あなたは、即日キャッシングで最も重要なことは何だと思いますか?

即日キャッシングを利用したことのある方なら察しが付くと思いますが、これは”スピード融資ができるから“で間違いありません。

スクーターに乗る女性

たとえばコンビニの缶コーヒー1本の値段は123円ですが近所のスーパーでは、はるかに安い値段で売られていることを誰もが知っています。実際に私の近所のスーパーでは同じメーカーのまったく同じ商品が90円を切る値段で売られていたりします。

だからといって、コンビニの缶コーヒーが売れなくなることは、この先もなさそうですよね。理由は簡単。なぜならコンビニで買ったほうがずっと早く手に入るから。

即日キャッシングを金利で比較して選ぶという間違い

123円の商品を90円で購入できた場合の差額は33円で、割引率でいうと26.8%OFFになります。割引率だけみると大変魅力的な取引のように思えますが、手元の財布に残る現実の金額を目の当たりにすると、その魅了はずいぶんと薄れてしまいます。

なぜこういうことが起きるかというと理由は単純です。それは”規模のメリットがまったくないから“なのです。

財布のなかのたった33円。これがスーパーでわざわざ缶コーヒーを1本だけ買うことで得られる対価です。対してコンビニで売られている定価の缶コーヒーを買う場合のメリットは”手間がかからず、今すぐ手に入ること“になります。

多少高くても目の前のコンビニで購入するか、それともスーパーの割引された商品を買うのか、人は無意識のうちに得られるメリット・デメリットを天秤(てんびん)にかけて判断しています。

通常、缶コーヒーはどこで買っても品質は変わりません。今すぐ缶コーヒーを飲みたいなら、目の前のコンビニで買ったほうが手間もかからず、時間も節約できる。たかだか缶コーヒー1本のために我慢してスーパーまで買いに行き、結果数十円節約できたとしても割に合わないと感じてしまうのはこのためです。

これって即日キャッシングにも当てはまるんじゃない? そうなんです。これに気づいたあなたは賢い人だと思います。

キャッシングの商品は”お金”ですから、運が悪ければキャッシュディスペンサーから傷んだお札が出てくるくらいで缶コーヒー同様、その品質は変わりませんよね。缶コーヒーをどこで買うか? という問題を考えるのとなんら変わりがないのです。

即日キャッシングを選ぶときに最も気を付けるべきポイントは、ズバリ言うと”審査から融資までのスピードに強み”のある業者を選ぶことです。

迷っているならこのプランで決断されたほうがいいです。即日キャッシングの迷いや不安から解放されます

ここでの結論はシンプルです。今すぐお金を借りるなら、金利で比較して選ぶよりも審査から融資までのスピードで選びましょう。選ぶなら大手ブランド(たとえばプロミスやアコムなど)の即日キャッシングを利用するべきです。

理由はもうお分かりですよね。品質は安定していて、しかも手間がかからず、今すぐ手に入るからなんです。

ただしこの商品(即日キャッシング)は、まとまった金額を長期で借りるには不向き。なぜなら、借り入れ額が大きくなるにつれて途端に割引率がモノを言うようになるからです。

まとめると、

  • 少額を今すぐ借りたいなら、即日キャッシングを利用するほうが断然満足度が高くなる。
  • まとまった金額のローン(50万円以上)は、時間と手間がかかっても銀行などの比較的低利のローンを利用すべき。

となります。

パソコンを使ってプロミスに申し込む女性

即日キャッシングの重要なポイントはスピードです。審査から融資までに圧倒的な強みのあるプロミスは、即日キャッシングを検討している方にピッタリです。プロミスなら実質年率17.8%で、10万円を借りた場合に月々4,000円からの分割払いが可能です。

