  • 同時に申し込むなら2社まで。
  • それぞれの借入希望額はできるだけ低く抑える。

この2点が”申し込みブラック”を回避するための条件です。その他は審査通過率の比較的高い「アコム」を組み入れること、くらいでしょうか。経験則で言うと、アコムとレイク。あと持ち家があるとまったく問題なくいける印象です。以上参考になれば幸いです。

大ヒットドラマ「半沢直樹」で有名なセリフがあります。

「銀行マンは晴れの日に傘を差し出し、雨の日に傘を取り上げる」

往々にして雨の日の、コンビニの傘は売り切れているものです。雨の日に傘を借りにいっても誰も相手にしてくれません。傘は晴れの日に用意しておくべきなのです。

参考リンク|即日キャッシングの不安や悩みに終止符を打つ方法

※この方法は、返済スケジュールをしっかりと立てて守ることができる方のみ検討してください。行き当たりばったりで借入れと返済を繰り返す、自己管理の苦手な方にはおすすめしません。

まずはお試し診断

借りられるか心配という方は、公式ホームページでお試し診断を事前に受けておくと安心です。審査は最短30分なので気軽に使えます。

プロミス 簡易審査

引用プロミスお申し込みページ

画像はプロミスの3項目3秒お試し診断の画面です。少ない項目に簡単な情報を入力するだけで所要時間も1分かかりません。これだけで、あなたが借りられるかどうかの結果がすぐにわかります。

プロミス「お試し診断」の入力情報は引き続き入力する本審査に引き継がれるので、同じ情報を再度入力するといった手間も省けます。

本審査に移るまえに、申し込みに必要な書類

運転免許証みほん

申し込みに必要な書類は50万円以下の場合、免許証のみとなります。

お手元に免許証をご用意ください。

  • 免許証

※収入証明書は50万以下の借入希望の場合、基本必要ありません。

免許証の記載住所が現住所と違う方のみ

免許証に記載された住所と現住所に相違がある場合は、以下のものを一つご用意ください。直近6ヶ月以内に発行されたものに限ります。なお携帯電話の領収書では代用できないので注意が必要です。

  • 国税、地方税の「領収書」
  • 納税証明書
  • 社会保険料の領収書または請求書
  • 公共料金の領収書または請求書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
免許証をお持ちでない方

パスポート

免許証をお持ちでない方はパスポートでの代用も可能です。

健康保険証みほん

参考までに、平成28年10月1日より「犯罪収益移転防止法」が改正され、健康保険証等の顔写真がない本人確認書類はインターネットからのお申込で使用できなくなりました。

本審査を受ける(プロミスの場合)

プロミス 本審査

引用プロミスお申し込みページ

本審査には、氏名・年齢・家族構成や住所、住居形態に勤務先などの個人情報を入力します。最短で30分後には指定の連絡先(メールもしくは電話)に審査結果を連絡してもらえるはずです。

たったこれだけの時間で審査回答できるってスゴいですよね。待つのが苦手で結果が早く知りたい人には嬉しいはずです。

これだけのスピード審査は銀行ローンではありえないです。これが即日審査というもので大手消費者金融を選ぶメリットのひとつです。

そのままWeb契約を続ける場合は、必要書類(免許証)を画像化のうえ、PC・スマホ、ケータイから送信します。手振れや光の反射で読み取れないトラブルが多いので、両手で撮影、フラッシュは焚かない、以上の2点に注意してください。免許証は表面・裏面の両方必要です。

※データ送信で必要書類の提出を済ませる方法がもっとも楽ですが、他にはFAX、郵送、来店して提出する方法もあります。

ちなみに大手カードローン会社のすべてで即日審査が可能です。平日の14:00までに申し込みから本審査まで完了すれば、遅くとも夕方までにはすべて終わっているはずです。

即日キャッシングをご希望の方は平日14:00までに本審査を通過しておく必要があります。余裕を持って申し込んでください。

キャッシングする女性

※とにかく時間を短縮したい方は「プロミス」がおすすめ。早ければ申し込みから最短1時間で融資が可能です。

本審査通過後の流れ

ここからの選択肢は大きく分けて3通りになります。

  1. Web契約
  2. 来店契約
  3. 郵送契約

1、Web契約の場合

免許証を事前に画像化して送信しているので以降の書類提出はありません。契約はインターネット上で完結します。契約書類・カードは、後日自宅に届きます。もちろん当日すぐにお振り込みも可能です。

2、来店契約の場合

来店契約はお近くの自動契約機お客様サービスプラザ(店頭窓口)へ出向いて必要書類を提出します。契約書をその場で作成して、カードを発行してもらえます。カード発行後はすぐにキャッシングが可能です。

3、郵送契約

カードと契約書が自宅に届きます。契約書の必要箇所に記入後、必要書類のコピーとあわせて返送してください。郵送物が相手先に届き次第、キャッシングが利用できます。

カードローンの初回貸付額は平均して142,000円ですが、もちろんこれは個人の属性に左右されます。ですからいくら借りられるかは、実際に申し込んでみないことにはわかりません。まずは申し込んでみることです。カードローンのお申し込みページにある”お試し診断”は最短30分の審査です。気軽に利用できる点でお勧めしています。