もしこのプロミスの金利が高いとお考えでしたら、実際の銀行カードローンとの支払い金利差をお確かめください。意外な結果に驚くはずです。

カードローンの即日キャッシングは少額で利用するべきといいました。ところでいったいいくらくらいまでを”少額”とするのか? このままでは定義が曖昧ですから、そこをある程度明確にすべく平均値に落とし込んでみることにします。

これには、即日キャッシングを利用する方が平均して初回いくらくらい借りているのか、その平均値がわかれば良いので、例としてアコムの2015年3月期の四半期データを引用して紹介します。

こちらをみてください。

初回貸付単価の平均(アコム)

アコム 初回貸付金額 推移

※画像クリックで拡大します

初回貸付単価の項目に注目します。即日キャッシングを利用する方は、平均して初回14~15万程度の融資を受けているようです。

この金額を基準に銀行とノンバンク(消費者金融)のキャッシングを比較してみます。

わかりやすく表にまとめたものが以下になります。

銀行カードローンとノンバンクのキャッシングの金利差は? 15万円キャッシングして、1ヶ月後の支払い利息にどれくらい差がでるのか比較してみました

金融機関実質年率1ヶ月後の利息支払い額の差
イオン銀行カードローンBIG3.8~13.8%1,701円-
プロミス4.5~17.8%2,194円493円
アコム3.0~18.0%2,219円518円
モビット3.0~18.0%2,219円518円

15万円の融資を受けた場合、「アコム」の実質年率は18.0%ですから1ヶ月後に返済した場合の利息は2,219円となります。

業界大手の「プロミス」の場合、実質年率は17.8%です。1ヶ月後に返済した場合の利息の総額は2,194円です。

銀行のカードローンと比較しましょう。低利で有名な「イオン銀行カードローンBIG」は実質年率3.8%~13.8%です。15万程度の融資に適用される金利は13.8%になります。「イオン銀行カードローンBIG」で借りて1ヶ月後に返済すれば利息の総額は1,701円です。

プロミス、アコムなどの大手ブランド系消費者金融と銀行カードローンの支払い金利差は1ヶ月で500円前後になることがわかりました。なかにはこういった支払い金利の差を一切許容できない人もいるでしょう。

しかしながら「今すぐお金を借りたい」場合に大手消費者金融の即日キャッシングは、そのデメリットを補って余りある、もっとも使い勝手のよいサービスであることもまた事実なのです。

即日キャッシングするなら、安心の大手を選ぶべきです。なかでもSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは審査から融資までのスピードに強みがあるので即日キャッシングに最適です。

プロミスなら最短で1時間後には融資も可能。しかも安全で安心! いますぐ借りたい方に人気のカードローンです。

パソコンを使ってプロミスに申し込む女性

こちらもおすすめこちらのページで大手ブランドの即日キャッシングが比較できます

銀行ローンにこだわりすぎるのは時間がもったいないです

現実に世の中にはお金を借りても返せなくなるリスクの高い人と、堅実に返済していくことができる、いわゆるリスクの低い人がいます。銀行は金貸しを慈善事業でやっているわけではないから、統計データをもとにリスクに見合った貸出し金利を設定するはずです。

当然のことながらリスクが高いと判断されれば融資は断られてしまいます。そうなった場合のとれる選択肢は基本的に2つしかありません。

  1. 金利は多少高くとも、条件の緩い金融機関を当たる
  2. 条件を整えてから再度申し込みをする

こんなことは大人になれば誰だって思い知ることなのですが、なぜか「銀行以外では借りたくない」と一切の妥協を拒否する人が現れるのです。それも、ものすごくたくさん。

ここで言いたいのは、あなたは目の前の選択肢の中で折り合ってうまくやっていくしかないということなのです。完全無欠な金融商品を夢見ても仕方がないのだから、いまある現実的な選択肢の中からなるべく良いと思えるものを選ぶべきなのです。理想を追い求めて、結局何も手に入らなかったというのでは時間の損というものです。

銀行カードローンに落ちてしまうなら、多少金利は高くても、もっと条件の緩い金融機関を当たるか、条件を整えてから再申請すればいいだけなんですよ。

ローンやキャッシングで失敗する人の特徴は、必要になってからようやく行動するということです。しかしながら、銀行ローンの審査は時間がかかりますから、すぐに必要になってから申し込むのでは間に合いません。本来ローンは余裕のあるときに申し込むべきものなのです。これをわかりやすく言い換えると「必要のないときに借りる」ということになりますか。

それでも銀行のローンを選びたい人への処方箋

まずは大手消費者金融のローンカードをお手元に確保しておくと良いかもしれません。消費者金融のローンカードは使わずにとっておき、いざという時のセーフティーネットの役割を持たせておくことがポイントです。そのうえで、より上位のローン審査にチャレンジすることです。 ※備えがあるのとないのでは心の余裕が違ってきますから、この方法はおすすめです。

大ヒットドラマ「半沢直樹」で有名なセリフがあります。

「銀行マンは晴れの日に傘を差し出し、雨の日に傘を取り上げる」

往々にして雨の日の、コンビニの傘は売り切れているものです。雨の日に傘を借りにいっても誰も相手にしてくれません。傘は晴れの日に用意しておくべきなのです。

プロミスならお申し込みは簡単です。来店不要で審査に必要な書類も限度額50万円以内なら免許証だけ。すべてネット上で完結させることも可能です。これ、意外と知らない方が多いです。

即日キャッシング選びの悩みや不安を抱えている方へアドバイス

即日キャッシングのご案内にお付き合いいただき、ありがとうございました。これで最後の章になります。

ここまで読み進めたあなたは即日キャッシングをいまだ、どれにしようか迷っているのだと思います。ここに来る前にたくさんの情報を仕入れて、比較サイトやランキングサイトも見て、それでもまだ迷っている。そうして決断できずに、迷いに迷いながら今もここにいる。そうですよね?

人は弱い生き物です。もちろん、ご自身ですべて金融知識を勉強し、キャッシングについての情報を仕入れてベストな借り入れ先を判断できる人もいるでしょう。ですが大半の人は、辛いことや面倒なこと、興味のないことは、なかなか継続できるものではありません。

お金を借りる。ただこれだけの簡単なことですが、借りるにあたってたくさんの不安や悩みが出てくるものです。そのすべてを解消しようとするには膨大な知識の習得やそれにともなう自己学習が必要になります。

書店にはキャッシングなどの金融の知識について書かれた書籍はそれこそ山のように積まれてますが、日々の仕事で疲れ果てて帰宅したあとに、こうした苦行のような勉強がこなせるでしょうか? これらの膨大な参考書籍を読むことができるでしょうか? そしてそれが頭に入っていきますか?

書籍代もバカになりませんし、インターネットでの調べ物も思いのほか大変です。なによりあなたの自己学習に費やす時間だってタダではないのです。

しかも目的を果たした(無事キャッシングができた)あとは、これらの金融知識は不要のものとなってしまいますよね。

一度手に入れた知識はムダにはならない。そう思われるかもしれませんが、ここ最近の金融業界の変化はとても早く、ひと昔前の常識は通用しません。継続学習して同じようにキャッシングで迷っている人にアドバイスするという目的があるのでもない限り、別の有意義な時間の過ごし方があるはずです。

いかがでしょう。それでもご自身で判断できるくらいの金融知識を身に付けるために人生の貴重な時間を費やしますか?

できませんよね、少なくとも私には無理です。

情報過多で選べないというジレンマ

選択肢過多(Choice Overload)って言葉を知ってますか? いったんその言葉の意味は置いといて話を進めましょう。

ほんの1、2分で読み終えることができます。ついてきてください。

アメリカ、北カリフォルニアにドレーガーズ・マーケットというスーパーがあります。そこで、選択肢が購買行動に与える影響を調べるために、スタンフォード大学のマーク・レッパー(Mark Lepper)とコロンビア大学のシーナ・アイエンガー(Sheena Iyengar)が行なった有名なマーケティングの実験があります。

具体的にはこの店にジャムの試食コーナーを作り、週替りで6種類のジャムと24種類のジャムを交互に販売したのです。どちらが結果的に購買に結びついたのか興味がありませんか?

結果は、

  • 24種類のジャムを並べたときは買い物客の60%が試食し、3%の買い物客が購入に至った
  • 6種類のときには40%の買い物客が試食し、そのうち30%近くが購入に至った

つまり、選択肢の少ないほうが、購買行動に結びついた。なぜそんなことが起こるのか。

商品の種類が豊富なことは良いことだと思われます。選べる楽しみというのはたしかにあって、有名な小売店のドン・キホーテやCOSTCO(コストコ)を利用したことがある方なら、こういったワクワクする感情を経験したことがあるのではないでしょうか。

しかし、選択肢を増やし過ぎてしまうと、結果として顧客の心理的な負担となってしまうことが、このマーケティングの実験で明らかになったのです。要は、選択肢が多すぎると人は逆に選択できなくなってしまうというわけです。

記事を書くにあたって、まずそのことを前提に進めてきました。そこから、即日キャッシング選びの悩みや不安を絶つ方法も見えてきます。

部屋でスマートフォンを使い、即日キャッシングに申し込む女性

即日キャッシングの悩みや不安に終止符を打つ方法はシンプルです。私のおすすめするたったひとつの提案に耳を傾けてみてください。そしてそれに従って行動する、ただそれだけです。

即日キャッシングはプロミスがおすすめ。初心者の方に人気です

借りる方の事情や何を優先順位とするかによっていくらでもおすすめは変わってきますが、総合的な実力からみてベストな即日キャッシングはSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスになります。

プロミスなら、

  • 免許証PCもしくはケータイスマホがあれば、お申し込みから最短で1時間後には融資可能です。
  • もちろん来店など不要です。
  • 必要な書類は免許証だけ。 ※1
  • 書類の提出もインターネットなら簡単です。 撮影したデータをアップロードすればOK! 郵送ももちろん可能。
  • 24時間365日、いつでもお申し込み・融資・返済が可能です。
  • 各社コンビニATMも利用可能ですから、実際にお金を下ろすときにも困ることはありません。
  • 学生パートアルバイトでもまったく問題ありません。安心してお申し込みください。
  • 職場への電話確認は避けたい場合もありますよね。もし仮に在籍確認に対して、特にご要望がある方は申込完了後すぐにご相談ください。
  • 収入証明書所得証明書は他社の借り入れがない限り、基本50万円以内の借り入れでは不要です。
  • 10万円のお借入れで月々4,000円の分割払い。利息がかかるのは、ご利用日数分だけ!

※1 運転免許証をお持ちでない方は「パスポート」での代用も可能です。なお、平成28年10月1日より犯罪収益移転防止法が改正され、健康保険証等の顔写真がない本人確認書類はインターネットからのお申込で使用できなくなりました。その他、外国籍の方は「在留カード」または「特別永住者証明書(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む)」 を、個人事業主の方は確定申告書(写し)等をあわせてご用意ください。お借入総額によっては収入証明書類(源泉徴収票等)も必要になってきます。



いますぐお金を借りるなら、プロミスのカードローンは最適。ここで決断されたほうがいいです。実際にいくつか利用したなかでもプロミスは審査回答がとにかく早く、手続きもスムーズで楽でした。

\はじめての方に人気です!/
「プロミス」のお申込みはこちら

即日キャッシングを選ぶなら、大手系ブランドの消費者金融が安心です。なかでも「プロミス」は総合的にみてベストな選択です。審査や融資にかかる時間、手間を省きたい方に支持され、本サイトでも多くの方が「プロミス」に申し込んでいます。